手の匂いが気になる!手の消臭方法ってあるの?&敏感肌のためのワキ汗とにおい対策 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

料理が終わったあと、緊張して手汗をかいたあと、なんだか手がにおう・・・。一度手のにおいに気がついてしまうと、どうにかして消せないかと考えますよね。特に玉ねぎやにんにくを使った料理をしたあとは、非常に気になる強いにおいがします。今回は手の匂いが気になる方向けに、消臭ケアのやり方についてご紹介します。そして汗をかいた時に気になるのが、ワキの汗ジミやにおい。人前で汗をかくと、周囲にバレないかドキドキしてしまうことがありませんか?そんな汗の匂いを防ぐ「制汗剤」は、お出かけ前や汗ばむ季節に欠かせないアイテムです。しかし、肌がデリケートな敏感肌さんはかぶれや肌荒れを起こすことも。敏感肌の方が制汗剤を使用する際には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

手ににおいがつくのはなぜ?

においの強い玉ねぎや長ネギ、にんにく、生魚などに触れると、手に強烈なにおいが残ってしまいますよね。これらのにおいは石鹸で手を洗ってもなかなか取れません。人と会う予定の前など、においがついてしまってはショックですよね。そもそもなぜこれらの食材はにおいが付きやすいのかというと、生魚にはアミン臭というものがあり、玉ねぎや長ネギなどには硫化アリルというにおい成分があるからです。これらのにおいは手のシワや爪の間に残りやすく、なかなか取れません。

手汗をよくかく人も注意

人によっては手汗をたくさんかく方もいますよね。手汗は本来においの元にならない「エクリン腺」という汗腺から出る汗なので、気になるにおいはありません。しかし手の雑菌と手汗が反応して、においが出ることがあります。

手のにおいを消すには?

一度ついてしまったにおいは、石鹸を泡立てて、ゴシゴシと手をこすって洗い流しても、なかなか取れません。まずは手のシワや爪の間に残っているにおいを取り除くためにも、爪ブラシを使ってみましょう。爪ブラシで優しく爪の間を洗い、ブラシで傷つけないように手のひらもこすってみましょう。







石鹸以外で消臭

石鹸以外にも、以下のようなもので消臭効果が期待できます。

・ステンレスで消臭

生活の知恵として、ステンレスで手の消臭ができると聞いたことはありませんか?これはステンレスに含まれる金属イオンが、においの元である物質と反応してにおいを除去することができるからです。ステンレスであれば何でもOKなので、スプーンやシンク、蛇口などで手をこすってみましょう。

②お茶の出がらし
お茶にはカテキンという消臭効果のある成分が含まれています。出がらしを適量手にとって、手にこすりつけて、水で洗い流しましょう。においを完全に消すというよりも、お茶のにおいに変わったと感じる人が多いようです。

③レモン汁

レモン汁に含まれるクエン酸で殺菌すると、においが消えるようです。レモン汁を手に刷り込んで、少し時間を置いてから、水で洗い流しましょう。こちらもお茶の出がらしと同じく、原因だったにおいよりも、レモンの爽やかな香りが強く出てきます。

手汗はこまめに拭き取り&手洗い

食材などが原因ではなく、手汗が原因の場合は、タオルなどでこまめに手汗を拭き取りましょう。汗を拭き取ることでにおいが発生しにくくなります。また、石鹸で手を洗い、手汗も雑菌も洗い流すのも大切です。手汗は自分の意思で止められるものではありませんが、ハンカチやタオルを携帯して対策してみてはいかがでしょうか。

ワキの汗とにおいの仕組み

皮膚には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。全身に分布する「エクリン腺」から分泌される汗は、無色透明でにおいはありません。しかし、汗に含まれる皮脂や老廃物が、皮膚常在菌によって分解され、腐敗することで嫌なにおいが発生します。また、ワキの下などの特定部分にだけ分布する「アポクリン腺」は、粘り気のある白い濁った汗を分泌します。この汗は、たんぱく質を多く含むため、微生物の作用を受けやすく、強いにおいを発生させます。

制汗剤の役割とは?

制汗剤には、汗ジミやにおいを抑制、また、汗の分泌を防ぐ目的があります。そして、汗が出ないようにするためには

・収れん剤で汗に含まれるタンパク質を固めて汗腺の出口をふさぐ
・パウダーで汗や皮脂を吸着する

といった仕組みが用いられます。

また、デオドラントタイプの制汗剤には汗の分泌を減らす以外にも次の効果があります。

・抗菌剤や殺菌剤で雑菌の繁殖を抑制する
・香料でいやなにおいを隠す

効果の高い制汗剤もあるのですが、これらの成分の中には敏感肌には刺激の強いものもあるので、選ぶ時には製品情報をよくチェックして肌にやさしいものを見つけましょう。







敏感肌が避けたい制汗剤の成分

市販の制汗剤に含まれる有効成分で、敏感肌には刺激になる可能性があるものを挙げておきます。

・収れん剤
フェノールスルホン酸亜鉛・塩化アルミニウム・乾燥硫酸アルミニウムカリウム(焼ミョウバン)など。特に、病院で処方されることもある塩化アルミニウム水溶液は、皮膚への刺激が強く、敏感肌にはおすすめできません。焼きミョウバンは、ワキガの民間療法に使われることもあり、一見肌にやさしそうなイメージがありますが、敏感肌の方はかぶれる可能性があります。

・防腐剤
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、パラベンなど

・抗菌剤
塩化ベンザルコニウム・イソプロピルメチルフェノール・トリクロサン・PG(プロピレングリコール)など。

これらの抗菌成分は、抗菌石けんや化粧品にもよく配合されている成分ですが、敏感肌には刺激となる可能性があります。

制汗剤でどんな肌トラブルが起こる?

制汗剤を使うと、実際にどんな肌トラブルが起こりやすいのでしょうか?

・接触性皮膚炎(かぶれ)
皮膚を刺激する成分がわずかでも入っていると、敏感肌にはかゆみ、赤み、発疹、水ぶくれ、ヒリヒリした痛みなどの炎症が起こることがあります。特に塩化アルミニウムは、強い痛みを引き起こすこともあるので注意が必要です。

・肌荒れの悪化
ムダ毛処理などで元々荒れている肌に、制汗剤を使うことで肌荒れがさらに悪化することもあります。

・汗と薬剤が混ざってかぶれる
汗と薬剤が混ざると皮膚を刺激すること場合があります。

・ワキの黒ずみ
刺激と炎症を繰り返した結果、色素が沈着してしまいます。

敏感肌が制汗剤を選ぶなら

敏感肌さんが制汗剤を買う際は、下記のようなものを選ぶようにしましょう。

・無添加、無香料
・アルミニウムフリー
・柿渋エキスなど植物性の消臭成分が配合されたもの
・直塗りではなくスプレー、クリーム、シートタイプのもの
・保湿効果のあるもの

などがオススメです。制汗剤は、汗をかく前の清潔な肌につけるようにすると制汗効果が高まり、かぶれも防ぎます。また、制汗剤だけに頼るのではなく、消臭下着、衣類の消臭スプレー、ワキ汗パッドなどを併用して、制汗剤の使用をなるべく抑えることも肌の為だといえますね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント