ジェルネイルの持ちが悪い原因は?二重キープのアイプチで肌トラブルに注意 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルはマニキュアよりも丈夫な素材でできているので、基本的に3~4週間くらいが付け替え時です。しかし2週間前後しか持たなかったり、数日で取れてしまうという人もいます。ジェルネイルの持ちが悪い人と、そうでない人にはどんな違いがあるのでしょうか?今回はジェルネイルの持ちが悪い原因と、解決方法についてご紹介します。そして二重まぶたの瞳は、黒目の面積が増えて光もよく当たるため、輝きのあるパッチリした目に見える傾向にあります。そのため、一重まぶたよりも二重まぶたを好む方が多いようです。一重まぶたを二重まぶたに変えるには、美容整形という方法がありますが、「整形まではちょっと…」と思う方の必須アイテムが「アイプチ」です。今回はパッチリ二重に憧れる方のために、アイプチによって起こりやすい肌トラブルや注意点などをまとめてみました!

ジェルネイルの持ちが悪い原因とは

一度つければ平均3~4週間は持つジェルネイルですが、そこまで持たず数日で取れてしまう人がいます。持ちは個人差があるとはいえ、持ちが悪くなる原因とはどんなものがあるのでしょうか。解決方法と合わせていくつかご紹介します。

ジェルと自爪の相性が悪い

スキンケア用品とお肌には相性がありますよね。同じようにジェルの質と自爪にも相性があるのです。例えば超人気メーカーのベースジェルで、お客さんのほとんどに支持されていたとしても、自分だけには合わないといったことが起きるかもしれません。

▼解決方法
ベースジェルの種類を複数取り扱っているサロンに行き、それぞれ同じような期間・環境で試してみましょう。持ちや相性の良いジェルが見つかる可能性が高いです。

湿気・水分が多い

ジェルは水気に弱いので、水分が多い部分よりも、乾燥している部分につけた方が持ちは良くなります。「水仕事が非常に多い」「頻繁に手洗いをする」「プール、温泉、サウナなどによく行く」「手汗をよくかく」といったケースに当てはまる人は、どうしてもジェルが取れやすいのです。

▼解決方法
ジェルが水分や湿気に触れる機会を減らすことが大切です。水仕事中はビニール手袋またはゴム手袋を着けたり、温泉やお風呂に入っているときはお湯から指を出すなどを心がけましょう。そして手汗をよくかく人は、なかなか持ちを良くするのが難しいのですが、ハンカチやタオルで汗をこまめに拭き取るのがおすすめです。

爪先・指先の扱いが悪い

爪先を使ってシールを剥がしたり、缶のプルタブを爪先で開けたり、指先をよくぶつけたりすると、ジェルがすり減ったり、衝撃で剥がれやすくなります。

▼解決方法
ジェルをつけていると爪がコーティングされて丈夫になったように感じますが、ジェルも摩耗しますし、衝撃に弱い素材です。爪先や指先はなるべく使わないように、爪や指を丁寧に扱いましょう。

爪が薄すぎる

爪が薄く、ぐねっと曲がりやすい人は、ジェルと爪の間に隙間ができやすく、密着しづらいため、持ちが悪い傾向にあります。

▼解決方法
ジェルをつける時にサンディングというやする行為をしないでよい「ノンサンディングジェル」を使っていたり、付け替える時にジェルを完全にオフしない「フィルイン」を導入しているサロンを選びましょう。またジェルの付け替えで爪が傷んでいる場合は、ジェルを2~3ヶ月お休みするのもおすすめです。

施術者の技術不足

ジェルの持ちが悪いのは、自分の爪や生活環境のせいではなく、ネイリストの技術不足ということもあります。ジェルをつける前のネイルケアが十分でなかったり、爪の先端までジェルが塗れていない、ジェルが皮膚まで漏れているなどがあると、持ちが悪くなりやすいです。

▼解決方法
ジェルと爪の相性が試すまでわからないように、自分に合うネイリストかどうかは、施術してもらうまでわかりません。例えば口コミで持ちが良いサロンと好評でも、自分の爪には合わない可能性もありますし、逆も然りです。口コミを少し参考にして、持ちが良いと評判のサロンを探して、複数のサロンへ行き、ジェルの持ちを比べてみましょう。







アイプチ人気の理由

アイプチは簡単な工程で、気軽に二重まぶたを作れるというメリットがあります。そして使い続けていくうちに自然にクセがついて、アイプチを使わなくても二重まぶたになる場合もあります。目を大きく見せたいというだけでなく、整形せずに二重まぶたがゲットできるかもしれないといった期待から、アイプチを愛用している方も多いようですね。

アイプチによるトラブル

しかし、アイプチを使うことで起こる肌トラブルも少なくありません。商品によりますが、アイプチに含まれる成分は、デリケートなまぶたの皮膚に負担を与えやすく、炎症を起こしやすくなります。また、接着剤に含まれるゴムラテックスでアレルギーを引き起こす人もいるようです。さらにアイプチの中には二重まぶたを持続させるため、接着成分が強力になっている製品もあるので、はがす時に角質も一緒に剥がしてしまい、ヒリヒリしたり、敏感肌を悪化させてしまうことも・・・。一度使うとやめられなくなる方も多く、長く使い続けるとまぶたへのダメージがより大きくなり、ひどい炎症や皮膚のたるみが起きる危険性も出てきます。

敏感肌の人がアイプチを使う場合

デリケートで薄い目元の皮膚にのりを付けるという行為は、肌に大きな負担を与えてしまいます。敏感肌の方がアイプチを使う際は、まず敏感肌でも使えることが表示されている製品を選ぶようにしてください。医療用粘着剤を使ったものや、無香料、無着色、保湿成分配合のものなどを選ぶようにしましょう。アイプチは、100均に売っているような安価なものもたくさん出まわっていますが、そういったものは敏感肌にとって刺激の強い成分が添加されている可能性があります。低刺激なものを探している場合は、安易に使わないほうが良いでしょう。万が一、肌にトラブルが起きた場合は肌症状がおさまるまでいったん使用を中止し、頻繁な使用を避けたり、ほかのアイメイクとの兼用を控えるなど、まぶたにかかる負担を減らすことも必要です。近年は低刺激でキープ力の高いものも販売されているので、初めて使う商品は、まぶた以外の皮膚でパッチテストをして、肌が荒れないか確認してから使ってみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント