ブライダルホワイトニングで笑顔美人な花嫁に!結婚式までに必要な期間と注意点&2020年のブライダルネイルのトレンドは? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

思い出や写真に残る結婚式。どうせなら一番きれいな笑顔で残っていたいですよね。笑顔美人な花嫁になるには、歯の白さも重要です。真っ白なウエディングドレスや白無垢を着ると、対比で歯が黄ばんで見えることもあります。結婚式前にエステやネイル、ヘアサロンへ行くように、歯のホワイトニングをする人は年々増えています。また結婚式を機に、初めてホワイトニングに挑戦するという方も多いので、そもそもホワイトニングとはどういうもので、いつから準備すればよいのかわからないということもあるのではないでしょうか。今回は、結婚式のためのホワイトニング、ブライダルホワイトニングについてまとめました。ホワイトニングにかかる期間や、注意点について紹介します。ブライダルホワイトニングをして真っ白な歯を手に入れましょう。そしてブライダルネイルの2020年のトレンドについても合わせてご紹介します♪

ブラダイルホワイトニングとは

ブライダルホワイトニングの内容に明確な定義はありませんが、「結婚式までの限られた期間で白い歯にしたい」という希望を叶えるものが、ブライダルホワイトニングであると言えます。

ホワイトニングにも種類があります

まずはホワイトニングとはどんなものかを知っておきましょう!ホワイトニングは主に3種類あります。







美容サロンでのセルフホワイトニング

セルフホワイトニングは病院ではなくホワイトニングサロンやエステサロンなど、美容サロンに分類されているお店で行うものです。専用の薬剤や機器を使用して、自分の手で歯のクリーニングをします。「歯の本来の色」を取り戻すことを目的としており、コーヒーやタバコなどが原因でついてしまった着色汚れ(ステインとも言います)を落とすことができます。しかし人間の歯は元々少し黄味がかった色をしています。また加齢に伴いどうしても「歯本来の色」自体も黄色くなってしまうものです。セルフホワイトニングは費用が安価で、歯の汚れを落とすという点では良いかもしれませんが、「元の歯の色より白くしたい」という点では、セルフホワイトニングは効果を発揮しにくいです。

オフィスホワイトニング

国家資格を持った歯科医師や歯科衛生士が行うのがオフィスホワイトニングです。セルフホワイトニングとは異なり、すべてプロの手によって行われます。歯の表面を過酸化水素という薬剤で漂白して、「歯本来の色」よりも白くすることが可能です。さらに専用のライトを照射することで、薬剤が活性化し、短時間でのホワイトニング効果が実感できます。

ホームホワイトニング

歯科医院に通院しつつ自宅で行うことができるのがホームホワイトニングです。オフィスホワイトニングと同じ過酸化水素によるホワイトニングですが、歯科医師や歯科衛生士の指導の元、濃度の薄い薬剤を使っているため、自宅でも本格的なホワイトニングを行うことができます。毎日2~3時間ほど専用のマウスピースを装着して、歯にホワイトニング剤を浸透させていきます。ホワイトニングの効果を実感するには、毎日に一定時間ホームホワイトニングを行う必要があります。

上記3つのホワイトニングのうち、ブライダルホワイトニングに向いているのは、歯科医院で受けることのできるオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングです。そしてこの2つをどちらも並行して行う、より効果の高いホワイトニングをデュアルホワイトニングといいます。デュアルホワイトニングは歯科医院でプロによるホワイトニングを受けながら、自宅ではホームホワイトニングによって白さのレベルをあげられるので、即効性もありながら白さを維持しやすいです。結婚式本番や、前撮りまでまだ余裕がある場合はどちらか一方でもよいのですが、あまり時間がないけれど、確実に白くしたい!というときはデュアルホワイトニングがもっとも効果的であるといえます。

ホワイトニングの費用

ホワイトニングは治療ではなく、歯の見た目をきれいにすることが目的なので、保険適用はできません。そしてホワイトニングの価格は歯科医院ごとに決められるので、価格設定の範囲が広く、数万円単位の買い物になる場合もあります。ちなみに歯科医院によっては「ブライダル特別ホワイトニングプラン」のように、特別メニューが組まれていることもありますが、普通のホワイトニングと内容は変わらないところもあれば、短期集中で歯を徹底的に白くすることを目的としたコースを指すこともあるので、気になる点は歯科医院に問い合わせましょう。

ホワイトニングするのは見える部分だけでOK

オフィスホワイトニングは基本的に白くする歯の本数によって価格が変わります。大体1本あたり1,000~3,000円くらいが目安です。最大28本、上下の歯をすべてホワイトニングするとなると、びっくりするほど高価になることもあります。しかし奥歯など人から見えない部分は白くする必要がありません。見せる機会があるとすればそれこそ歯科医師くらいなので、基本的には笑った時に見える歯だけを白くすれば十分です。また標準的な歯並びであれば、笑った時に見えるのは上の歯だけなので、下の歯はせずに上の歯だけをホワイトニングをするのも珍しくありません。8~10本程度であれば、すべての歯をホワイトニングするよりもお財布に優しいです。

ブライダルホワイトニングを始めるタイミング

ホワイトニングは種類によって即日で効果が出るもの、何回も繰り返すことで徐々に効果が出るものと様々です。結婚式までの残された期間によって、適した方法も変わってきます。
期間ごとにどのようなホワイトニングができるのかをまとめてみました。

コツコツ2ヶ月かけてホームホワイトニング

結婚式まで期間に余裕がある場合には、ホームホワイトニングで毎日コツコツ白くしていくのが良いでしょう。ホームホワイトニングは効果が出るまでに、2週間~1ヶ月ほどかかります。どこまで白くするかにもよりますが、2ヶ月も行えば満足のいく白さになるはずです。歯科医院でホワイトニングの薬剤を追加で購入していけば、結婚式の後も継続してホワイトニングが可能です。色戻りもオフィスホワイトニングに比べると少ないため、結婚式に限らず、ずっと白い歯を保っていきたい場合にも適しています。長い目で見ると、最も費用対効果が高い方法です。

実は約1ヶ月必要なオフィスホワイトニング

結婚式は1ヶ月以上先だけど、毎日コツコツとホームホワイトニングができない場合はオフィスホワイトニングがおすすめです。オフィスホワイトニングは種類によって1回の施術でもかなり白くなるものもあります。しかし即効性のあるものは高価で、取り扱っている歯科医院も限られています。費用を抑えるなら数回通うことを前提に1ヶ月前から開始しましょう。しかしオフィスホワイトニングは毎日通えば良いというものではなく、歯を休ませる期間が必要ですので、週に1回の頻度で通うことになります。個人差はありますが、3回ほど通えば大抵目標の白さまで白くすることができるので、最短でも3週間、だいたい1ヶ月ほどかかると考えましょう。

残り1ヶ月を切った!手堅くディアルホワイトニング

デュアルホワイトニングで、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを並行して行うことで、より早く、より白くすることができます。オフィスホワイトニングは1~2回ほど、そして通院できない期間はホームホワイトニングを行うことで、それぞれ単独で行うよりも白くなりやすくなります。2週間~1ヶ月もあれば、かなり白くすることができます。

緊急!即日白くしたい場合

明日、明後日結婚式なのにホワイトニングできなかった!という方には、歯に直接白いコーティング材を塗るホワイトコートという特殊な方法があります。歯科医院でできる歯のマニキュアのようなものなので、数週間で剥がれてしまいますが、数日間は問題なく白さを保てます。またホワイトコートの場合、人工の歯や失活歯にも施術できるというメリットがあります。詳細については後述します。ただし根元までは白く塗ることができず、近くで見ると多少不自然さ出ることもあるので、審美性ではホームホワイトニングやオフィスホワイトニングに劣ります。

ブライダルホワイトニングの注意点

ホワイトニングはどんな歯でも効果が必ず出るものではありません。またホワイトニングができない人もいます。

ホワイトニングが出来ない歯

ホワイトニングの前には必ずカウンセリングが行われます。カウンセリングで下記のような歯があった場合には、ホワイトニングができないことがあります。

全く効果がないもの 効果が薄れるもの 先に治療が必要なもの
・被せ物
・詰め物
・インプラント
・入れ歯
・神経の無い歯
・テトラサイクリン系抗生物質によって変色した歯
・ホワイトスポット
・虫歯
・表側矯正中の歯
・重度の歯周病

ホワイトニングは被せ物や詰め物などには全く効果がありません。白くするには新しいものを作り直してもらうか、ホワイトコートが適しているでしょう。また神経を抜いてしまった歯や、幼少時に「テトラサイクリン系の抗生物質」を飲んでいて変色してしまった歯、ホワイトスポットという白い斑点ができている歯には効果が薄くなります。これらの歯には、ラミネートベニアという薄いチップを歯に貼り付ける方法や、ホワイトコートで白くすることが可能です。そして歯科医師や歯科衛生士によって判断が異なりますが、虫歯や重度の歯周病、表側矯正中の場合、治療が一段落してからのホワイトニングを行います。そのため通常よりもホワイトニングを行うまでに時間がかかるかもしれません。マウスピース矯正や裏側矯正であれば問題ありません。

妊娠中・授乳中はできない

妊婦中や授乳中の女性がホワイトニングをするのはNGと考えましょう。ホワイトニングで使われる薬剤は、妊娠中や授乳中の女性でも安全に使用できるかが確認されていないからです。リスクを避けるために、どこの歯科医院でも妊娠中、授乳中の女性への施術は行われていません。その代わりに、歯科医院によっては歯のクリーニングやホワイトコート、ラミネートベニアならできるかもしれないので、まずは歯科医院に問い合わせましょう。

着色しやすい飲み物や食べ物は避ける

ホワイトニングをした直後の歯は、通常よりも着色汚れが付きやすいです。結婚式までは下記の飲食物の摂取には気をつけましょう。特にホワイトニング後24時間は避けるようにしてくださいね。またタバコのヤニも着色汚れの原因となりますので、喫煙も控えましょう。

飲み物 食べ物
コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ぶどうジュース、赤ワイン、炭酸飲料全般、酸味のある飲み物全般 カレー、チョコレート、ケチャップ、ソース、醤油、マスタードを使用した料理

2020年のブライダルネイルのトレンドは?

大切な結婚式はネイルもかわいくしたいですよね!白いネイルが定番のブライダルネイルですが、2020年のブライダルネイルは淡いピンクやブルーを使ったデザインも人気を博しています。さらに少し前まではストーン埋め尽くしの指多めなど、キラキラ感満載でリッチな雰囲気のデザインが人気でしたが、近年はグラデーションやフレンチに花柄を少し加えたり、デザインカットのストーンを両手に1本ずつなど、控えめなものがトレンドのようです。確かにネイルデザインを控えめにすることで、ドレスや着物が主役として引き立ちます。また結婚式が終わった後の普段の生活でも、普段着に合わせやすいのでネイルだけが浮くことはありません。トレンドや結婚式後のことも踏まえて、ブライダルネイルのデザインを選んでみてはいかがでしょうか?



まとめ

ブライダルホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングが効果的です。しかしホワイトニングで効果を得るまでには、意外と時間がかかります。結婚式の準備は忙しいですが、後回しにせず、期間に余裕を持ってブライダルホワイトニングの計画を立てましょう!また虫歯や歯周病などが原因でホワイトニングができない可能性もあります。いざ歯科医院に行ったらホワイトニングができなかった!ということにならないように、定期的に歯科医院に行くのがおすすめです!そして2020年のブライダルネイルは、淡いピンクやブルーを使ってシンプルでかわいいデザインがトレンドのようです!シンプルなデザインにすることで、結婚式後も普段の服から浮かずにネイルが楽しめますよ♡一生の思い出に残る大切な結婚式は、ブライダルホワイトニングやブライダルネイルも楽しんで美に磨きをかけましょう♪








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント