肌はネイルの色で見え方が変わる?年代別のおすすめネイルカラーと敏感肌ケア | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

同じネイルカラーをしていても、肌の色によって色の見え方は違ってきます。また、年代によっては、色の見え方だけでなく、ネイルのイメージそのものが大きく変わることがあります。例えば、トレンドのブラックネイルを若い子がすれば、それはオシャレに見えますが、大人の女性がしていると「少し変わった個性的な人」というようなイメージになりかねません。またメイクで考えてみて下さい、10代、20代の子がしているような派手なカラーメイクを、30代半ば過ぎてもしている人は少ないと思います。ネイルもメイクと同じように、それぞれの年代に見合った、自分をキレイに見せるカラーが存在します。年齢を重ねるにつれて、少しずつ選ぶネイルの色を変化させていくことで、手肌をより美しく見せることができるのです!今回は、年代別の肌がキレイに見えるおすすめネイルカラーをご紹介します。また、年代によって、肌に起こりやすいトラブルや敏感肌の原因は少しずつ異なります。女性の場合は、加齢の影響だけでなく、妊娠・出産・更年期などの影響でホルモンバランスが変動しやすいことも肌のトラブルに関係しています。今回は、年代ごとの肌の特徴と、適切な敏感肌ケアについても一緒にご紹介します。

年代別のおすすめネイルカラー

手の肌は年齢と共に変化していきます。以前は似合っていたピンクマニキュアが、何だか似合わなくなった・・・。そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。以下で、年代別のおすすめネイルカラーをご紹介するので是非参考にしてみて下さい。

10代~アラサー世代

10代~アラサー世代は、まだ手肌のくすみがほとんどないため、カラフルでポップな印象の色から、グレーなどの無彩色系も地味に見えることなく、どんな色も似合います。好きな色を思いっきり楽しんで下さい!

アラフォー世代

アラフォー世代は、ツヤ感のあるナチュラルできれいなネイルがおすすめです。

・透明感のあるピンクベージュ
・くすみオレンジ
・グレージュやスモーキーピンクなど、グレイッシュ系カラー

大人の手肌には、グレイッシュ系の色が混ざった「くすみカラー」を選ぶことで、肌なじみがよくなり、ネイルが浮かなくなります。

50代・60代

この年代はネイルのカラーチョイスを間違えると、痛いイメージになりかねません。しかし上品さを意識してネイルを選べば、何もしていない同年代の人と比べ、お洒落でエレガントな女性にみえます。

・シアー感のあるパールベージュ
・ヌーディーベージュ
・ボルドー
・赤

シミやシワ、くすみが出やすい50代・60代は、肌に馴染むカラーを見つけるのが難しい世代です。シアー感のあるヌーディーベージュやパールベージュで、できるだけ艶と素肌感を意識した仕上がりにすることで、若見え効果が高まります。また、あえて色の濃いボルドーや赤で、肌を血色良く、白く見せるのもおすすめです。

10代の敏感肌ケア

思春期である10代は、活発なホルモンの働きで皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができやすくなります。特に、デリケートな肌にニキビができると悪化しやすく治りにくいので、敏感肌用のニキビコスメを使うか、皮膚科で適切な治療を受けてニキビをきちんと治しましょう。また、肌がベタつくからといって、保湿を怠るのはNGです!肌内部が乾燥し、ますます皮脂を分泌するという悪循環を招きます。ベタつきが気になる場合は、さっぱりタイプの化粧品などを上手に利用しながら、肌内部の保湿力を高めましょう。

20代の敏感肌ケア

20代は、女性ホルモンの分泌量がピークになります。女性ホルモンには、肌を保湿してキメを整える作用があるため、まだ肌の悩みは少ない年代ですが、実は20代から少しずつ新陳代謝の低下が始まっています。そのため、間違ったスキンケアや不規則な生活習慣、ストレスなどによって、肌の乾燥や敏感肌になりやすくなります。肌の保湿を十分に行い、規則正しい生活習慣や紫外線対策を心がけ、肌のバリア機能を高めましょう。







30代の敏感肌ケア

30代に入ると肌の新陳代謝が低下して肌にトラブルが起こりやすくなってきます。女性ホルモンの分泌量は、ピークを過ぎて少しずつ減少し始めるので、肌が乾燥しやすくなり敏感肌に傾きがちです。また、妊娠・出産を経験する女性は、女性ホルモンの大きな変化によって皮脂の分泌が過剰になったり、肌のバリア機能が低下したりして、突然肌荒れを起こすことも少なくありません。仕事や家庭のストレスが増えることも敏感肌に影響してしまいます。刺激の少ない敏感肌用の化粧品を使って、乾燥しがちな肌を十分に保湿することが重要です。

40代の敏感肌ケア

40代に入ると、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量がだんだん減っていき、ホルモンバランスの乱れから更年期障害や肌荒れが起こりやすくなります。普段は敏感肌でない人も、ストレスや季節の変わり目に敏感肌に傾くことが多いです。そして肌の水分量は、加齢と共に減っていくので、肌が乾燥しやすくなります。また、若い時よりも新陳代謝が低下し、ターンオーバーが遅れがちなので、敏感肌の改善に時間が掛かります。敏感肌の方は、セラミドや天然保湿因子が配合された保湿力の高い化粧品を使って、肌のバリア機能を正常に導いていく必要があります。

50代の敏感肌ケア

50歳を過ぎると、閉経が訪れて女性ホルモンの分泌量が減り、肌がさらに乾燥しやすくなります。そのため保湿力の高い化粧品で、十分に肌を保湿することが基本です。また、加齢によって肌の機能が低下し、様々な肌の悩みが増えてしまう年代でもあります。エイジングケアをする時は敏感肌向けの化粧品を選んで、肌に負担をかけないように気をつけましょう。

まとめ

いつまでも10代の頃のような肌でいられるのが理想ですが、そうもいきません。年齢と共に身体が変化するように、肌もまた変化していますよね。年代によって肌に必要なケアは異なりますので、今の自分の肌の状態を見極め、受け入れることが大切です。そして、肌老化が進んでしまう前に、適切なスキンケアを取り入れ、いつまでも美肌を維持できるようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント