セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い&爪の根元の白い部分は何? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

一口にホワイトニングと言ってもいくつか種類があるのはご存知ですか?ホワイトニングサロンやトータルビューティーサロンなどで行われるものはセルフホワイトニング、歯科医院で行われるものはオフィスホワイトニング、そして自宅で行うものはホームホワイトニングと言います。名前だけでは一体何が違うのかわからないですよね。今回の記事では各ホワイトニングの違いや流れについて紹介します。またこの記事では爪の根元の白い部分についても合わせてご紹介します!

セルフホワイトニングとは

ホワイトニングサロンやトータルビューティーサロンなどで行われるホワイトニングをセルフホワイトニングといいます。他人の口内を触るのは医療行為に当たるので、国家資格を持っていないとお客さんの口内に触れる施術ができません。そのため歯科医院ではない施設がホワイトニングの施術をする場合、機器類の準備や説明しかできず、ホワイトニングはお客さん自身が行う必要があります。歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が施術してくれるホワイトニングと区別するために、セルフホワイトニングと呼ばれているのです。

セルフホワイトニングの流れ

セルフホワイトニングサロンは薬剤などの設備が整っており、スタッフから使い方の説明を受けたあとすべて自分で行うというイメージです。流れは下記のようなものが一般的です。

①カウンセリング
サロンスタッフからセルフホワイトニングのやり方や注意事項などの説明を受けます。

②現在の歯のトーンをチェック
ホワイトニングを受けるまえの歯のトーンを、歯の色見本を使ってチェックします。

③歯磨き
歯が汚れたままでは薬剤の効果が弱まってしまいます。口を開けたときによく見える上下の前歯を中心に、しっかり磨いて歯をきれいな状態にしておきます。

④薬剤を塗布
歯を白くする特殊な薬剤を丁寧に塗ります。塗りムラがあると仕上がりに影響が出るので、鏡を見ながらしっかり塗っていきましょう。

⑤LEDライト照射
薬剤を塗った歯にライトを照射することで、着色汚れが浮き出てきます。

⑥薬剤を落とすために歯を磨く
歯についている薬剤を落とすために歯を磨きます。

※ホワイトニングメニューによっては③~⑥を繰り返します。

セルフホワイトニング=表面のクリーニング

セルフホワイトニングでは、薬剤を使って汚れを浮かせることで歯の表面の着色汚れを落とします。白くするというよりは、歯本来の色に戻すことを目的としています。タバコやコーヒー、紅茶などで歯の着色が目立つような状態でなければ、効果を実感することは難しいかもしれません。またセルフホワイトニングは歯科医院で受けられる歯のクリーニングに近い効果がありますが、歯の裏側や歯の中にまで浸透した汚れを落とすことはできません。

セルフホワイトニングの費用

セルフホワイトニングはスタッフが施術をすることがないので、費用は基本的に薬剤や機器の利用料金のみとなります。そのため1回数千円程度と安価で安価であることが特徴です。

オフィスホワイトニングとは

歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。国家資格を持つスタッフが施術するため、資格がある人でないと扱えない強力な薬剤も使用することができます。







オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れは下記のようなものが一般的です。

①現在の歯のトーンをチェック
ホワイトニングを受けるまえの歯のトーンを、歯の色見本を使ってチェックします。

②口内の検査
虫歯がないか、神経を取った歯はないかなどを確認するために検査を行います。虫歯があると治療を終えてからでないとホワイトニングができない場合があります。また神経がない歯は、通常のホワイトニングで白くならないことが多いです。神経のない歯には「ウォーキングブリーチ」という方法で白くすることができます。

③歯のクリーニング
歯に汚れがついたままではホワイトニング効果が薄くなるので、専門的な器具を使って歯の表面や裏側、歯の間をきれいにします。

④薬剤の塗布
歯科医院のホワイトニングでは過酸化水素が含まれた薬剤を使用することがほとんどです。過酸化水素はセルフホワイトニングやホームホワイトニングで使用する薬剤よりも漂白する力が強く、歯の表面から内部までも白くすることが可能です。また1回の施術で効果も現れやすく、定期的に行うことで歯本来の色よりも白くできます。

⑤ライトの照射
薬剤の質に合ったライトを照射して、着色汚れを分解していきます。歯の状態によっては薬剤がしみる可能性があります。

⑥薬剤除去、仕上げ
薬剤を器具で除去し、コーティング剤を塗布します。

※ホワイトニングメニューによっては④~⑤を繰り返します。

オフィスホワイトニングの費用

ホワイトニングは健康保険が適用できません。費用は1回1万5千円から8万円ほどかかるところが多いです。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士の指導のもと自宅で行うホワイトニングです。歯科医院に何度も通うことなく、自宅で好きな時間にホワイトニングができます。

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの流れは下記のようなものが一般的です。

①現在の歯のトーンをチェック
ホワイトニングを受けるまえの歯のトーンを、歯の色見本を使ってチェックします。

②口内の検査
虫歯がないかなど、ホームホワイトニングを問題なく行えるか確認するため口内を検査します。

③歯のクリーニング
歯に汚れがついたままではホワイトニング効果が薄くなるので、専門的な器具を使って歯の表面や裏側、歯の間をきれいにします。

④型取り→マウスピース作成
自分の歯に合うマウスピースを作成するために型を取り、マウスピースを作成します。

⑤マウスピース受け取り、説明
完成したマウスピースや薬剤を受け取り、使い方について歯科医師や歯科衛生士から説明を受けます。

⑤自宅でホワイトニングを行う
マウスピースに薬剤を入れて、歯に装着します。基本的に毎日、一定時間装着する必要があります。

⑥経過観察
決められたスケジュールで、もしくは薬剤がなくなったタイミングで歯科医院へ行き、歯の色がどのくらい変わったか、そして歯に異常はないかを歯科医師や歯科衛生士が確認します。

⑤以外は歯科医院で行います。

ホームホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングと同じく保険適用外となりますが、1度マウスピースを作成すれば薬剤を追加購入するだけでホワイトニングができるので、オフィスホワイトニングよりは一回の費用が安価です。マウスピース作成と薬剤の費用は1万5千円から5万円ほどのところが多く、薬剤だけの費用は2千円~5千円ほどです。

ホワイトニングはセルフ、オフィス、ホームそれぞれで方法や使用する薬剤、費用も異なるので、ホワイトニングサロンや歯科医院のHPで内容を確認して、気になる点は問い合わせてから予約するのがおすすめです。予算やライフスタイルに合ったホワイトニング方法を見つけてくださいね。

爪の根元の白い部分って何?

「爪の根元にある半円状の白い部分が大きいのは爪が健康な証拠」という話を聞いたことはありませんか?爪の根元にある白い部分は爪半月(もしくはルヌーラ)という名前がついています。爪半月はまだ成長しきれていない爪で、他の部分より柔らかく、水分量が多いためピンク色ではなく白く見えるようになっています。ちなみに「爪半月が大きいと爪が健康」という話に医学的根拠はありません。生まれつき爪半月が大きい人もあれば、全くない人もいますが、爪や体の健康状態とは関係がないので、爪半月がない人は安心してくださいね。しかし過度なダイエットを続けたり、休息がしっかり取れていないと爪が伸びにくくなることがあります。爪が伸びるのは代謝が整っている証拠です。きれいな爪を保つために、バランスの良い食事や適度な運動、睡眠を心がけましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント