歯のマニキュアで即席ホワイトニング!爪が黄ばむ原因や対策も紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

成人式や結婚式の前撮りなど、思い出に残るイベント前はメイクやヘアスタイル、ネイルをきれいにしておきたいですよね。そのためイベント前はエステや美容室、ネイルサロンをはしごすることもあるのではないでしょうか。そして写真や動画に残るから歯もきれいにしたい!とイベント前にホワイトニングをする人も多いです。しかしホワイトニングは継続して行うことでだんだん歯が白くなるものなので、すぐに歯を白くしたいという場合はイベント当日に間に合わない可能性が高いです。そんなときに手軽に素早く歯を白くできるのが、歯のマニキュアです。爪にマニキュアを塗るように、歯の表面に特殊な液体を塗るだけで歯が白くなります。またセルフでできる歯のマニキュアもあれば、ホワイトコートという歯科医院で施術してもらう歯のマニキュアもあります。歯のマニキュアはホワイトニング体験をしたい人にもおすすめです。今回の記事では歯のマニキュアとはどんなものなのかご紹介します!また歯だけでなく気になるのは自爪の黄ばみです。爪の黄ばみの原因や、対策についても合わせてご紹介します!

ホワイトニングとは

ホワイトニングは薬剤を使用して、白い歯にする施術全般のことを指します。歯に薬剤を浸透させ、歯に付着した色素や汚れを除去していく方法が代表的です。歯科医院やホワイトニングサロンで行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」といい、自宅で薬剤を入れたマウスピースを着用するのを「ホームホワイトニング」と言います。

歯のマニキュアとは

上記のホワイトニングとは異なり、歯のマニキュアは表面に白色の接着剤を塗布して歯を白くします。歯の詰め物や被せものに使われる銀歯やセラミックなど、人工歯や神経のない歯にも使えるのが特徴です。歯のマニキュアには、市販の商品を使って自分で行う方法と、歯科医院で施術してもらう方法があります。







市販の歯のマニキュア

ドラッグストアなどで購入することができる市販の歯のマニキュアは、爪にマニキュアを塗るように、セルフで歯に塗っていくことで歯を白くできます。塗った後に数秒で乾くので、短時間で簡単にホワイトニング体験ができ、歯磨きで落とせます。持ちは数時間から最大1日程度です。セルフで行う歯のマニキュアは塗り方によっては色ムラが出やすく不自然に見えてしまうこともあります。また歯磨きで歯のマニキュアを落とす際は、念入りに磨かないと取り残しができてまだらになってしまうかもしれません。大切なイベント当日に初めて歯のマニキュアを使ったら、思うように白くならなかった!という人もいるので、イベント前に商品についている説明書をしっかり読んで試しておきましょう。

歯科医院の歯のマニキュア

歯科医院で行う歯のマニキュアは透明感とツヤのある仕上がりが特徴的で、セルフで行う歯のマニキュアよりも自然で白い歯になります。まず歯科医院で歯のクリーニングを行い、白い接着剤を塗布していきます。そしてコーティング剤でツヤを出したあと、レーザー処理で固める処置を行います。原材料は薄いプラスチックなので、持ちは1ヶ月から最大3ヶ月ほど白さが持続するものもあり、丈夫な作りになっています。しかしセルフで行う歯のマニキュアと異なり、厚みが多少出るので歯と歯のかみ合う部分や、歯と歯の隙間には使えません。除去する際にも歯科医院に通院する必要があります。そして歯科医院で行う歯のマニキュアは、施術者によって仕上がりの良し悪しが異なるので、施術を希望する際には評判の良い歯科医院やホワイトニングサロンを選ぶようにしましょう。

市販と歯科医院の歯のマニキュア比較

歯のマニキュアをしてみたいけど、市販品を使ってセルフでやったほうがいいのか、歯科医院でやったほうがいいのか迷う・・・という人は、下記比較表を参考にしてください!

市販の歯のマニキュア 歯科医院の歯のマニキュア
方法 自分で塗る プラスチックのコーティング
施術時間 10分程度 片顎 1時間~1時間半
持続時間 数時間~1日 1~3ヶ月
費用 1,500~2,000円 1本 3,000~10,000円
メリット ・安価で手軽にできる
・やり直しが効く
・きれいに仕上がる
・持続期間が長い
デメリット ・色ムラができる
・取り残しができる
・食事で剥がれてしまう
・高価
・施術できない部分がある
・自分で剥がせない

歯のマニキュアはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングに劣る?

歯のマニキュアはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングと異なり、応急処置のようなものです。成人式や結婚式など、イベントのために歯のマニキュアを使うのはおすすめできますが、白い状態をできるだけ長く保ちたい場合は歯科医院やホワイトニングサロンでホワイトニングを施術してもらいましょう。継続してホワイトニングすることで、透明感のある歯を手に入れることができます!

爪が黄ばむ原因は?対策ってあるの?

歯と同じように、爪も意外と黄ばみやすいので注意が必要です。マニキュアを除光液で落としたあとや、喫煙者は特に爪の黄ばみが気になるのではないでしょうか。これはマニキュアを塗るときにベースコートを塗っていないせいで爪にマニキュアの色素沈着が起こったり、タバコに含まれているヤニが爪に染み付いてしまうなどが原因です。マニキュアを塗るときは爪を守るためにベースコートを塗りましょう。また喫煙の習慣があり、爪の黄ばみが気になるという人は、タールやニコチンの含まれていない電子タバコにしたり、禁煙を心がけたほうがよいでしょう。

マニキュアを頻繁に塗り直す人も要注意

マニキュアを除光液で落として塗り直す、というのを2~3日おきなど頻繁に行っている人も、爪が黄ばみやすいので注意が必要です。除光液はマニキュアをしっかり落とすために、アセトンという強力な成分が含まれているものがほとんどです。アセトンは水分や油分を奪ってしまい、爪を黄白色に変色させることがあります。マニキュアを除光液で落として塗り替える頻度は、週に1日程度がおすすめです。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント