月のネイルをシンプルに取り入れる方法は?月のパワーで癒しとダイエットをゲット! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

最近はSNSなどの普及で様々な情報が気軽に入ってきます。おかげでスーパームーンやストロベリームーン、ブルームーンなどの珍しい月も、今では見逃すことなく見ることができますよね。皆さんが月といって思い浮かべるのはどんなことですか?潮の満ち引き、満月と狼男、月光浴、新月に願い事をすると叶う・・など、どれもそのほとんどが月の「パワー」に関係しているような、漠然としたものばかりではないですか?唯一、潮の満ち引きは、月の引力が関係しているという物理的な説明がつきますが、その他のほとんどは迷信めいたことばかりですよね。ところが月の不思議なところは、大昔から月が持つパワーのイメージが変わらず引き継がれ、人々を魅了し、そして当たり前のようにそのパワーを人々は受け入れているというところです。月がキレイな夜は、思わず足を止め見入ってしまう人が多いことにも、地球上の生物と月との不思議な繋がりが関係しているのかもしれませんね。そして、そんな月に素晴らしい「ダイエットパワー」もあるとして、近年女性の間で話題になっているのをご存知でしょうか。今回は月のパワーの不思議と、ダイエットが続かないというズボラさんにも嬉しい、楽ちん「ムーンダイエット」をご紹介します。また、いつでも美しい月の光りを見て癒やされるように、月に一度のスペシャルハンドケアとマグネットネイルを使った月光ネイルのやり方も一緒にご紹介します。

月の神秘パワー

海の満潮・干潮が起こるのは月の引力によるもの、ということはご存知の人も多いと思います。潮の満ち干が「月の物理的影響」であるなら、狼男や犯罪発生率は「月の心理的影響」といえるでしょう。後者は、明確な科学的根拠がないにもかかわらず、月の神秘的パワーとして語り継がれています。地球の広大な海に変化を起こすのなら、体の80%が水でできている人間にも同様の影響があって不思議はないからです。月の力は地球上の動物や植物にも及び、海亀や珊瑚は新月の夜に産卵します。また太陰暦の古代では、作物の種蒔きや収穫の時期を月の満ち欠けのサイクルに合わせ、良質の作物を豊富に作り出していたそうです。目には見えなくとも確かな影響力をもつ神秘の存在、それが「月」なのです。

月光浴って何?

太陽が男性的な陽のエネルギーの象徴なら、月は陰のエネルギーで女性性の象徴です。月には、女性の美を引き出すエネルギーが満ちているといわれています。そして、その恩恵を最大限得られるのが「月光浴」です。かのクレオパトラは、バラ風呂で入浴後、薬草入りのオイルを全身に塗り、月光浴をしたそうです。アーユルベーダでも、同じように薬効オイルのマッサージの後、月の光のもとで寝るというのが最高の美容法といわれています。月の光が持つ女性を美しくする神秘の力、それは月の磁波エネルギーが皮膚呼吸によって吸収され、細胞が活性化するからだそうです。さらに磁波の波動に細胞が共鳴振動を起こし、体内の毒素やネガティブな「気」が排泄されるのです。月の光を浴びることで、私たちの体は細胞レベルで浄化され、美しくなれるかもしれませんね。







月のパワーでダイエット

ヨーロッパから上陸し、日本でも注目を集めているのが「ムーンダイエット」です。月の満ち欠けによって異なる働きかけを利用して、効率的に痩せようというものです。

満月

真ん丸に太った満月は、「摂取と吸収」の働きがピークになるといわれています。つまり、月が満月に向かっていく時期は、美肌やダイエットに必要な栄養や薬効成分の吸収が高まります。この時期摂りたい食べ物は

・低カロリー
・高栄養
・自然食品

脂肪や糖分を避けながら、これらの食品を摂るようにすると、代謝機能が高まって体が引き締まり、肌再生の活発化も期待できます。

新月

闇の新月は、「解毒・排泄」の働きがピークになるといわれています。月が新月に向かって欠けていく時期は、解毒や利尿作用の高い食べ物、たとえば

・菜の花
・タマネギ
・ホウレン草
・アボカド
・バナナ
・柑橘類
・海藻
・きのこ
・シジミ
・緑茶

こういった食材を意識して摂ることで、体中のデトックスが促進されてダイエットはもちろん、美肌効果も期待できます。また、良質な水もしっかり摂りましょう。

ズボラさん向けムーンダイエット

新月から満月に、そして満月から新月までのサイクルは、約29.5日です。この間、毎日食材を意識するのも大変という方には、ズボラさんでもできる、もっと簡単な、そして効果抜群のムーンダイエットがあります。それは「満月と新月の夜だけ夕食代わりにカップ1杯の玄米甘酒を摂る」というものです。つまり、1食抜きのプチ断食を月2回行うだけでいいのです。満月は月の再生パワーが、新月は月の解毒パワーが、それぞれピークに達する時です。ですから、1食抜きでも3食抜きと同じくらいの結果が出るといわれています。

・玄米甘酒とは
玄米甘酒は、ブドウ糖にアミノ酸、ビタミンB群、オリゴ糖、食物繊維など美と健康に必要な栄養の宝庫、しかも100mlで約100kcalの低カロリーです。高栄養なのにGI値も低く、よく噛んで食べれば満腹感もあり、置き換えダイエット食の優等生なのです。

満月の夜はさらに月光浴も加えれば、より効果的な美容ダイエットが期待できます!

月に一度のスペシャルハンドケア

毎日のハンドケアはとても大切です。それにプラスして月に一度のスペシャルなハンドケア、「ゴマージュ」と「パラフィンパック」を取り入れてみませんか?このスペシャルケアを月に一度やるだけで、毎日の保湿ケアの効果アップも期待できます。

ゴマージュとパラフィンパック

・ゴマージュとは
ゴマージュとは角質ケアをするもので、スクラブやピーリングと比べると、ゴマージュが一番肌に優しく、マイルドな使用感です。そのため指先や手の甲、関節など、細かい部分が多い手を、長い時間かけてしっかりと擦っていくことができ、擦り過ぎて肌がヒリヒリする心配もありません。手のゴワつきが取れ、肌が柔らかくなります。

・パラフィンパックとは
パラフィンパックとは、40~48度に温めたロウを使ったパックのことです。このロウにはたくさんの美容成分が入っていて、温まった美容成分が肌の奥までゆっくりと浸透していくため、肌の内側からしっとりと柔らかい手に生まれ変わります。

スペシャルハンドケアのやり方

最初にパラフィンパックは温めておきましょう。

①手を洗い、水気をしっかりと取ったら、ゴマージュを手に適量出す。

②手全体、指先や甲などの気になる所を優しく、くるくるとマッサージしていくと、ボロボロと消しゴムのカスのようなものが出てくる。

③ぬるま湯でしっかりと洗い流す。

④温めておいたパラフィンパックに、ゆっくりと手を広げながら入れて、一度出し、また入れる。これを3回繰り返してロウで手が覆われるようにする。

⑤パックされた手に、ラップ又はビニール袋を被せて15分程置く。

⑥パラフィンパックを剥がし、手に残っている油分を馴染ませる。ベタベタが気になる場合は、おしぼりで拭く。

⑦仕上げにハンドクリームを塗って保護して終了。

月に一度はゴマージュで優しく角質を取り除き、パラフィンパックで栄養と保湿をたっぷりと与えるスペシャルハンドケアをぜひ試してみて下さい。パラフィンパックのキットが用意できない時は、気軽に手に入る、指先だけの簡単パラフィンパックもオススメです。

月の光のようなネイルで癒やされよう

月と地球や生物との不思議な関係を物語るように、月の光は神秘的で、心を癒しいつまでも眺めていられますよね。そんな月のパワーをネイルにも取り入れて、さらなる癒し効果を手に入れましょう!以下で、大人気のマグネットネイルを使った、月の光のようなネイル「月光ネイル」のやり方をご紹介します。

用意するもの

・ジェルネイルの道具一式
・マグネットジェル
・専用マグネット(丸型)
・スパチュラ(爪楊枝でもOK)
・ベースジェル、トップジェル

やり方

①爪の形を整えたら、爪の油分をしっかりと除去する。

②ベースジェルを塗って硬化させる。

③スパチュラを使ってマグネットジェルをよく混ぜ、一度塗り目は薄めに塗りそのまま硬化する。

④マグネットジェルを再度よく混ぜてから、2度塗り目はたっぷり塗る。

⑤専用マグネットの丸い方を使い、爪にゆっくりと近づけていく。

⑥マグネットを当てた箇所から鉄粉がサーッと逃げていくので、好きなタイミングで爪からマグネットを離し、5~10秒程ライトに当て仮硬化する。慣れてくれば、一度に数本の指を仕上げてもOKです。

⑦仮硬化をしながら④~⑥を繰り返し全部塗り終わったら、改めて全ての指を完全に硬化させる。

⑧トップコートを塗って硬化させたら完成。

磁力によって動かされた鉄粉がマグネットネイル特有の光を放ち、優しい月の光のように見えとても癒やされます。セルフでも簡単にできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性にとって「月」は、どこか特別な存在感がありますね。夜空の月の神秘的な輝きは、見ているだけでも心に浄化と癒しを与えてくれます。そんな輝きをネイルに取り込み、さらに月に2日だけ、満月と新月の日の夕食を玄米甘酒する。それだけで、癒しとダイエットの効果が期待できるなんて嬉しいですよね!皆さんも月のパワーを味方にして、心も身体も美しく在りましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント