秋ネイルの色の組み合わせとは?秋バテの対策は食事改善から! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

暑い夏が終われば秋はすぐそこです。過ごしやすい気候になって、半袖では少し肌寒く感じる日もあります。秋というと、春夏のような爽やかさよりも、大人っぽく落ち着いたイメージがありますよね。ネイルやファッションでは、秋になると「秋カラー」と言われるシックなカラーが使われます。季節感のあるネイルは垢抜け要素にもなり、コーデから浮くこともなくしっかりまとまります。今回の記事では、秋ネイルではどんな色の組み合わせが良いのかをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。そして猛暑が和らぎ、ようやく秋の気配が感じられる頃は、穏やかに過ごせるかと思いきや「食欲がない」「朝からだるい」「やる気が起きない」など、まるで夏バテのような体調不良で医療機関を受診する人が、近年増えているそうです。このような「秋バテ」は長引きやすいので、単なる疲れと放置するのは危険です。今回は、秋バテの原因や症状と共に、予防と解消方法を詳しくご紹介したいと思います。

秋ネイルはこんな色の組み合わせがおすすめ

シックだけどやわらかな色が似合う秋には、こんな組み合わせで秋ネイルを楽しみましょう。

マスタードカラーとブラウン

おしゃれでこなれ感が出るマスタードカラーは、秋にすぐ取り入れてほしい色です。マットでトーンの明るい黄色は、少し派手に見えてなかなか手が出しづらいですが、くすみカラーであるマスタードなら、意外にも様々なコーデに合わせやすいのです。定番のブラウンと組み合わせると、一気に秋色のネイルに仕上がります。

カーキとメタリック

スモーキーな色合いのカーキは、カジュアルで個性的な印象がありつつも、強く主張せず肌に馴染みやすい優秀カラーです。インパクトのあるメタリックカラーや、ミラーネイルと組み合わせてみましょう。かジュアルコーデにはもちろん、シックな黒のワンピースなどと合わせるとよりモードな雰囲気になりますよ。

スモーキーピンクとグレージュ

ネイルの王道であるピンクには、落ち着いたグレージュを合わせましょう。この組み合わせは、オフィスネイルでも使えるくらい、肌なじみ良く仕上がります。トーンの明るいピンクもかわいいですが、少しくすみがかったスモーキーピンクならより秋ネイルらしくなります。大人かわいいネイルが好きな人におすすめです。

秋は流行中のくすみカラーがより合わせやすい季節です。ぜひ様々な色を組み合わせて、秋ネイルを存分に楽しんでください。

秋バテの原因と症状

夏バテは、日本人の60%が経験するそうです。湿度が高い日本の夏は、汗が蒸発しにくく体に熱がこもりがち。そこで体は血管を広げ、体表から熱を放散しようとします。しかし体表に血液が集まる分、脳や内臓の血流量は減って低血圧の状態となり、倦怠感や頭痛、めまい、吐き気、思考力の低下といった症状が起こるのです。このような高温・多湿の環境は、体力がない人や胃腸が弱い人にとって大きな負担になります。秋バテになるのも、多くはこの体力がないタイプの人で、秋になっても夏バテの症状が回復されず、そのまま引きずってしまうのです。しかし、体力があって夏バテ知らずだった人も、秋になった途端にバテてしまうことがあります。それは一体なぜなのでしょうか。







秋バテの原因

秋バテは、次のような原因があって起こります。

1. 冷房による冷え過ぎ
現代の夏は、冷房の効いた屋内で過ごす時間が長いため、体内に冷えが蓄積し、体が芯から冷え切ってしまいます。さらに冷えを助長するのが、冷たい飲み物や食べ物。そのため血行が悪くなり、全身の機能が低下し、夏や秋に様々な不調となって現れるのです。

2. 栄養不足
暑い夏の食事は、ついさっぱりしたものに偏りがち。さらに冷えから胃腸機能が低下し、栄養の消化吸収が悪くなります。このためビタミンやミネラル、たんぱく質など、エネルギーを作るための栄養が不足し、疲れやすくなるのです。逆に夏バテ予防にと、ウナギや焼肉といったスタミナ食ばかり食べていると、これもまた胃腸の働きを阻害する一因になります。脂肪やたんぱく質の多い食べ物や、冷たいものは、胃液を過剰に分泌させ、胸焼けや腸の働きを低下させることになるからです。

3. 温度差による自律神経の不調
夏バテ、秋バテの大きな原因とされているのが、自律神経の不調。自律神経の重要な役割の一つが、体温調節です。寒い時は交感神経が優勢になり、熱を逃がさないよう血管を収縮させ、体温を保つように働きます。逆に暑い時には副交感神経が優勢になり、血管を拡げて熱を放散し、体温を下げます。空調設備が整った現代の夏は、冷えた屋内と猛暑の屋外では、温度差は10℃以上。その中を何度となく出たり入ったりするので、交感神経と副交感神経の切り替えが追いつかず、自律神経がバランスを崩してしまいます。通常、温度差が5~7℃以上になると、自律神経が失調気味になるといわれていますので、冷房による温度差は、特に要注意なのです。そして秋バテには、夏の間のこれらの原因に、さらに次の要素が加わります。

4. 変化の激しい気候
秋になると、朝晩の気温がぐっと下がります。このため1日の気温差が激しくなり、自律神経は頻繁に切り替えを行わなければなりません。また秋は、「秋晴れ」といった好天がある一方、「秋の長雨」や台風など、天候が目まぐるしく変わります。このため秋には気温だけでなく気圧も乱れ、低気圧による悪影響に晒されることが多くなります。酸素が薄い低気圧の中では呼吸が浅く速くなるため、自律神経が交感神経に偏り、バランスを崩しやすくなるのです。さらに体に酸素が十分行き渡らないため、体が冷えたり、内臓機能が低下し、全身的な不調に繋がることになります。このように秋バテは、夏のダメージが体に蓄積しているところに、秋特有のダメージが加わって起こるため、症状が重く、回復しにくくなって長引くのが特徴です。

秋バテの症状

秋バテは、体力のあるなしにかかわらず、誰にでも起こりうるもの。特に、夏バテがなかった人はダメージが潜在化している可能性があるので、兆候があったら早めの対処が大切です。秋バテは慢性疲労の症状とよく似ており、肉体的には、

・食欲がない
・体が重い、だるい
・寝ても疲れがとれない
・微熱が続く
・頭痛、肩コリ
・めまい

などがあります。また精神的には、

・寝つきが悪い、眠りが浅い
・気力がない
・集中できず、ボンヤリする時間が増える
・イライラする
・楽しいことに感動しなくなる

といったことが起きやすいです。秋に入って涼しくなったのに、十分な休養をとってもこのような症状が回復せず、グズグズ長引くようなら、秋バテを疑ってみましょう。

秋バテの予防・解消方法

秋は涼しさだけでなく、自然の美しさや食べ物の美味しさなど、心身ともに最も心地良く過ごせる季節。そんな貴重な時を秋バテで台無しにしないためには、夏の間から「体を冷やさない」、「自律神経に負担をかけない」ことを意識して過ごすことが必要です。冷房のかけ過ぎや、冷たいものの摂り過ぎに気をつけるほか、次の点を心がけたいものです。

食事

夏バテ・秋バテ対策には、やはり食事で内側から体を整えることが基本です。

・体を温める食材

トマトやキュウリなどの夏野菜は体を冷やしますが、ニンジン、タマネギ、レンコンといった根菜類やニラ、ニンニク、ショウガなどには、体を温める作用があります。これらの食材が入った熱々のスープや鍋などは、夏の冷え予防にもピッタリの食事です。

・朝の白湯
朝にカップ一杯の白湯を飲み、胃腸を温めてから1日を始めるのもおすすめ。

・ビタミンB群
ビタミンB群は糖質や脂質のエネルギー代謝に必須のビタミンなので、不足するとエネルギーが十分作られず、疲れやすくなります。夏は糖分の多い清涼飲料水の過剰摂取で、ビタミンB1が不足しがち。ビタミンB1は自律神経を安定させる働きもあるため、十分な補給が必要です。ビタミンB群は、スタミナ食といわれる豚肉やウナギのほか、レバーや魚、大豆製品に豊富に含まれています。

・クエン酸
柑橘類や梅干し、お酢に含まれるクエン酸は、唾液と胃液の分泌を促進し、消化吸収を助けます。さらにクエン酸の重要な働きは、ビタミンB1と共に糖質のエネルギー代謝を促進したり、疲労の元になる乳酸を排出し、効率的に疲労を回復してくれることです。

・ビタミンC
暑さや極端な温度差は、ストレスとなって交感神経を緊張させ、自律神経を不安定にして夏バテを加速させます。そんなストレスダメージを軽減してくれるのが、ビタミンC。
ビタミンC豊富な新鮮な野菜果物を摂り、自律神経をストレスから守るようにしましょう。

入浴

夏はつい入浴をシャワーで済ませてしまい、せっかくの体の冷えを回復するチャンスを逃しています。夏はシャワー党の人も、秋の夜長にはぬるめのお湯にじっくり浸かり、良い汗をかいて体を芯から温めましょう。内臓も温まって胃腸の調子が改善し、また、血行が促進されて酸素や栄養が全身に行き渡ることから、様々な症状が軽快し、肌の新陳代謝も活発になります。

睡眠

暑さによる睡眠不足も、夏バテの大きな要因です。睡眠不足は交感神経を活発にし、さらに睡眠を妨げるという悪循環をもたらします。こうして自律神経のバランスが崩れると、涼しい秋になっても質の良い睡眠をとるのが難しくなるのです。寝る前の入浴やストレッチ、腹式呼吸で、副交感神経を活性化し、リラックスして睡眠に入れるようにしましょう。

軽い運動

普段あまり運動をしない人は、次のことから秋バテになりやすいといわれています。

・自然な汗をかかないため、体温調節をする力が低下
・血行が悪く筋肉量が少ないため、エネルギーを作り出す力が低下

ウォーキングやジョギングなどは、これらの要因を改善し、さらに呼吸が深くなるので、自律神経の安定化にも効果的。運動の習慣のなかった人も、秋は始めるのに良いチャンスです。またちょっとした時間にスクワットや爪先立ちをし、下肢に筋肉を付けるのも効果的です。

まとめ

体力に自信があって夏バテとは無縁という人ほど、いったん秋バテになると重くなりがちです。秋は、気候の変動のほかに日照時間が少なくなり、セロトニンの分泌が低下するため、それでなくても気分が落ち込みやすくなります。食事、睡眠、運動といった生活習慣を基本に、体と自律神経を整えて、爽やかな秋を存分に楽しみましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント