マニキュアはクレンジングで溶ける?ネイルリムーバーの種類&ついでにメイク落としの種類も紹介♪ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

マニキュアをした手でクレンジングをした後、なんだかネイルの表面がベタベタとしていたことはありませんか?それは使ったクレンジング剤のせいかもしれません。どうやらメイク落としやクレンジングで「マニキュアが溶ける」という噂があるのです。今回はマニキュアが本当にクレンジングで溶けるのか、その真相をお伝えします。また、マニキュアを落とすときのマニキュアリムーバー(除光液)も、アセトン配合かノンアセトンかで使い心地の違いについてもご紹介します。そしてクレンジングといえば、メイク落としはどんなものを使っていますか?クレンジングにこだわりがあり、メーカーや商品まで決まっている人もいれば、特にこだわりなく、適当に選んでいるという人まで様々です。オイル、ジェル、クリームなど様々な種類があるメイク落としですが、今回はそれぞれどのような違いがあるのかもついでに合わせてご紹介します!

マニキュアはリムーバー以外でも溶ける?

メイクを落とした後、マニキュアリムーバーを使ったわけでもないのにネイルの表面がベタベタしたことはありませんか?ご存知の通り、基本的にマニキュアはリムーバー(除光液)で溶かして落とすものです。でもマニキュアを塗っている手でメイク落としをしていると、ネイルも一緒に溶けることが稀にあるのです。つまり洗顔後のネイルがベタベタする原因は、クレンジング剤でマニキュアが溶けている可能性が高いです。でも全てのクレンジング剤がマニキュアを溶かすわけではないので安心して下さい。クレンジング剤のほとんどはネイル落としには使えません。では何故、「マニキュアがクレンジングで溶ける」というような噂を耳にするのでしょうか。

ネイルの溶けやすい成分が潜んでいる?

明確に立証されてはいませんが、例えばオレンジの香りがするクレンジング剤。このような柑橘系の香りがするクレンジング剤でメイク落を落とした時に、マニキュアの表面がベタベタすると感じる人が多いです。また、エタノールが含まれているクレンジング剤を使った時も、ネイルの表面がベタベタしたりツヤが無くなったりすると感じる人も多いのです。この現象、実はあながち間違ってもいないのです。というのも、マニキュアを落とす必要があるのに除光液が手元にない時、アルコールや酸性のものを使って代用ができるのです。

・アルコール
アルコールは除光液の中にも含まれている成分です。近年では衛生面の観点から消毒用エタノールを持ち歩いている方も多いと思います。消毒用エタノールのような高濃度のアルコールで、マニキュアをオフすることができるのです。

・酸性のもの
酢やレモンなど、酸性のものは汚れを浮かし溶かす力があります。そのため掃除でもよく利用させます。また酸性は歯のエナメル質を溶かし(脱灰)虫歯の原因を作ることも。このような酸性のものがもつ作用を除光液の代わりに利用して、マニキュアをオフすることができます。

このように、オレンジの香りのするクレンジング剤やアルコールが含まれているメイク落としでネイルの表面が溶ける気がする、というのは気のせいではないかもしれません。

マニキュアのリムーバーにも違いがあります!

メイク落としに違いがあるように、マニキュアリムーバー(除光液)も大きく分けて2つ種類があります。アセトン配合のマニキュアリムーバーと、ノンアセトンリムーバーマニキュアリムーバーの2種類です。

落としにくいマニキュアなら、アセトン配合のマニキュアリムーバーで

マニキュアリムーバーには主にアセトンが配合されており、アセトンはマニキュアやジェルネイルを溶かす性質を持っています。アセトンが入っているおかげで、マニキュア液がしっかり溶けて、落としにくい濃いめカラーのマニキュアや、ラメマニキュアをしっかり落とすことができるのです。しかしアセトンは肌や爪の水分も奪ってしまいます。そのためアセトンの入ったマニキュアリムーバーを使う場合は1週間に1度など、利用頻度をなるべく減らしましょう。

マニキュア派はノンアセトンリムーバーがおすすめ

マニキュアを3~4日で頻繁に塗り直す場合は、なるべくノンアセトンリムーバーを使用しましょう。ノンアセトンリムーバーにはその名の通りアセトンが含まれておらず、酢酸エチルなど別の成分が入っています。落とす力はアセトン配合のマニキュアリムーバーよりも弱めですが、爪への負担が優しく作られているものばかりです。ただしマニキュアが落ちないからといって爪をごしごしと拭くのはやめましょう。ノンアセトンリムーバーも使いすぎてしまうと肌や爪にはよくないということは覚えておきましょう。







マニキュアの上手な落とし方

シアータイプや薄い色のマニキュアは、リムーバーを使えばスッと簡単に落とすことができます。しかしラメや濃い色のマニキュアは、拭いても拭いてもなかなか取れないことが多いです。ラメは爪にへばりついて取れないし、濃い色はリムーバーで拭っても溶けている様子が見られず表面を滑っているだけ…。きっとこんな感じではないでしょうか。実は、ラメや濃い色をスッキリとオフするには、ちょっとしたコツが必要なのです。リムーバーの種類がわかっても、しっかりとオフできなければ意味がありません。ここではプロのネイリストがやっている、マニキュアの上手な落とし方をご紹介します。

頑固なラメを落とすには?

①コットンにたっぷりとリムーバーを含ませる。
②ラメのついたネイルに①を乗せてリムーバーがジュワッと滲み出る程度に指で圧をかけ、しばらくそのままリムーバーとラメを馴染ませる。
③圧をかけたままコットンごとスライドさせ、ラメを取り除く。
④まだラメが残っているようなら、①~③を繰り返す。

頑固なラメネイルをオフする時のポイントは
・コットンに含ませるリムーバーの量をケチらない
・すぐにゴシゴシと擦らない
・時間を置きしっかりとリムーバーとラメを馴染ませる

濃い色をスッキリと落とすには?

①コットンにたっぷりとリムーバーを含ませる。
②ネイルに①を乗せてリムーバーがジュワッと滲み出る程度に指で圧をかけ、しばらくそのままリムーバーとマニキュアを染ませる。
③圧をかけながら「爪先に向かって」スッとコットンをスライドさせていく。
④新しくしたコットンを使い①~③を繰り返す。

濃い色のマニキュアは溶け出すとカラーが滲み広がっていき、指の皮膚、爪の間やサイドに入り込んでいきます。色素沈着したようになってしまいなかなか落ちません。
濃い色を落とす時のポイントは、
・コットンに含ませるリムーバーの量をケチらない
・時間を置きしっかりとリムーバーとラメを馴染ませる
・コットンは圧をかけながら「爪先に向かって」スライドさせる
・コットンはケチらないでどんどん新しくする

どんなマニキュアもオフする時は、除光液をコットンに含ませたらさっさと拭き取るのではなく、まずはネイルの上に乗せ、しばらく待ってから拭き取るようにしましょう!ほとんどのマニキュアが1度でスッキリと落とすことができますよ♪

メイク落とし、クレンジングの違いを紹介

一口にメイク落とし、クレンジングといっても様々な種類があり、使い心地や肌への負担が異なります。自分のメイクや肌質に合ったものを使用しましょう。

オイルクレンジング

オイルタイプのクレンジングは他のクレンジングよりも高い洗浄力が特徴です。濃いめのアイメイクや重ね付けしたファンデーション、ウォータープルーフのマスカラも非常に落としやすいです。ただし洗浄力が高いだけあって、成分も強力なものが多く配合されているので、肌にとって必要な皮脂などもまとめて落としてしまう可能性があります。乾燥肌や敏感肌な人はオイルクレンジングの使いすぎに要注意です。またマツエクをしている人がオイルクレンジングを使うとエクステごと落としてしまう可能性があるので、「マツエク対応」という記載のある商品を使うか、別の種類のクレンジングを使用しましょう。

ジェルクレンジング

すっきり、そしてさっぱりとした使い心地のものが多いのがジェルクレンジングです。洗浄力は今回紹介するクレンジングの中でも低めで、優しい使い心地になっているものが多いです。ジェルクレンジングには油分が含まれるもの、含まれないものがあるので、マツエクをしている人や乾燥肌の人、敏感肌の人は油分が含まれるものを選ばないようにしましょう。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは水分が多く含まれており、優しい洗浄力が特徴です。刺激に弱い敏感肌の人や、洗顔するとすぐに乾燥してしまう乾燥肌の人でも安心して使用できます。ただしウォータープルーフの化粧品や重ね付けしたメイクはミルククレンジングでは落としにくいことがあります。ナチュラルメイク派の方に向いているメイク落としです。

クリーム、バームクレンジング

クリームタイプやバームタイプといったクレンジングは肌への負担が優しく、保湿成分が贅沢に入っているものが多いです。肌が荒れやすい人や、敏感肌の人でも安心して使えます。価格は他のクレンジングよりも少し高価なものが多いです。

ウォータークレンジング

コットンにウォータークレンジングの液を含ませて、拭き取ってメイクを落とします。メイクを落とした後に洗い流したり、W洗顔をしなくてもよい物が多いです。手軽に落としてクレンジングを時短したい人におすすめです。

シートクレンジング

ウォータークレンジングのように拭き取ってメイクを落とすクレンジングです。使った後に洗い流したりする必要もなく、拭き取るだけでメイクが落とせるので、すぐにでもメイクを落としたい!という時にぴったりです。

ポイントクレンジング

マスカラやアイシャドウなどのアイメイク、リップティントなどのリップメイクを落とす、ポイントメイク専用のクレンジングです。ウォータークレンジングのように液をコットンに含ませてメイクを落とすものが多いです。

その他にも洗顔料とクレンジングが一緒になっているタイプもあります。







脂性肌の人におすすめなメイク落としは?

テカリが気になる、顔の皮脂分泌量が多いという脂性肌さんにおすすめなメイク落としは、オイルクレンジングや油分の含まれるジェルクレンジングです。油分が含まれているメイク落としは洗浄力が強く、毛穴の黒ずみなどもきれいになります。お肌のためにもしっかり素早く落とせるクレンジングを使用しましょう。

乾燥肌の人におすすめなメイク落としは?

カサカサお肌で、粉がふいてしまうときもあるという乾燥肌さんにおすすめなメイク落としは、保湿力の高いクリームクレンジングです。メイクを落としながら保湿もでき、しっとりとした洗い上がりになります。クリームタイプは時間をかけてメイクを落とす必要があるのでゆっくりと、丁寧に洗いましょう。

混合肌や敏感肌の人におすすめなメイク落としは?

Tゾーンはテカりやすい、頬はカサカサになりやすい、という混合肌さんや、低刺激のクレンジングを求める敏感肌さんにおすすめなメイク落としは、ミルクタイプやバームタイプのクレンジングです。洗浄力が強すぎないので、肌に負担をかけにくいです。

美しい肌を維持するにはメイクをしっかりと落とすと共に、丁寧なクレンジングが大切です。メイク落としは自分の肌に合ったものを選びましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント