指が荒れる原因はネイルかも?&金属アレルギーでアクセサリーをつけられない人が増えている? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

長い間ネイルをしている人で、最近、爪周辺の皮が剥けやすくなったり、指先がカサカサに荒れていると感じることはありませんか?指先の皮剥けは見た目にも清潔感がなく、気になりますよね。乾燥が原因だと思い、一生懸命保湿しても改善されず、さらに皮が剥けてしまうようなら、原因はネイルにあるかもしれません。ただの乾燥や手荒れだと思い放置していると、痒みや赤み、水疱などのアレルギー症状を誘発する可能性があります。一旦アレルギーになると治すのは難しいです。もし指先の皮剥けや、肌荒れがなかなか治らないようなネイルアレルギーの予備軍であれば、本格的なアレルギー体質になる前に対処したいですよね!今回は、ネイルで指が荒れる原因ついてご紹介します。また、ネックレスやピアスをつけていて、肌がかゆくなったり赤くなったりしたことはありませんか?これは、アクセサリーをつける機会の多い女性によく見られる「金属アレルギー」の症状です。放っておくと、アレルギーが深刻化し、生活に支障をきたすようになります。金属アレルギーの症状は、敏感肌を更に悪化させてしまう事もあります。今回は金属アレルギーの予防法、アレルギー症状が出てしまった時の対処法も一緒にご紹介します。

ネイルで指が荒れる原因

ネイルをする際に使用する物は、そのほとんどが化学物質です。例えばアセトンやクリーナー(エタノール)などの溶剤は、肌への刺激が強く、肌荒れを引き起こす大きな原因となります。元々指先はささくれができるなど、非常に乾燥しやすい箇所です。それにも関わらず、ネイルをする時は、当然溶剤に触れることになりますよね。さらに油分を奪われた指先は過度な乾燥状態に陥り、肌のバリア効果を失った皮膚は刺激に弱くデリケートになります。その結果、皮剥けなどの症状が出てしまいます。また、未硬化ジェルを拭き取るクリーナーは、主成分がエタノールのものが多く、アセトン同様、肌に刺激を与え乾燥を招く成分です。その他、ジェルの成分やUVライトの紫外線によって、肌荒れを起こす人もまれにいます。しかし、はじめてのネイルでいきなり肌荒れを起こす人は少なく、ほとんどの人は長い間に受けてきた刺激の蓄積によってだんだんと肌がデリケートになっていきます。そして、これをそのまま放っておくと、ネイルのアレルギーになってしまう可能性が高いです。今はまだ指先のカサカサや皮が剥ける程度かもしれません。しかし、肌が弱っていることには違いありません。長くネイルを続けていくためにも、手肌の荒れをただの乾燥だと決めつけず、注意して様子を見る必要があります。ネイルや溶剤を少しでも触った後は、必ず手をよく洗って下さい。そして、オイルとクリームを使って保湿し、デリケートになっている指先を保護しましょう!

金属アレルギーが起きる原因

通常、人の皮膚は金属に触れてもアレルギー反応を起こしませんが、金属アレルギーは、性別、年齢問わず、誰もがある日突然発症してしまう可能性があります。しかも、一度なると完治させるのは難しいのが現実です。

原因

汗や唾液が金属に接触すると、ニッケルなどの金属成分が溶け出します。溶け出した金属はイオン化し、皮膚の中に入り込みます。この時、イオンと一緒に体の表面に存在する常在菌などの細菌が体に入り込むと、白血球が菌を相手に戦いを始めます。たまたま一緒に入ってきた金属イオンも敵とみなされ、それ以降、金属だけが体内に入った場合でも、白血球は攻撃をしかけるようになってしまうのです。

健康的な肌はバリア機能の働きにより、簡単に雑菌などが肌内部に入り込まないようになっていますが、敏感肌などでバリア機能が低下している場合は、特に注意しましょう。

対策

金属アレルギーにならないためには、汗をかいたらアクセサリーなどの金属を外しましょう。そして、金属が当たる場所を清潔に保つようにして下さい。また、ひっかき傷などがあると、細菌が簡単に皮膚に入り込みやすくなります。傷がある時は、金属を身につけないようにしましょう。







アレルギーの原因を特定するパッチテスト

金属アレルギーの症状が出た場合は、どの金属にアレルギーがあるのかを早めに確認します。皮膚科やアレルギーを専門とするクリニックで、パッチテストを受けましょう。金属アレルギーのパッチテストは、ニッケル、コバルト、クロム、銀、金など16~17種類の金属を溶かした試薬を背中に貼り付けて、一定期間経過観察をし、アレルギーの有無を調べます。かぶれを起こすアクセサリーをつけ続けていると、アレルギー源を攻撃する免疫細胞の数が増えていきます。すると全身のいろいろな場所で、反応するようになってしまう場合があります。ピアスで耳がかぶれてもつけ続けていたら、ベルトのバックルや化粧品にまでかぶれるようになった例や、アレルギーが深刻化し、硬貨や鍵にも直接触れない人もいます。金属にかぶれたら、早目に原因となる金属を特定し、その金属を身につけないようにすることが大切です。

メイク用品も非金属を選ぼう

敏感肌さんの金属アレルギー対策には、金属を含まない製品を選ぶことも大切です。コスメの多くには、様々なカラーを作り出すために酸化鉄が使われています。酸化鉄の中には、ニッケルやクロム、コバルトが不純物として配合されています。肌のためには、これら金属成分を含まないアレルギー用の化粧品の使用がおすすめです。また、メイク時に使うビューラーで、目の周りがかぶれてしまうこともあります。ビューラーはプラスチック製を使いましょう。金属アレルギーかなと思ったら、アクセサリー選びだけではなく、メイク選びにも注意することが大切です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント