ショートネイルの形でおすすめなのは?アクティブな人ほどショートネイルがいい理由 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

せっかくネイルをするなら爪を長くしたい!と爪を伸ばしたことはありますか?確かにロングだからこそ映えるネイルデザインもありますが、爪が長い状態に慣れていない場合、ふとしたきっかけで爪が折れてしまう可能性が高いです。また職場や学校によっては爪が長いのはNGなんてこともありますよね。短めの爪をショートネイルと言いますが、ショートネイルでもかわいいデザインはたくさんあります!またアウトドアが好きだったり、スポーツやジムが好きなアクティブな人こそショートネイルがおすすめです!今回の記事ではショートネイルでおすすめな形や、かわいいネイルカラーやデザイン、そしてアクティブな人ほどショートネイルがいい理由をご紹介します!

ショートネイルの形でおすすめなのは?

かわいいネイルがしたいけど、職場や学校の都合で短く切らないといけない、家事や作業がしづらいから短いほうが好きという人は多いのでは。でもせっかくネイルをするならショートネイルでも映える形やデザインにしたいですよね。そこで、この記事ではショートネイル向けの爪の形をご紹介します。バリエーション豊富な爪の形ですが、実は長さがないとできない形もあります。また、ロングネイルよりもショートネイルの方がかわいい形もあるので、是非参考にセルフネイルを楽しんでくださいね。

細見えが叶うオーバル

ショートネイルで、指の細見えも叶えたい!という方は「オーバル」にしてみましょう!オーバルとは爪の角を削り、先端は丸くし、全体的に少し細長い形に仕上げたものを指します。爪切りを使う場合は先端だけが丸い形のラウンドや、先端が四角いスクエアになりやすいです。オーバルは先端がまんまるにならず、楕円形をしているので、爪が縦長に大きく見えます。ショートネイルでも指が細見えしますし、先端が丸いので指先が扱いやすくなりますよ!

オーバルのやり方

オーバルはサイドが細く、先端が丸くなっている形です。爪切りだけではなかなか作りづらい形なので、爪やすりを使いましょう。
①爪やすりで爪の長さを調整します。この時点で爪の先端をある程度丸くしておくのがポイントです。
②爪の長さを整えたら、爪の角をなくして先端につながるように、爪やすりで削ります。先に向かって少しずつ細くなるように削っていきましょう。
③先端が楕円形になるよう、丸みを整えたら完成です!

爪の角を削りすぎると、爪が伸びてくるうちに亀裂が入りやすくなります。あくまで爪の角は爪先と爪の根元に向かって、1つの線がつながるように削っていきましょう。爪を真横から見て、ガタガタの線になっていないか確認していくのもおすすめです。







ナチュラルなラウンド

ショートネイルにぴったりな形はオーバルだけではありません。短さを保てる形に「ラウンド」があります。ラウンドはオーバルと少し似ていますが、爪先の丸みが違います。オーバルは爪先が楕円形になるのに対し、ラウンドは爪先が半円になるように作っています。ネイルをせず、一般的な爪切りで短くしている方は、自然とラウンドになるよう丸く切っているのではないでしょうか。

ラウンドはナチュラルな爪先の形として、幅広い年代の方に愛されています。先端が丸いので、物を取ったり人を触ったりするときも当たりが強くなりにくいのが特徴です。そのため、接客業や飲食業、看護・介護をしている方はラウンドに整えている方が多いのです。そして爪先をぶつけてしまった時も、衝撃による負荷が分散しやすいので爪に亀裂が入りにくくなります。地爪が弱く、すぐに亀裂が入ってしまうという方にもおすすめな形です。

ラウンドのやり方

ラウンドは、ロングネイルよりもショートネイルの方が可愛く見える形です。爪切りでも作れなくはないのですが、よりクオリティーの高い仕上がりにするためにも爪やすりを使って整えていきましょう。

①爪の先端が半円になるように、爪やすりで丸く削っていきます。長さを調整しながら、丸くなるようにやすりを使いましょう。
②ある程度丸くなったら、爪のサイドにやすりを当てます。サイドを削りすぎると細くなってしまい、オーバルになるので注意が必要です。爪のサイドが平行に、かつ1本のまっすぐな線になるように削っていきましょう。
③サイドがきれいに削れたら、爪の角をやすりで調整します。爪の角も削り過ぎは禁物です。先端は丸みを維持して、爪の角やサイドは細くならないようにやすっていきましょう。半円と爪のサイドから根元にかけて1つの線でつながるように削れば完成です!

ラウンドは、ネイル検定で3級と2級を取得する時にも作らなくてはならない形です。少し細くなるように削ってしまうとオーバルの形になってしまうので、削りすぎず、先端が丸くなるように練習しましょう。

ショートネイルではスクエア・スクエアオフは作れない?

上記の形以外に、爪の先端が平らになっている「スクエア」や「スクエアオフ」があります。スクエアオフは、スクエアの角を少し丸くしたような状態です。これらの形は、爪が短い人はあまりきれいに作れないかもしれません。それは、ハイポニキウムの形が関係しているからです。

爪と皮膚の間に、薄い皮のようなものがありますよね。これはハイポニキウムといい、爪と皮膚の間にゴミや菌が入らないように守っている部分です。ハイポニキウムは、指先の丸みに合わせて丸くなっていることがほとんどです。爪の白い部分(フリーエッジと言います)は、ハイポニキウムよりも短くすることはできないので、フリーエッジがほとんど見えないくらいのショートネイルにしたいときは、ハイポニキウムに合わせた形にするしかないのです。となると、ショートネイルでできる形はラウンドかオーバルのどちらかに限られる方がほとんどなのではないでしょうか。

ハイポニキウムが真っ直ぐな人や、爪のピンクの部分が縦長な人ならOK

指先や爪の形は人によって異なります。多くの人はハイポニキウムが半円のようになっていますが、ハイポニキウムが真っ直ぐな人や、爪のピンクの部分が縦長の人もいるのです。そういった特徴がある方なら、ショートネイルでもスクエアやスクエアオフにすることが可能です。爪の長さを整えるときに、先端がまっすぐになるよう爪やすりで削りましょう。スクエアやスクエアオフにすることで、爪の先端にかかる負荷が分散されるので、ラウンドと同じように亀裂が入りにくくなる効果も期待できます。







爪が小さく、ピンク色の部分が短い人におすすめな形は?

爪の面積が小さく、全体的に丸っこい形になっている方も多いのではないでしょうか。ピンクの部分も短く、フリーエッジを伸ばさないと縦長の爪にはなりません。爪の面積が小さく、丸いフォルムが気になるという方は、オーバルになるよう形を整えていきましょう。ラウンドのように、ハイポニキウムのギリギリまでフリーエッジを短くすることはできませんが、爪の先端が少し細めになっているだけでも印象は変わります。

ショートネイルにおすすめなデザイン

ショートネイルにぴったりなデザインをいくつかご紹介します♪

ニュアンスネイルはショートネイルにもぴったり

ショートネイルで特におすすめなデザインはニュアンスネイルです!ニュアンスネイルとは色やデザインが漠然としたもの指します。タイダイのような複数の色が混ざったデザインや、曲線や凹凸がポイントになっているデザインなど、様々なデザインがニュアンスネイルと言われています。ニュアンスネイルはインパクトがあるものばかりなので、ショートネイルでもしっかり映えます♪ちなみにタイダイ風に2色以上使う場合は、濃い色を少なめに、薄い色を多めにして混ぜましょう。特に黒はかなり発色の良い色なので、少量にしないと黒が目立ってしまうので注意してくださいね。

シンプル派、オフィスネイル派はナチュラルピンクのワンカラーがおすすめ

シンプルなデザインが好き、オフィスネイルにもぴったりなデザインがいいという人は、ナチュラルピンクのワンカラーネイルがおすすめです!色は自爪のようなシアー感のあるピンクを使用しましょう!マニキュアでももちろんかわいいのですが、ジェルネイルにするとよりつるんとした美しいツヤが出ます♪

カジュアル派はダークなワンカラーがおすすめ

カジュアルな雰囲気や少し派手なネイルが好き!という人は、ダークな色を使ったワンカラーにしてみましょう!特に写真のようなバーガンディや、ネイビー、モスグリーンなどは落ち着いた色味なので様々な洋服に合わせやすいです♪大人カジュアルなコーデが好きな人にもおすすめです!

グラデーションネイルはラメがおすすめ

根本がクリアなデザインが好みであれば、グラデーションにチャレンジしましょう!特にラメのグラデーションはマニキュアでもジェルネイルでも作りやすいですし、爪の長さを問わずかわいく仕上がります!作るときはラメを少しずつ動かして、先端は濃い目に、爪の真ん中に向かってだんだんラメが少なくなるようにしてくださいね。

ショートネイルに合わないデザインもある?

ショートネイルでは良さがあまり引き立たないデザインもあります。例えば白のフレンチネイルは王道かつ手元がぐっと美しく見えるでデザインですが、ショートネイルではより爪の面積が小さく見えてしまいます。王道の爪の形に沿ったフレンチネイルではなく、ハーフフレンチや丸フレンチなどの変形タイプにしてみましょう。

アクティブな人ほどショートネイルがおすすめ

アウトドアやスポーツやジムでトレーニングをするのが好きというアクティブな人は、なるべくネイルは短めにしましょう。長めのネイルは爪先に負荷がかかりやすく、ふとした拍子に欠けたり折れたりしやすいです。特にスポーツやジムで手にぐっと力を入れる時は注意が必要です。なるべくショートネイルにして、日常では指先をあまり使わず、指の腹を使うようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント