爪を自然できれいにしよう!肌にも環境にも優しい素材で爪もお部屋もピカピカに♪ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

爪が割れたり欠けたりしている手はあまり美しくありませんよね。さらに寒い季節になってくると、ニットやセーターを着る機会が増え、割れた爪を引っ掛けてしまうこともしばしばあって厄介です。爪が割れたり欠けたりするのは、乾燥や栄養不足、化学薬品の影響などが挙げられます。割れた爪をそのまま放っておくと、どんどん乾燥が進み、爪の成長の妨げになりますし、なんと言っても見た目の印象が良くありません。今や様々な種類のネイルオイルが発売され、価格も安いものから高価なものまであります。しかし高価だからといって、本当に良いものとは限りません。直接肌に付けるなら、一番大切なのは安全で安心なものを使うことですよね。そこで今回は、完全自然派にこだわった、爪を強くするためのケア方法をご紹介します。また近年、自然派を意識した生活にシフトしていく人が多くなっています。そのため、重曹やクエン酸などを使った、エコ掃除を始める人も増えています。天然成分である重曹やクエン酸は、肌に優しいのはもちろん、水に流しても川や海などを汚さないので、地球にも優しく安心して使えるのです。今回は、肌の弱い人や自然派の人におすすめなお掃除アイテムである、重曹とクエン酸のそれぞれの特性と、その利用法についても一緒にご紹介します。

自然の力で爪を強くする方法

すぐに割れたり欠けたりしてしまう爪を、肌にも地球にも優しい自然のものを使って、丈夫な爪にしていきましょう!以下で完全自然派の人におすすめな、ネイルケアの方法をいくつかご紹介します。

オリーブオイルを使う

オリーブオイルには、抗酸化作用と脂肪酸が含まれています。これらは、爪の健康を維持するために必要な栄養です。爪の乾燥予防と強化には、オリーブオイル1/4カップと、レモン汁5~10滴を使ったトリートメントがおすすめです。やり方は簡単で、小さめ目のボウルに、オリーブオイルとレモン汁を入れてよく混ぜ、その中に指を入れます。この時、爪全体~キューティクルまで、しっかりとオイルに浸るようにして下さい。10分ほど浸せばOKです。使い終わったオイルは、冷蔵庫で保存しておけば繰り返し使えるので、毎日このトリートメントは続けていきましょう。

ココナッツミルクを使う

ココナッツミルクには、必須アミノ酸と脂肪酸が豊富に含まれていて、これらは爪の強化と成長に役立ちます。健康な爪の成長をより促すためには、ココナッツオイル1/2カップとビタミン豊富なレモン汁をレモン一個分用意し、ボウルに入れてよく混ぜます。指を入れて10分~15分ほど浸ければOKです。このとき手の甲まで浸せば、ハンドトリートメントにもなるのでおすすめです。

重曹を使う

重曹の持つ高い抗酸化作用が、爪を弱らせる要因のひとつである真菌に効き、爪が割れるのを防ぐ効果があります。重曹の使い方は、水1カップに重曹大さじ1杯を入れ、よく混ぜます。この重曹水に爪を15分ほど浸ければOKです。週に2~3回程度行っていきましょう。

重曹はエコ掃除必須アイテム

重曹は、天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」といいます。海水や地中の鉱床、体内にも存在する物質で、お掃除だけではなく、古くから料理や消化を助ける働きを利用した胃薬など、様々な用途で使われてきました。重曹は、弱アルカリの性質で、油汚れや手あかなどの酸性汚れを中和させ、汚れを落としやすくしてくれます。また、研磨作用や消臭作用もあるので、クレンザーとして利用したり、脱臭剤として下駄箱やクローゼットの中に入れて、使うこともできます。重曹は、3通りの使い方ができます。1つ目は粉のままふりかける、2つ目は水に溶かした「重曹水」として使う方法、そして3つ目は水を少量加えてペースト状にして使う方法です。拭き掃除には重曹水、こびりついた油汚れやぬめりには、粉のままかけてクレンザー代わりに、また頑固な汚れにはペースト状の重曹で湿布して使うと効果的です。







嫌なアンモニア臭もクエン酸でスッキリ

クエン酸は、梅干しやレモンなどに含まれる有機酸の一種です。疲労回復や、肩こり、筋肉痛の予防に効果があるとされ、サプリメントの成分としてもよく使われています。石けんカスや水アカなど、アルカリ性の汚れを分解してくれるので、水回りの掃除に大活躍します。アンモニアもアルカリ性なので、トイレ掃除に使うと掃除+消臭が手軽にできて便利です!クエン酸は、そのまま粉で使うか、水に溶かした「クエン酸水」として使うかのどちらかがオススメです。そして水アカには直接振りかけて、こすり洗いをするのが効果的です。クエン酸水は、スプレーボトルに入れて、いつでも使えるように準備しておくと便利ですよ。汚れの気になる場所にスプレーして、気軽に拭き掃除しましょう!またお酢の主成分の酢酸は、クエン酸と性質が似ているので、掃除に使うことができます。水で5~6倍に薄めて酢水として使えば、クエン酸水と同じような効果を得られます。

油汚れには純石けんもおすすめ

重曹とクエン酸はエコ掃除の2大アイテムですが、油汚れには石けんもおすすめです。石けんの主成分である界面活性剤は、油汚れを乳化させて落としやすくしたり、汚れを浮き上がらせる性質があります。石けん液を作り、スプレーボトルに入れて使いましょう。市販されている石けんの中には、合成界面活性剤や香料、防腐剤などが含まれたものがありますが、肌や環境への影響を考えて、化学物質不使用の純石けんを選ぶようにして下さい。

重曹やクエン酸、純石けんは、天然成分から作られており、添加物もありません。それぞれの特性を理解して使用していれば、合成洗剤がなくても家中の掃除が可能です。環境を汚染しないということは、肌への刺激も少ないということですよね!お掃除には、重曹・クエン酸・純石けんなど、安心で安全なナチュラル素材を使って家中をピカピカにしましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント