ジェルネイルで熱いのは我慢したほうがいいの?&かゆみや痛みでイライラは超敏感肌? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルサロンやセルフでジェルネイルをしていると、ライトに入れる時に熱いと感じることがあります。これはジェルネイルという仕組み上必ず発生する「硬化熱」が原因なのですが、この熱くて痛い!は我慢したほうがいいのでしょうか?今回はジェルネイルの硬化熱対策についてご紹介します。そして健康な肌の人でも、ちょっとしたことがきっかけで肌質が変わることはよくあります。肌の乾燥が進んだり、肌が荒れやすくなったらそれは肌が敏感に傾いているサインかも・・・。そして、もし肌質が変わって敏感肌になってしまったら、これ以上敏感肌の状態がすすまないように早目の改善を心がけましょう。敏感肌が進んでしまうと、常に肌が過敏な状態の「超敏感肌」に悪化してしまう可能性があります。今回は我慢しきれないほどの痛みやかゆみが出てしまう、超敏感肌についても合わせて解説します。

ジェルネイルで熱いのは我慢すべき?

マニキュアよりも持ちが良く、様々なアートやパーツが楽しめるジェルネイルは、ネイルサロンで施術してもらうのはもちろん、セルフネイルでも楽しめます。ジェルネイルは自然乾燥のマニキュアとは異なり、UVやLEDといったライトから出る光によって液体がプラスチックのように固まります。しかし人によってはジェルを固めている時に、熱による痛みを感じることがあります。これはジェルネイルの液が光に当たると、化学反応を起こして固まると同時に発熱するためです。爪には神経が通っていないので、熱さや痛みを感じることはありませんが、爪の下にある皮膚に伝わってしまうと、「熱い!」と感じることがあるのです。

我慢せずにライトから手を遠ざけよう

ジェルの硬化熱は60度強になることがあり、60度はやけどをする可能性のある温度です。もしジェルをライトで固めている時に熱いと感じたら、すぐにライトから手を遠ざけましょう。ライトから距離を取れば、硬化熱は自然と収まります。しかし離したままにしてしまうと、ジェルはしっかり固まりません。熱による痛みが収まったら、再びライトに手を入れて、規定時間固めてください。1度硬化熱が発生した後は、痛いと感じるほど熱くなることはあまりないので、安心してくださいね。

硬化熱対策をするには

爪が薄いと硬化熱が皮膚に伝わりやすく、痛みを感じることが増えます。爪が薄い、もろくなっていると感じた時は、ジェルを2~3ヶ月おやすみするのがおすすめです。またジェルを塗る時に厚みをもたせると、硬化熱もその分発生しやすくなります。トップジェルなどを厚塗したい場合は。薄めに塗ってから硬化を繰り返すようにしましょう。ちなみに今やサロンワークでも多く使われる「ノンワイプジェル(未硬化ジェル拭き取りのいらないトップジェル)」は、従来のトップジェルよりも硬化熱が出やすい傾向にあります。ノンワイプジェルの場合は、特に厚塗りをしないように気をつけてくださいね。

超敏感肌の原因

敏感肌には乾燥、環境の変化、アレルギーといったさまざまな原因がありますが、これらの原因が複雑に絡み合って、肌のバリア機能がどんどん低下してしまうことがあります。其の結果、超敏感肌状態に肌が悪化してしまう可能性があるのです。







超敏感肌になると…

超敏感肌になると、肌は過敏な状態になっているので、ほんのささいな刺激が肌に加わっただけでも炎症を起こしてしまいます。例えば、敏感肌用の化粧水を使っているのに肌につけたらしみたり赤くなったりする、水だけでもしみる、髪の毛1本触れてもムズムズしたりメガネが顔に触れただけでもヒリヒリする…といった症状が起こるようになります。

超敏感肌はつらい・・・

ここまで肌が過敏になっていると常に顔がムズムズ、ヒリヒリしているような状態なので、気持ちがイライラしやすくなります。また、赤みや湿疹・腫れが出ているので、外出したり人に会うのがおっくうになってしまうことも・・・。そしてメイクはおろか、基礎化粧品や水さえもしみるので、肌に何をつけて良いのか分からない状態に・・・。敏感肌専用のスキンケアでさえも、肌に合わない場合もあり、途方に暮れてしまうこともあります。肌の不調は精神的にも大きなストレスになります。敏感肌は病気ではないといっても、当人にとっては大きな問題になってしまいますよね。

超敏感肌を改善する3つのポイント

超敏感肌を改善するには、

・肌の刺激になるものを避ける
・炎症をしずめる
・肌のバリア機能を正常化させる

ことが必要です。

超敏感肌の場合、炎症が起きることとこれ以上の悪化を防ぐために刺激になるものを徹底して避けることが必要になります。また、痛い、かゆい、湿疹が出ているといった炎症をしずめることも重要です。そして、敏感肌で最も重要なのは、肌のバリア機能を正常化させること!炎症は、肌が外部からの刺激をブロックできないために起こっているので、バリア機能を回復させなければいつまでも炎症がおさまりません。肌が敏感に傾き始めたら、バリア機能を高めるスキンケアをすぐに始めましょう。

皮膚科を受診して専用のケアを

バリア機能を高めるためには、角質層に不足しているセラミドを十分に補いましょう。ただし、超敏感肌になって炎症がひどい状態で、化粧品をころころ変えるのは絶対にNG!自己判断でケアを行うよりも、皮膚科を受診して専門治療を受けたほうが安心です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント