夏にハンドクリームは使わない??&美白ケアが肌を老けさせるってほんと?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

皆さんは乾燥や寒さが気になる春・秋・冬以外の季節、暑い夏でもハンドクリームを使っていますか?特に夏場は汗ばむので、手が乾燥でカサカサするということも少なく、夏にハンドクリームは使わないという人も多いと思います。しかし、実は夏もハンドクリームは使った方が良いのです。たしかに夏場は、表面的には肌がカサカサすることはないですが、肌の内側はとても乾燥しやすい季節なのをご存知でしょうか?その原因の一つが「インナードライ肌」です。今回は夏場でもハンドクリームを使った方が良い理由と、インナードライ肌についてご紹介します。また、夏の肌で心配なのは、強い日差しによるシミですよね!そのため夏のスキンケアは誰もが「美白」に力が入ります。とあるインターネットの調査によると、女性が夏に特に行っているスキンケアは、「美白」が61%でトップという結果が出ています。日焼け止めやUVカットファンデーション、また美白成分たっぷりの化粧水に美容液、そしてクリームなど、皆さんも、様々な美白対策を行っていると思います。しかし、秋になってふと「あれ、この小じわ、いつの間に・・?」「目の下、こんなにたるんでいたっけ?」なんて感じたことのある人も多いのではないでしょうか。それは美白に気をとられ、「乾燥対策」が疎かになっていたからかもしれません。実は、紫外線対策に追われがちの夏は、肌の乾燥が急激に進む季節でもあります。そこで今回は、美白もしながら、老け肌にならないですむように過ごす方法も一緒にご紹介します。

ハンドクリームが夏も必要な理由

夏の手は乾燥するというよりむしろ汗でしっとり、冬場のカサカサした手がウソのようですよね。そこに、さらにハンドクリームを塗る気なんて起きない!と思う人もたくさんいると思います。でも夏は、日差しが強く、手を洗う回数も増え、冷房で室内は乾燥しているなど、手はとても乾燥しているのです。しかしほとんどの人は汗や湿度で、肌の内側の乾燥(インナードライ)には気が付かず、そのまま秋冬を迎えることになります。そして夏の間、乾燥に気づいてもらえず、乾いた状態で日差しを浴びていた手は、想像以上にダメージを受けています。そうなると、秋冬から慌てて保湿をはじめても、白くふっくらとした手に戻すにはかなりの時間がかかります。美肌を維持するには、肌の水分を維持する力「保湿力」をキープし続けることが重要です。この保湿力は年齢と共に低下し、また一度低下させると、なかなか元に戻りません。そのため、特に乾燥しやすい手を若々しく維持するためには、一年を通して手の水分量を維持しておくことが大切です。一見乾燥していないように見える夏場の手も、来る秋冬に備え、しっかりとハンドクリームを塗って保湿しましょう!

インナードライ肌ってなに?

夏の肌は、強い日差しで肌にダメージを受けながら汗をかき、冷房の効いた涼しい部屋に入ると、その汗が一気に蒸発します。すると肌は砂漠状態になりますが、水分を守ろうとして皮脂を分泌します。そのため表面的にはしっとりとし、乾燥しているようには見えません。しかし日差しを浴び続け水分が蒸発した肌の内側はカラカラなのです。これがインナードライ状態の肌です。これを放っておくと、肌の内側から乾燥が進み、くすんでハリのない黒ずんだ手になっていきます。ただでさえ年齢の出やすい手が、どんどん老けた印象になってしまうのを避けるためにも、夏場でもハンドクリームは使うことをオススメします。そしてこの肌の状態は手だけではなく、全身の肌にも起こってきます。そうして本人が気づかないうちに「隠れ乾燥肌」になっているのです。次で、この隠れ乾燥肌についてお伝えします。







夏の隠れ乾燥肌

夏は汗や皮脂分泌が多く、十分潤っているように錯覚しがちです。しかし、夏は乾燥の危険がいっぱいです。

紫外線

紫外線は、肌内の潤い成分「天然保湿因子」を減少させます。さらに肌のバリア機能も低下させるため、水分を保てない肌にしてしまうのです。

エアコンによる乾燥

温度が下がると湿度も下がります。エアコンのきいた部屋はカラカラ状態、そんな中では肌の水分量は半分にまで減少します。

保湿不足のスキンケア

汗と皮脂で肌がテカったりベタついたりすると、スキンケアも保湿が省かれたりしがちになります。しっとりタイプの化粧水をさっぱりタイプに替える、という人も多いのではないでしょうか。また汗を拭く時の摩擦や、頻繁に浴びるシャワーやゴシゴシ洗顔も、肌の潤いを奪います。

このような原因で夏の肌は乾燥が進み、表面はベタベタでも、内部はカラカラという「隠れ乾燥肌」が急増するのです。

美白は肌を乾燥させる

そして夏は、さらにもう一つの乾燥の危険が加わります。それが「美白化粧品」です。

美白成分といえば、

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・フラーレン
・コウジ酸
・プラセンタ
・トラネキサム酸
・ルシノール
・カモミラET

などなど、ほかにも新しい美白成分が、各化粧品メーカーから次々と開発されています。しかし美白成分には、「刺激が強い」「乾燥する」といったデメリットがあります。というのも、「美白」とはメラニンを作るという肌本来の機能を阻害する作業だからで、肌にとって負担をかけるものにならざるを得ないのです。効果が高ければ肌への刺激が強くなり、肌に優しければ効果がイマイチというのが、美白化粧品の宿命というわけです。特に隠れ乾燥肌の人にとっては、美白化粧品はさらに乾燥をひどくする結果になりがちです。

美白が効かないのは乾燥のせい?

ファンケルの調査では、美白化粧品を使っている女性の60%が「効果が実感できない」という不満を抱いているそうです。美白が効かないのは、「隠れ乾燥肌」も大きな理由の一つです。なぜなら、乾燥した肌には次の特徴があるからです。

美白成分が浸透しにくい

乾燥した肌は敏感になっており、刺激を排除しようするため美白成分の浸透が悪くなります。

メラニンが過剰に作られる

またバリア機能が低下しているので、紫外線の影響も大きくなります。そのためメラニン生成が過剰になり、美白が追いつかないのです。

夏の隠れ乾燥肌が怖いのは、シワ、たるみの多い老化肌を作るだけでなく、美白が効かずにシミが居座ってしまうからです。美白を目指すなら、まずは「保湿」。そしてハリ肌を目指すなら、やっぱり「保湿」です。老け肌を作る夏こそ、保湿は最も大切なスキンケアなのです。

保湿しながら美白しよう

最近の美白コスメは潤いも考慮されたものがほとんどですが、隠れ乾燥肌にはさらなる保湿が必要です。特に既に乾燥肌になっている人に、最適の保湿成分が「セラミド」です。私たちの肌の角質層の水分は、その80%が「細胞間脂質」によって保持されていますが、その主要な材料となるのがセラミドなのです。細胞間脂質は水分層と脂質層が交互に重なり合う構造で、これによって水分をガッチリつかみ、逃がさないようになっています。細胞間脂質が健全であれば、外気が湿度0%であっても肌が乾燥することはないそうです。肌の潤いに、セラミドがいかに重要か分かりますね。セラミドを取り入れるには、わずかなセラミド配合の美白化粧品より、まずは配合量たっぷりのセラミド化粧水を使ってみましょう。

1. セラミド化粧水を、朝晩
2. 美白クリームや美容液は、夜のみ

メラニンに働きかけるのは肌が再生される夜中が効果的なので、美白はこの時間に集中させるといいのです。

まとめ

美白に夢中になって、シワやたるみ肌になり、挙句の果てにシミまで・・・。そんな悲しい秋を迎えないためにも、この夏はセラミドの強力な保湿力をぜひ取り入れたいものですね。乾燥ジワの出やすい目の周囲や、法令線が目立ちやすい小鼻の付け根から口元のラインに、セラミド美容液をピンポイントで使うのもオススメです。夏の乾燥と紫外線は、1日たりとも油断できません。毎日のセラミドスキンケアで、白肌とハリ肌を守りましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント