手の日焼けを白くする方法が知りたい!紫外線対策や日照不足は体をひ弱にさせる? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

夏は日差しが強く、女性の皆さんは毎年日焼けが心配ですよね。特に手は、油断するとあっという間に黒くなってしまいます。しかし、自分の手は見慣れているので、日焼けしていることに気付くのが遅く、あれ?と思った時にはすでに浅黒い手になっていた、なんてことがよくあります。ほとんどの人が、顔やお腹に手を当てた時など、他の部位と比べた時にはじめて自分の手が日焼けしていることに気付くのです。外出時には必ず手に日焼け止めを塗っていても、日常の窓から差し込む日差しや、手を洗う行為など、日焼けから完璧に手を守るのは至難の技です。もしくは常に手袋をして生活できれば日焼けの心配など無用ですが、そういうわけにもいきません。となると、日焼けした後に「いかに早く本来の肌色に戻すか」が大切になってきます。今回は、紫外線対策をしていてもすぐに焼けてしまう手を、できるだけ早く白く戻す方法をご紹介します。また近年、日中どうしようもなく眠くなる、イライラする、疲れやすい、足腰がフラつくなど、こんな症状が出る人が多くなっています。みなさんの中にも、当てはまる人がいるのではないでしょうか。これは本来人間に必要な日照時間の不足が原因かもしれません。ほとんどの女性が美肌のために紫外線を避けて生活していますが、実はそのせいで大きな弊害も生まれているのです。それはビタミンD不足です。最近感じる体の不調も、もしかしたらビタミンD不足の兆候かもしれません。今回は、現代の女性が日照時間や過剰な紫外線対策で不足がちな、ビタミンDの大切さと増やし方も一緒にご紹介します。

手の日焼けを白くする方法

「気が付くと手が黒く日焼けしていた!」常に日光に晒されている手は、ちょっとした油断ですぐに焼けてしまいます。できるだけ早くケアをして「日焼け肌」が定着してしまうのを防ぎましょう!以下で黒くなった手を、できるだけ早く白い肌に戻す方法をお伝えします。

1.美白効果のある石鹸で洗う
日焼けしたからと、美白効果のあるハンドクリームや保湿剤をすぐに塗っても、せっかくの効果が半減です。土台となる肌を清潔に整え、余分な角質や汚れを除去し、ターンオーバーを促す準備が必要です。泡立てネットを使って、たっぷりの泡で包み込むように洗いましょう。今は美白効果のある安い洗顔料が売っています。日焼けした肌は、手とはいえ敏感です。そこでキメの細かい泡が立つ洗顔料で、手を洗うのがおすすめです。

2.とにかく保湿
日焼けした肌は、とにかく乾燥しています。余分な汚れを落としたら、すぐにたっぷりと水分補給する必要があります。化粧水を手に取り、肌の中に水分を入れ込むように浸透させていきます。もうこれ以上肌に水分が入らない!と思うまで、何度も繰り返してください。肌の水分が十分でないと、日焼けした肌は次に使うクリームを塗っても、内側から乾燥してすぐにくすんでしまいます。

3.美白効果のあるクリームで保湿
たっぷりと水分を含んだ肌は、キメが整い最高潮に柔らかい状態です。この状態の肌は、栄養やクリームに含まれる美容成分をしっかりと肌に取り込んでくれます。美白効果のある油分の入ったクリームで、しっかりと保湿と保護をします。

これを毎日続ければ、すぐに本来の白い肌が戻ってくるので、ぜひ試してみてください!

ビタミンDの働き

ビタミンDは、食べ物などから補給するしかないビタミンの中で、唯一体内で作ることができるビタミンです。ビタミンDは、紫外線に当たることにより、皮膚の中で合成されます。具体的には、皮膚内にあるコレステロールが、紫外線によってビタミンDに変換されるのです。ビタミンDといえば、よく知られているのが「歯や骨を作る」働きで、カルシウムの吸収を助け、「丈夫な骨を作る」ために不可欠なのです。ほかにも、

・筋肉や神経の働きをサポートする
・セロトニン分泌を促進する
・免疫力を高める

など多くの働きがあり、その万能ぶりに、ビタミンというよりホルモンという扱いをされているほどです。







ビタミンD不足の症状

サプリメント大国の米国では、この数年でビタミンDサプリの売り上げが、なんと50倍にも跳ね上がっているほど、ビタミンD不足は今世界中で深刻化しており、関心が高まっているのです。ビタミンD不足で表れる症状は、

・筋肉の衰え
・関節痛や筋肉痛
・便秘
・疲労感、眠気
・イライラや気分の落ち込み

といったものです。ほかにも、皮膚の再生を促進する働きもあり、不足すると「肌荒れ」の一因になったり、粘膜が弱って風邪をひきやすくなることもあります。

深刻なビタミンD不足

ビタミンDの研究が世界中で急速に進むにつれ、全身の細胞にビタミンDの受容体があることが発見されています。つまり、ビタミンDは人間の体の機能全てに関わっており、その不足は全身の機能低下を引き起こしてしまうのです。しかし、日本人の4人に1人、特に女性は3人に2人が、必要摂取量を満たしていないのが現実です。日に当たれば体内で作られるとはいえ、高齢者ではその合成力も4分の1にまで低下してしまいます。また、若い女性の間でもビタミンD不足が進行しているのは、

・UVケアの浸透
・食生活の変化

が大きな原因です。今や日傘や日焼け止めで完全防備は当たり前で、さらに食事において、魚を食べなくなったことが、若い女性のビタミンD不足を進めてしまっています。

ビタミンDを効率的に補うには

厚労省によると、ビタミンDの1日当り必要摂取量は、18歳以上の女性では5.5μgとされています(妊婦さんは7.0μg)。しかしこれは骨粗しょう症予防の最低ラインですから、健康のためにはもっと多く摂った方が良いです。ビタミンDを摂る方法は、以下の3つがあります。

・日光浴をする
・食品から摂る
・サプリメントで摂る

環境省によると、夏であれば1日15分程度、両手の甲を日に当てれば必要量のビタミンDが作られるそうです。絶対日焼けしたくないという人は、メラニン色素のない手のひらを上に向けて日光浴するといいですね。また食事で摂るなら、ビタミンD豊富なのは魚やキノコ類がおすすめです。100gあたり、シラス干しで61μg、紅鮭で33μg、サンマで19μg、干しシイタケで17μg摂れますが、効率的に摂るならおすすめは魚です。

まとめ

春や夏は意識して手の平を日光浴させればよいのですが、冬は日照時間が少ない上に外で過ごすことも減り、ビタミンDの不足に拍車がかかります。そんな冬の夜は、魚とキノコたっぷりのお鍋がおすすめです。魚は脳にも肌にもよいDHAやEPAも摂れるので、美容のためにも女性は大いに食べてほしいものです。ちなみに、魚にビタミンDが豊富なのは、ビタミンDを含むプランクトンを餌にしているからだそうです。ビタミンDを増やすためにも、夏は暑く冬は寒いからといって、日中室内にこもってばかりではなく、15分で良いので、できるだけ外に出かけるようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント