除光液がいらないネイルと夜の肌断食で、爪も肌も自然な美しさを取り戻そう! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

セルフネイル歴が長くなってくると、気になるのは爪の黄ばみや縦筋などのダメージです。皆、マニキュアを塗れば最終的には除光液を使ってネイルをオフしますよね。除光液が爪に良いものではないことがわかっていても、ネイルをオフするために使わない訳にはいきません。また除光液は、薬品独特の刺激臭もするので、換気に気を使う必要もあります。ところが近年、除光液が爪に与える影響や、ネイルの普及に伴い、塗って剥がせる即席ネイルの需要が急増しているのをご存知ですか?今回は、除光液と爪の関係、そして近年急成長を遂げている、除光液がいらないネイルのオススメをお伝えします。また、何をやっても治らないシミやくすみ、毛穴の開き、肌のザラツキ・・・。そんな肌トラブルに、今密かなブームを呼んでいる「肌断食」をご存知ですか?肌断食とは、化粧品を断ち、肌を休ませるというスキンケアで、洗顔で汚れを落とすだけ、あとは基本的に何もつけません。でも肌に全く何も塗らないなんて、肌がカピカピ、シワシワになるのでは?と思う人は多いですよね。そんな人々にもオススメなのが「夜だけ美容断食」です。たった3週間で別人のような肌になれるかもしれない!そんな美容法も一緒にご紹介します。

除光液と爪の関係

ネイルをしていて爪が痛む原因の多くは、除光液を使ったオフである可能性が高いといわれています。除光液にはアセトンを主成分にしているものと、アセトンを使用しないノンアセトンのものがあります。

・一般的な除光液
ほとんどの除光液には、ジェルネイルをオフする際にも使用する「アセトン」が含まれています。アセトンは揮発性がとても高く、樹脂や油を溶かすことができるので、ジェルやマニキュアを簡単にオフすることができ便利です。その反面、爪や皮膚の油分も瞬時に奪います。すると乾燥で爪が白くなったり、その乾燥が繰り返されることで縦筋ができたり、黄ばんだりすることがあります。また、周りの皮膚もカサカサにしてしまう可能性があります。除光液は、マニキュア用にアセトンを薄めたものなので、ジェルのオフ剤(アセトン100%)ほど強くはありません。しかしあくまで主成分はアセトンなので、爪へのダメージは避けられません。そのため上手に付き合っていくことが大切です。除光液を使ってマニキュアを落としたら、とにかくすぐに手を洗い、保湿することを忘れないようにしましょう。

・ノンアセトンの除光液
現在はノンアセトンの除光液もたくさん販売されているので、アセトンによる爪へのダメージが気になる人にはオススメです。しかしノンアセトンのものは、ラメや重ね塗りをしたマニキュアなどが落ちにくく、オフに時間がかかります。アセトンのものに比べるとなかなか落ちないので、何度もゴシゴシと擦ったり、長い時間使用することになり、かえって爪にダメージを与えてしまうこともあります。シンプルなネイルの時にはノンアセトンを、ラメや凝ったネイルの時にはアセトンタイプでサッと落としてしまうなど、必要に応じて使い分けると良いですね。

除光液がいらないネイル

ネイルをする上で除光液は必要なものですが、最近では、除光液のいらない優秀な商品が数々発売されています。ネイルをする工程で、除光液を使ったオフの作業がカットできるなら、臭いの心配や爪のダメージの心配もなくなり、嬉しいですよね!どうやってオフするかというと、乾いたネイルがシールのようにペロンと剥がせるのです。そのかわり、耐久性はなく一日で剥がれてくるものがほとんどです。ただ通常のマニキュアと違いすぐに乾くので、その日の気分やコーデによって、毎日ネイルを変えたり、週末のお出かけ前に楽しんだりすることが気軽にできます。では以下でオススメの、除光液がいらないマニキュアをご紹介します。

ビューティーワールド はがせるマニキュア

・ラメ HGM482 サンシャインシャワー

・ブラック HGM3810 (7mL)

ビューティーワールドのはがせるマニキュアシリーズは、とにかく乾性に優れているのがポイントです。また、ツヤがあり発色が良いのも特徴で、マニキュア独特の臭いもなく、カラーバリエーションも豊富です。ラメの種類も多いので、カラーを塗るのが苦手な人でも、ラメなら塗りムラを気にすることなく楽しむことができます。プチプラのマニキュアには珍しいマットなブラックカラーは、一日だけの黒ネイルを楽しむことができると、男女問わずとても人気があります。

塗り方

①爪の形を整えたら、エタノールを使って爪表面の油分をしっかりと拭き取ります。
②ベースコートはいらないので、好きなカラーを直接塗ってOKです。液体がドロっと濃い目で速乾性があり、手早く塗っていかないとムラなりやすいため急いで塗りましょう。
③トップコートもいらないので、乾いたら完成です。

取り方

そのままの状態で剥がしても良いのですが、お湯に手を入れてふやかせば、さらに簡単にオフすることができます。

爪の乾燥やダメージが気なって除光液を使うのか心配な人は、ぜひお試しください。

引き算の美容法

肌断食の考え方によると、肌トラブルが治らないのは何かが足りないからではなく、余計なものが多過ぎるからなのです。その余計なものとは、

・化粧水
化粧水が余計なものとは意外かもしれませんが、外から補給した水は角質をふやかし、脆くなった角質が化粧水の水分が蒸発する際にめくれ上がり、結果的に潤いを奪う可能性があります。

・化粧品に含まれる化学物質
合成界面活性剤、防腐剤、ポリマーなどは、肌に刺激を与え、常在菌を殺し、セラミドなどの細胞間脂質を破壊して肌にダメージを与えます。

・スキンケアによる物理的な力
洗顔のし過ぎは、潤い成分セラミドや皮脂を洗い流してしまいます。またスキンケア自体が、少なからず肌に摩擦という刺激を与えています。

あれこれ化粧品を塗れば塗るほど、肌の負担は増える一方です。ですから肌を元気にするには、負担を取り除いてやるのが一番なのです。







肌断食と夜だけ美容断食

「肌断食」では、基礎化粧品もメイクも、とにかく化粧品は1日中肌にのせません。唯一許されているのは、保湿のためのワセリンを薄く塗ることだけです。本格的な肌断食は、これまでぬくぬくと守られていた肌が、いきなり寒風の中に放り出されるようなものです。ですから肌がすぐ順応できるはずもなく、肌本来の力が蘇るまではトラブルがますます酷くなる期間もあり、耐え切れず断念する人も多いようです。しかし「夜だけ美容断食」は、朝のスキンケアは従来通り、メイクもOK、夜だけメイクを落とし洗顔した後は何もつけずに休みます。夜中は、肌が老廃物を排泄し新しく再生する、最も大事な時間です。化粧品をつけて寝ると、生まれ変わろうとする肌の本来の営みが妨げられてしまうのです。ですから、夜中に肌断食を行うのはとても理に叶ったことであり、プチ肌断食として始めやすいというわけです。

夜だけ美容断食のやり方と効果

夜だけ美容断食のやり方

①夜メイクを落とした後、石鹸洗顔で汚れを洗い流します。
石鹸は純石鹸を使用し、刺激を与えないようたっぷりの泡で洗顔しましょう。乾燥対策として、泡にスプーン1~2杯の牛乳を加えても効果的です。

②ぬるま湯でしっかり濯いだら、そのまま何もつけずに就寝します。
この時つい化粧水に美容クリーム、といきたいところですが、そこは我慢です。

③朝は夜と同じように洗顔したら、従来通りのスキンケアにメイクをしてOKです。
できれば低刺激の無添加化粧品を、使うように心がけましょう。

夜だけ美容断食の効果

・自ら潤う肌になる
・小じわの解消・ニキビや角栓の解消
・毛穴が引き締まり、キメが整う
・シミやくすみが改善して色白肌に

などなど、ほとんどの肌トラブルの解消が期待できます。肌が変わる実感は、だいたい3週間ほどで出てくるそうです。

プチ肌断食におすすめのスキンケア

メイクはミネラルファンデがオススメです。夜だけ美容断食ではメイクOKとはいえ、できるだけ肌にダメージを与えないベースメイクをしたいものです。それには、ミネラルファンデーションがオススメです。主成分のミネラルは鉱物ですから、肌の上で化学変化を起こすことがなく、保存料などの合成化学物質や油分が一切含まれていません。そのため、次のようなメリットがあります。

・肌に負担が少ない
・石鹸で洗い落とせる
・日常レベルのUVカット効果がある
・薄づきで自然な仕上がり
・付け心地が軽い

薄づきなのは粒子が細かい上に、肌に密着させる化学成分が入っていないからです。このように美容断食には最適のミネラルファンデは、「ミネラル配合」ファンデではなく、「100%ミネラル」のものを選ぶことが大事です。

まとめ

肌を美しくしたいなら、肌本来の仕組みを邪魔しないことが一番です。まずは、できるだけ肌に何も塗らない時間を増やすことから始めてみませんか?それにうってつけなのが「夜だけ美容断食」なのです。肌がキレイになるだけでなく、化粧品代もスキンケアの時間もうき、いいこと尽くしです。夜だけ美容断食は、化粧水や美容液をあえて使わない勇気と、それを継続する持久力さえあれば、年齢や肌質に関係なく効果が期待できます。肌の再生力を信じて、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント