ジェルネイルのアレルギーは対策できるの?肌荒れを防ぐために成分に注目 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

花粉や金属などに触れたり、とある食品を食べたりすると、物によっては体が異物と判断し、排除しようとかゆみや体調不良に繋がる・・・非常に簡単ではありますが、これがアレルギーの一連の流れです。人間の持つ免疫というシステムが反応した結果ではありますが、アレルギー症状で困っている人も多いのではないでしょうか。そして花粉や食べ物だけでなく、ジェルネイルでもアレルギーになる可能性はあります。今回は、ジェルネイルアレルギーの解説と、対策はできるのかという疑問についてご紹介します。そして、敏感肌の人は、化粧品の成分によって肌荒れが起こりやすいです。敏感肌さんの肌荒れを未然に防ぐためにも、このページでは、避けておきたい成分についてまとめてみました。化粧品の購入時に、参考にしてくださいね。

ジェルネイルでアレルギーになる?

爪にしっかりフィットして、長くネイルが楽しめるジェルネイルですが、様々な科学成分を元に作られています。現在の主流である「ソフトジェル」という種類のジェルネイルは、ポリマーやモノマー、光重合開始剤などが主成分で、カラージェルにはそこへ顔料がプラスされます。これらが混ざった液体をライトに照らすことで、化学反応が起きて、爪にフィットしたようにギュッと固まるのです。しかしこれだけ様々な成分が入っていると、成分のどれかに対してアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。またジェルネイルをオフするためのアセトンや、ジェルを固めるためのUVライトなどでアレルギーが起こることもあり、これらを総称して「ジェルネイルアレルギー」と呼ばれています。症状はかゆみ、水疱、肌荒れなどです。

ジェルネイルアレルギーの対策

まずはアレルギー症状が確認できた時点でジェルを完全にオフして、ハンドソープや石鹸で手全体をきれいに洗います。その後は強い洗剤などを使ったり、むやみにクリームを塗ったりせず、皮膚科を受診しましょう。症状が落ち着いたらジェルネイルを再開・・・といきたいところですが、一度アレルギー反応が起きてしまったら、今後も使うと症状が出てくる可能性が非常に高いです。そして上述の通り、ジェルネイルには様々な成分が含まれており、さらにジェルネイルをつけるために使う道具の種類も多いので、何が原因でアレルギー反応が起こっているかを特定するのは、難しいのが現状です。ジェルネイルが好きだけど、つける度にアレルギー症状が起きてつらい・・・という方は、残念ですが「ジェルネイルをしない」というのが一番の対策になります。

アレルギー対策をするならこんな方法がおすすめ

アレルギー症状を抑えることは大変ですが、ジェルネイルアレルギーにならないように対策することはできます。まずはジェルそのものが、皮膚や人体に触れないようにしましょう。塗っていて皮膚にはみ出してしまったら、すぐにエタノールやジェルクリーナーでしっかりと拭き取ってください。ジェルを塗る前にはみ出し防止の保護液を塗ったり、油分が多い保護クリームを爪の周りの皮膚に塗るのもおすすめです。ジェルをオフするときのダストにも要注意です。さらにジェル液の成分に注目して、使うジェルを選ぶのも良い対策になるでしょう。ジェルネイルでアレルギーになりやすい成分は「HEMA」「アクリル酸」というモノマーだと言われています。成分表を確認して、これらの成分が入っていないものを使ってみてはいかがでしょうか。







敏感肌さんが避けたい成分

早速ですが、敏感肌さんが避けたい成分をみてみましょう。

合成界面活性剤

(表示例:ラウレス硫酸Na、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル など)
成分同士を混ぜあわせたり、洗浄力を上げるために、多くの化粧品に使われています。しかし、石油系界面活性剤は、肌のバリア機能(角質層)を溶かし、肌荒れを起こす原因となります。もともとバリア機能が低下している敏感肌さんにとっては、とくに避けたい成分です。

合成ポリマー

(表示例:カルボマー、ポリエチレン、シリコーン など)
はっ水性がある成分で、肌にツヤ感を与え、メイクのもちをよくする効果があります。しかし、かなり落ちづらい成分なので、メイクオフするときに、手で肌をこすりすぎてしまいまい、それが摩擦となり肌荒れを起こす原因となります。また、完全にオフするためには、石油系界面活性剤を配合している、洗浄力の高いクレンジングが必要です。

タール系色素

(表示例:赤色201号、青色1号、黄色4号 など)
赤色○○号、青色○○号、黄色○○号と表記される合成着色料の一種。色のバリエーションが豊富で、多くのカラーコスメに使われています。しかし、タール系色素の中には、皮膚障害の原因となるものがあるようです。

パラベン

(表示例:メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン など)
防腐剤のひとつ。パラベンは、敏感肌さんにとっては、刺激が強い成分です。その刺激が肌にダメージを与えます。ときには、アレルギーなどの、皮膚障害を起こすことがあります。

紫外線吸収剤

(表示例:サリチル酸オクチル、オクトクリレン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル など)
紫外線吸収剤は、いったん紫外線を吸収し、化学反応を起こします。その化学反応の影響で、紫外線は熱エネルギーに変化し、肌の外へ放出されます。この化学反応や熱が、肌に刺激を与えることがあります。

ハイドロキノン

(表示例:ハイドロキノン)
メラニンの発生を抑え、シミになるのを防ぐ『ハイドロキノン』。多くの美白化粧品に使われています。普通肌さんにとっては、美白効果が見込まれますが、敏感肌さんは、避けるべき成分です。敏感肌に強い刺激を与え、炎症や、肌が異常に白くなる『白斑』を引き起こすことがあります。

エタノール

(表示例:エタノール、無水エタノール、セチルアルコール など)
殺菌や消毒、収れん効果があるエタノール(アルコール成分)。肌の水分を奪いやすい成分で、肌を乾燥させるキッカケとなります。また、敏感肌さんにとっては、刺激となる成分で、肌荒れを悪化させたり、新たな肌荒れを起こすことがあります。

レチノール

(表示例:レチノール、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノール など)
ピーリング効果があり、ターンオーバーを促進させるレチノール。肌に刺激を与えるので、敏感肌さんは避けるべき成分です。かゆみや、赤み、皮むけを起こすことがあります。

香料

香料の中には、紫外線が当たると成分が変わり、肌にダメージを与えるものがあります。化粧品やコスメの成分表示には『香料』と表示されるため、どの種類の香料が、肌に悪影響かは調べることはできません。安全面を考えると、無香料が一番よいと言えます。

敏感肌さんには、優しい化粧品を

『避けたい成分』を配合していない化粧品も、もちろんあります。肌に優しい化粧品を使いたいなら、おすすめは敏感肌用の化粧品です。敏感肌さんのことを考えて安全性の高い成分で作られています。ちなみに肌荒れを起こす成分は人によって違います。上記で紹介した成分以外でも肌荒れを起こしてしまう可能性があるので、初めて使うものはパッチテストをしてみるとよいでしょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント