爪でDNA鑑定ができる?お肌や体をキレイに保つには何が必要か知りたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

「DNA鑑定」というとなんだか難しい話に思えますが、肥満検査や病気のリスク、体質検査をするときの方法の一つと考えると、意外と身近なものかもしれません。実は爪でもDNA検査ができるのです。今回はネイル女子の中でも珍しいテーマではありますが、爪でDNA鑑定ができることについて、簡単にご紹介してまいります。そしてDNAの末端にある部分の「テロメア」が、美を保つために注目されているのはご存知でしょうか?美魔女ブームの昨今「同じ年代なのに、驚異的な若さを維持している人と自分との違いは、一体どこにあるのだろう」と思いますよね。「化粧品は何を使っているの?」「どんな美容法をやっているの?」「健康のために気をつけていることは?」など、同じ思いの女性が多のか、美魔女直伝の化粧品や美容法が一躍ブームになったりします。それにしても、そもそも若さとはどういうことなのでしょうか。それは細胞分裂が盛んに行われ、細胞が常に若くあることかもしれません。そこで今回は、細胞の若さに関わる「テロメア」についてのお話です。

意外と身近なDNA鑑定

刑事ドラマや映画などで、犯人や遺体の正体を突き止めるために出てくるDNA鑑定。実際に日本の警察では、科捜研の法科医がDNA鑑定を行っています。血縁関係がDNAで分かるということは一般的に知られていますが、それ以外にも様々なことが簡単な鑑定で分かるとされています。例えば病気のなりやすさや肥満リスク、脱毛関連なども検査することができます。さらには学習能力や運動、音楽、絵の才能、パートナーとの相性診断までもDNA鑑定でわかるというのです。

爪でもDNA鑑定はできる?

企業が健康管理などを目的に行っているDNA鑑定は、医療機関を通しません。そのため血液採取などはできないのですが、唾からでも鑑定は可能です。唾以外にも、爪や毛髪からも鑑定ができます。切った爪の破片から、体質や病気のリスク、スポーツ・音楽などの才能が分かるなんてびっくりですよね。例えば自分の子供にはどんな才能があるのかと、鑑定をして子育ての参考にしている人もいるようです。とはいえ、DNA鑑定をしている企業は数多く、中にはDNA情報の管理体制や科学的根拠の怪しいところもあるので、経済産業省が事業者を選ぶ際の注意を促しています。

参考ページ:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/bio/pdf/leaflet.pdf

自分の生活習慣の改善などに、DNA鑑定が参考になるかもしれませんが、企業による鑑定はまだまだ不明瞭なところも多いので注意しておきましょう。

テロメアとは

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、テロメアとは人間など真核生物の細胞のDNAの末端にある特殊な部分のことです。実はこのテロメアこそが、人間の寿命を決めているといわれています。何故なら、テロメアは細胞分裂のたびに消費されて短くなっていき、テロメアがなくなった時点で、細胞は分裂できなくなって寿命が終わるからです。つまり、テロメアの長さ分しか細胞は分裂できないということ。因みに人間の細胞分裂の回数は50回ほどだそうで、まさにテロメアは命の回数券というわけです。しかし中には、無限に細胞分裂を繰り返すことができる細胞があります。それは、精子や卵子といった生殖細胞とガン細胞。これらの細胞はテロメラーゼという酵素をもっており、これが短くなったテロメアを補って長さを伸ばしてくれるので、何度でも細胞分裂が可能になるのです。







テロメアをさらに短くする要因

寿命の鍵を握るテロメア。しかし、この限りあるテロメアをさらに短くしてしまうのが、DNAの損傷です。傷ついたDNAの細胞は分裂の際にテロメアを余計に消費するので、その分さらに寿命が縮まることになるのです。DNAを傷つける最たるものといえば、言わずと知れた「活性酸素」ですが、現代生活には活性酸素を大量に発生させる要因が溢れています。紫外線、ストレス、タバコ、お酒、睡眠不足、過労、偏った食生活…、美容に悪いといわれるこれらのことは全て、活性酸素を量産してテロメアを短くしている要因なのです。

テロメアを守って美と健康を守る

上記の活性酸素を増やす生活を改善するだけでも、テロメアの短化に歯止めをかけ、さらにテロメアを長くすることさえできるといわれています。米国カリフォルニア大学の研究によると、男性患者35人に食事の改善と適度の運動、ストレス緩和を心掛ける生活を5年間続けてもらったところ、血液細胞のテロメアの長さが10%も増加したそうです。もう一つテロメアの寿命に大きくかかわるのが「テロメラーゼ」。テロメラーゼは細胞分裂の度に短くなるテロメアを修復する酵素です。しかし、私たちの生殖細胞を除いた体細胞には、テロメラーゼは持ち合わせていません。では、私たちがテロメラーゼを働かせるにはどうすればいいのでしょうか。

野菜はテロメラーゼの塊

テロメラーゼがない人間に対して、全細胞にテロメラーゼが備わっているのが「植物」です。つまり、テロメラーゼを摂取するには、野菜を食べればいいのです!ただし、加熱するとテロメラーゼは失われますから、生食が条件です。寿命が尽きるのはテロメアだけでなく、酵素が尽きる時だともいわれますが、生食はこの酵素もたっぷり摂れます。生野菜を丸ごと食べることは、酵素とテロメラーゼを補給できる、美と健康の秘訣になるのです。またDHAやEPAには、テロメラーゼを活性化するらしいことが研究によって分かっているので、青魚も意識的に食事に加えたいものです。

まとめ

人間の遺伝子は本来、120歳まで生きられるようプログラミングされているそうです。しかも最期の瞬間まで元気に健康に生き、ある日パタリと命の灯火が消えるといった、理想的な終わり方ができるとか。しかし悲しいことに、30を過ぎると肌の衰えに悩み、40、50代では基礎代謝の低下で老化を感じ出し、60を過ぎるとあちこち病気を抱えたりしながら、徐々に衰弱していき…、というのが現実です。美肌を作る生活は、そのままテロメアを伸ばす生活でもあります。加えて野菜の生食を心掛ければ、健康で美しい老後も案外夢ではないかもしれません。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント