ネイルチップの作り方!100均で全部揃う?&まつエクで気をつけたいポイント | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

マニキュアやジェルネイルの道具は、バラエティーショップやドラッグストアだけでなく、100円ショップでも揃うので、今やネイルは気軽に楽しめるおしゃれになりました。また最近はインスタなどのSNSでよく見かける、ネイルシールも流行中です。自爪に貼ってライトで硬化させるジェルネイルシールは、大手通販サイトのネイルグッズランキングで1位獲得しています。しかし、ジェルネイルシールなどは、一時的にネイルをしたいという人にはあまり向いていません。「1日だけ、もしくは数時間だけネイルをしてすぐに落としたい」という時におすすめなのがネイルチップです。ネイルチップなら着け外しが簡単ですし、丁寧に扱えば、何回も使うこともできます。今回は、100円ショップの道具でネイルチップを作る方法をご紹介します。そして「まつげエクステ」は、目力を倍増させる効果があり、メイクを時短できて便利ですよね。しかし、目元はとてもデリケート。目や目元にトラブルを起こしやすいメイク術でもあります。実際にまつエクによる肌トラブルを耳にすることも増えてきているので、敏感肌さんは慎重にならなければいけません。どんなことに注意するべきか、詳しくご紹介していきましょう!

ネイルチップを作って手軽にネイルを楽しむ!

マニキュアやジェルネイル、ジェルネイルシールは自爪に対してフィット感があり、ある程度持ちがよいのが嬉しいポイントです。しかし持ちが良い分、落とすのが大変なので「1日だけおしゃれしたい」というシーンにはあまり向いていません。短い時間でネイルを楽しみたいというときは、ネイルチップを活用しましょう。ネイルチップは既製品でかわいいものがたくさんありますが、せっかくなら自分の爪の形に合わせて手作りしてみませんか?手作りは手元のおしゃれを楽しみたい人だけでなく、ハンドメイドアクセサリーや、イラストを描くなど、様々な「作る」が好きな人にもおすすめです!

ネイルチップ作りに必要なもの

下記の道具は、ジェルネイル風のツヤ感がキレイなチップを作る時に必要なものです。最近はジェルネイルの液も100円ショップで売られているので、ネイルグルーなども含めて、全て安価に揃えられるのではないでしょうか。

・ネイルチップ
シアー感を出す場合はクリアタイプを、自爪が透けないようにしたい時はホワイトタイプを用意しましょう。先端の形は基本的に少し先細りのオーバルや、先端が平行のスクエアが売られているので、好みの形を選んでくださいね。

・爪やすり
目が荒いものと、目が細かいものの2種類を用意するのがおすすめです。

・ベースジェル、カラージェル、トップジェル、ライト
近年は100円ショップのセリアやキャンドゥでもジェルネイル液やライトが売られているので、安価に揃えられます。ジェルネイルはライトがないと液が固まらないので要注意です。

・ネイルパーツ、ネイルシール
ストーンやメタルパーツ、アレンジ用のネイルシーツは100円ショップでもたくさん取り扱っています。1つあるだけで手軽にアレンジできますよ。

・ネイルグルーorネイル用両面テープ
ネイルチップと自爪を密着させるために使います。絶対に取れたくない!というときはネイルグルーを、自爪に優しく、簡単に着け外しがしたいというときはネイル用両面テープを使いましょう。

・ボールペンなど汚れてもよいペン
ネイルチップを塗るときの土台、つまりネイルチップスタンドとして使います。ペンの先端にマスキングテープなどを輪っかにして貼り、そこにネイルチップをつけます。使いやすさや見た目にこだわりがある人は、ネイルチップ用のスタンドを買いましょう。

ワンカラーベースのネイルチップを作ろう

まずは、写真のようなワンカラーベースのチップを作ってみましょう。

①ネイルチップの長さと幅を削って、自爪の形に合わせます。幅は自爪より少し狭く、長さは自爪よりも少し長めに取るのがおすすめです。またチップに凹凸のつなぎ目がある場合は、やすりで削ってなだらかにしましょう。
②自爪とネイルチップの曲がり具合が合わなければ、ドライヤーで熱風を当てて、軽い力で曲げて合わせます。
③ネイルチップを土台にくっつけて、ベースジェルを塗り、ライトで固めます。
④ホワイト・ピンク・ブルーのカラージェルを全体に塗って、ライトで固めます。基本は2度塗りで仕上げるので、これを合計2回行います。
⑤ホワイトのワンカラーチップに、ピンクとブルーを筆先で中央にちょんと塗って、ライトで固めます。
⑥ストーンやメタルパーツをチップにそっと置いて、トップジェルを塗り、ライトを当てて固定します。
⑦チップ全体にトップジェルを塗り、ライトを当てて固めれば完成です。

トップジェルがノンワイプの場合はそのままでOKですが、拭き取りが必要な場合は、ノンアセトンリムーバーやエタノールを染み込ませたコットンで、全体を拭き取りましょう。

ネイルチップは、動かす向きに限界がある自爪よりもフレキシブルに動かせるので、意外と簡単に作れるはずです。慣れてきたら様々なデザインやアートを加えて、自分だけのオリジナルチップを楽しみましょう。







まつエクが引き起こす肌トラブル

目元は、元々皮膚がとても薄く、まつげは目のふちという特にデリケートな部分に生えているため、ちょっとした刺激を与えただけでも炎症が起こす可能性があります。まつエクを愛用している方に、皮膚のかぶれ・カサつき・赤み・かゆみ・痛みといった肌トラブルが多いのはこのためです。特に、まつエクを使う時に問題になりやすいのが接着剤(グルー)です。接着剤は、人工まつげをしっかりくっつけて、途中で外れないようにするために欠かせないアイテムですが、そもそも「のり」を塗る行為が皮膚に良いはずがありませんよね。付けている最中に成分が肌を刺激するだけでなく、接着剤をはがす際に角質も一緒に剥がしてしまうため、肌をどんどん傷めてしまうのです。また、中には化学成分が大量に配合されている接着剤もあり、特に敏感肌の方は接着剤を選ぶ時に注意が必要です。接着剤に使われることの多いシアノアクリレートは、アレルギーの原因になりやすい成分と言われ、ホルムアルデヒドを発生させる種類のものもあるので強い刺激性に注意しましょう。

まつげエクステをする時の注意

まつエクは、つけまつげと違って肌に接着剤をつけないことや、3~4週間程度は外す必要がない点から、肌に負担が少ないといえます。ただし、デリケートな部分に行う施術ということは変わりないので、トラブルを避けるために確かな技術を持ち信頼できるサロンを選びましょう。まつエクの施術には、必ず美容師の免許が必要です。信頼できる施術者がいるかどうか、きちんと確認してから予約しましょう。また、敏感肌が気になる方は、予約時に敏感肌であることをしっかりと伝え、カウンセリング中は詳しく事情を説明してから施術を受けるようにしてください。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント