アロマオイルでネイルケアはできるの?エッセンシャルオイルでリラックスタイム | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

近年かなり身近になってきたアロマを、活用している人は多いのではないでしょうか。アロマテラピーとしてディフューザーでお部屋に香りを広げたり、アロマストーンを使ってほんのり香りを漂わせたり・・・。雑貨店やバラエティーショップでは、様々なアロマ用品が売られているので、好きな香りをコレクションしたり、新たな香りを見つけるのも楽しいですよね。そして気分やシーンに合わせて使えば、ゆったりと優雅な時間が過ごせます。このアロマテラピーに使われているオイルは「アロマオイル」または「エッセンシャルオイル」と言われていますが、オイルということは、ネイルケアやスキンケアができるのでしょうか?今回はアロマオイルでネイルケアができるのかという疑問についてお答えします。そして心と体の疲れを、香りで癒してくれるアロマテラピーは、自分だけの香りを作って楽しんでいる方も多いですよね。そんなアロマテラピーがもたらすリラックス効果は、健康でイキイキとした肌に欠かせないものです。心と肌をいたわるアロマテラピーについても、合わせて解説してまいります!

アロマオイルでネイルケアはOK?NG?

エッセンシャルオイルとは精油のことです。花や樹木、種子、果実などから作られて、100%天然素材からできています。一方でアロマオイルは、香料や原材料が人工的なものから作られており、天然素材は入っていないことがほとんどです。つまり天然素材だけでできているものだけがエッセンシャルオイルで、それ以外のものはアロマオイルという括りになります。では、これらのオイルでネイルケアができるのかというと、エッセンシャルオイルはOKですが、アロマオイルはNGと覚えましょう。

エッセンシャルオイルでネイルケア

エッセンシャルオイルは天然素材から抽出されており、濃厚で質の良い香りや効果が期待できます。しかしそのまま肌や爪周りに塗布してしまうと、効果が強すぎて荒れてしまう可能性も。もしエッセンシャルオイルをネイルケアに使いたいなら、まずベースオイルと呼ばれるものと混ぜ合わせましょう。ベースオイルは植物由来の成分になっており、ホホバオイル、ツバキオイル、アーモンドオイルなどがおすすめです。ベースオイル10に対して、エッセンシャルオイル1を容器などで混ぜ合わせてから、ネイルオイルやスキンケアオイルとして活用してみましょう。ちなみにエッセンシャルオイルは、ラベンダーやネロリ、ベルガモットなどの種類が保湿効果もありぴったりです。好きな香りで作ると、癒し効果がプラスされて、頻繁に使いたくなるネイルオイルになりますよ。

アロマオイルでネイルケアはNG

アロマオイルは、前述の通り人工物で作られています。用途もあくまで香りを楽しむためのものなので、保湿やスキンケアには向いていません。むしろお肌や爪周りに使ってしまうと、炎症や肌荒れを起こしてしまう可能性があります。アロマオイルとして売られているものは、アロマストーンやポプリに数滴垂らして、アロマテラピーとして使用しましょう。

リラックス効果の高いエッセンシャルオイル

おやすみ前や休日のリラックスタイムに、アロマオイルを焚く人が増えています。自分好みの香りを楽しむのが一番ですが、リラックス効果の高いオイルを焚くことで、毎日のストレス解消や質のよい睡眠が手に入ります。ストレスや眠りの質は、肌のコンディションにも直結しますよね。鎮静効果のある香りをお部屋いっぱいに満たして、日頃の緊張から心も身体も解き放ってあげましょう!以下では、鎮静効果の高いエッセンシャルオイルをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。







ラベンダー

リラックス効果は群を抜いて高く、初心者にも扱いやすいオイルのひとつ。

カモミールローマン

リンゴのような甘い香りで、緊張を和らげ安眠のサポートをしてくれる。

クラリセージ

気持ちが落ちている時などにおすすめ。濃厚な香りなので少量から始めるのが◎

ゼラニウム

自律神経のバランスを整えてくれ作用を持つ、バラに似た甘い香り。

フランキンセンス

落ち着いた気品のある香りで、感情の高ぶりを抑える効果がある。

アロマバスを楽しむ時の注意点

お風呂で香りを楽しむアロマバスも人気が高いですね。温かいお湯の中で、手足を伸ばしながら香りを楽しむのは、気持ちが豊かになれる贅沢な時間です。でも、やり方を間違えると、お肌にダメージを与えてしまうことがあるのをご存知ですか?アロマバスを楽しむ時、バスタブに直接エッセンシャルオイルを落とす人が多いようですが、これは敏感肌にとって肌荒れの原因となります。エッセンシャルオイルは、どんなにかき混ぜてもお湯とは混ざりません。希釈されないままのエッセンシャルオイルが肌につくと、オイルの種類によってはかぶれや湿疹などを引き起こすことがあります。アロマバスを楽しむ時は、バスタブに直接オイルを入れるのではなく、別の容器にお湯とオイルを入れて香りを楽しむのが安全です。どうしてもお湯に入れたい時は、専用の乳化剤とブレンドして、お湯にしっかり溶かしてから入浴してください。肌荒れ防止のために、オイルの量はごく少量から始めましょう。

肌への塗布は慎重に!

エッセンシャルオイルの中には、保湿効果のあるものや、シミやくすみ、ニキビなどに効果のあるものもあります。こういったエッセンシャルオイルを、ホホバオイルなどのキャリアオイルとブレンドして、肌に塗布する方法がありますが、濃度によっては肌荒れを起こしたり、かえってシミを増やす結果になる場合があります。肌がデリケートな敏感肌さんは、特に注意が必要!肌への塗布は、濃度を低くした上で慎重に行ってください。目立たない部位で、あらかじめパッチテストを実施すると安心です。香りを楽しみながら、心と身体、そして肌をも癒すアロマテラピー。毎日忙しい人にこそ、試してみることをオススメします。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント