コラーゲンの効果は髪にも爪にも!効果なしって言われるのはなぜ? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

今や美肌サプリとしてトップの人気を誇る「コラーゲン」。粉末、ゼリー、粒、そしてドリンクと、色々なタイプがあり、いつでも手軽に摂れる美肌成分として多くの女性が活用しています。しかし、そんな女性のモチベーションを下げるのが、「コラーゲンは飲んでも効果なし」という話。その根拠は、摂ったコラーゲンはそのまま肌に届くことはなく、体内で分解されてアミノ酸になってしまうから、というものです。しかし、実際にコラーゲン鍋を食べたり、コラーゲンドリンクを飲んだりした翌朝は、肌がプルプルになるのを実感している人も多いようです。これは、単なるプラシーボ効果だというのでしょうか。今回の記事では、コラーゲンは飲んでも効果がないのは本当なのか、その真実に迫ります。

飲むコラーゲンの効果

・コラーゲンは効果なし?
人間の体にあるたんぱく質は、なんと3~10万種類。肌のコラーゲンも、その1つです。そしてたんぱく質の種類は、20種類あるアミノ酸がどういう割合で組み合わされるかよって決まります。ですからいったん分解されたアミノ酸は、たんぱく質として再合成はされますが、肌のコラーゲンになるとは限らない、だからコラーゲンサプリを飲んでも効果はない…、確かにもっともな理屈です。

・コラーゲンは効果あり?
しかし、この理屈は数年前までの考え方です。最近の研究では、動物やヒトでの試験によって、摂取したコラーゲンが肌のたるみに効くことが明らかにされています。研究を行ったのは、京都府立大学大学院の教授と、明治やロッテといったコラーゲンサプリの大手メーカーです。それでは口から摂ったコラーゲンが、どういう仕組みで肌のたるみを改善してくれるのでしょうか。

飲むコラーゲンが体内で働くメカニズム

実はコラーゲンには、他のたんぱく質にはない大きな特徴があります。それは、「プロリルヒドロキシプロリン」という、コラーゲン特有のペプチドを含むことです。ペプチドとはアミノ酸が複数つながったもので、摂ったコラーゲンは、そのプロリルヒドロキシプロリンがアミノ酸まで分解されず、ペプチドのままで腸から吸収されるというのです。そして、プロリルヒドロキシプロリンは、そのまま肌に届くことがヒトによる試験で分っています。しかしプロリルヒドロキシプロリンの最大の特長は、「線維芽細胞を活性化する」働きがあること。そのため、コラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸やエラスチンの合成もアップし、ハリのあるプルプル肌になるというわけです。美肌成分の製造工場「線維芽細胞」を活性化してくれる…、これはまさに美肌の根本ケアと言えるのではないでしょうか。







肌に骨に髪に爪にとコラーゲンが大人気

若さと美は内側から、ということで、コラーゲンなどのインナービューティ美容サプリメンの市場は、2014年には売り上げ約1300億円に到達し、年々拡大の一途を辿っています。特にシニア層のインナービューティ意識は高く、株式会社明治の調査では、コラーゲン、ビタミンCといった美容食品の購入額が最も多かったのは、60代女性だそうです。コラーゲンは肌だけでなく、骨の重要構成成分でもあるので、これは全身をキレイに保つためにもとてもいいことですね。それに、コラーゲンはビタミンCと共に摂ることで効果が高まることも、皆さんよくご存知のようです。またコラーゲンを摂ると、髪の毛が太くなることも確認されています。それは、コラーゲン特有のペプチドが、頭皮の毛乳頭や毛母細胞を活性化するから。飲むコラーゲンは、肌の線維芽細胞と同様、毛髪の製造工場も元気にして髪の若さを取り戻してくれるのです。そしてコラーゲンは、髪だけでなく爪も丈夫にする効果が期待できます。とある実験によると、コラーゲンの摂取によって老化で脆くなった爪が少しずつ改善されたそうです。ちなみに髪や爪の主成分は「ケラチン」というタンパク質ですが、タンパク質は美肌の元でもあります。コラーゲンだけを取っていれば肌、髪、爪の美しさが保てるというわけではないので、ビタミンやミネラルとともに、コラーゲンやタンパク質も食事からしっかり摂るようにしましょう。栄養バランスを考えた食事を摂ることで、肌荒れやパサパサ髪の毛、二枚爪や爪割れともおさらばできるかもしれません。

まとめ

飲むコラーゲンは、上述の通り「効果あり」と言えます。飲んだ翌朝のあの実感は、やっぱり正しかったのですね。しかし、コラーゲンにまつわる問題はまだあります。それは、今あるコラーゲンの質です。線維芽細胞が活性化しても、まず古いコラーゲンを分解しなくては、新しいコラーゲンは再生されません。しかし、加齢と共にコラーゲンは分解されにくくなります。それは、活性酸素による「酸化」や糖質の摂りすぎによる「糖化」のせいで、コラーゲンが硬くなるから。せっかくコラーゲンを摂るなら、酸化や糖化を防ぐことも非常に大事なのです。ハリのある若い肌を保つためにも、基本はストレスや睡眠不足、偏った食事といった生活習慣の改善を行い、プラスでコラーゲンを摂取しましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント