ハーブティーは美肌やダイエットに効果ある?ネイルオイルの手作りにはドライフラワーを入れよう♪ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

夏はドリンク業界のかきいれ時といわれ、猛暑日が続くと甘いジュース類よりお茶の方がよく売れるそうです。麦茶にウーロン茶、緑茶などいろいろなお茶がありますが、同じお茶なら美容効果の高い「ハーブティー」はいかがでしょうか。ハーブには、植物などが生きていくために有害な物(紫外線や昆虫など)から自分を守るために持ち合わせる、近年注目を集めている機能性成分「フィトケミカル」がたっぷりと詰まっています。化粧品はもちろん現代医学の薬も、実はその3分の2はハーブから抽出された成分です。ハーブティーを飲むことで、美白、美肌、ダイエットなどたくさんの嬉しい効果が期待できます。また、夏は汗をかき、手を洗う機会が増え、さらに日焼け止めやエアコンの影響で手がとても乾燥する季節でもあります。せっかくハーブティーを飲むなら、ついでにそのハーブを使って自分好みのネイルオイルも作ってみませんか?ネイルオイルを手作りすることで、香りやテクスチャーはもちろん、今の自分に必要な効果を凝縮させたオイルを、安心の完全オーガニックで作ることができます。今回はハーブの持つ効果と、その嬉しい効果をお茶として楽しみながら実感できる、夏にオススメのハーブティー、そして指先を乾燥から守る安心の手作りネイルオイルの作り方をご紹介します。

自然由来のハーブティーで身体の中から美しく

ハーブの働き

ハーブの働きは、大きく分けて次の2つです。

・香りによるアロマテラピー作用
・飲むことによる薬理作用

ハーブティーには、香りの揮発成分、タンニン、ビタミン、ミネラル、フラボノイドなどのほか、独自の有効成分が含まれます。これらが総合的に働いて、女性に嬉しい様々な効果が生まれます。

美肌効果

・ローズヒップ(レモン20倍のビタミンC)
・ヒース(アルブチン)
・クランベリー(アルブチン)
・オリーブ(活性酸素除去、コラーゲン増殖)

ダイエット効果

・ジャスミン(脂肪分解・脂肪吸収抑制)
・マリーゴールド(デトックス、代謝アップ)
・レモングラス(消化促進、むくみ解消)
・エルダーフラワー(発汗、デトックス)
・マテ茶(脂肪吸収抑制、食欲抑制)

若返り効果

・ローズマリー(活性酸素除去、若返りのハーブ)
・ローズレッド(女性ホルモン調整)
・ルイボス(活性酸素除去)

夏におすすめのハーブティーは?

それでは暑い夏にオススメのハーブティーとその理由をお伝えします。







糖化を防ぐ「ローマンカモミール」

最近は活性酸素以上に老化を進めるといわれているのが糖化です。糖化とは、血中の余分な糖がたんぱく質と異常結合して、体中を老化させる物質に変えてしまうことです。そして糖化は、シミやシワ、たるみの元凶でもあります。糖化を防ぐ研究が盛んに行われる中、注目されているのが「ローマンカモミール」に含まれるカマメロサイドの抗糖化作用です。

・カマメロサイドとは
カモミールには「カマメロサイド」という抗酸化物質が豊富で、このカマメロサイドに糖化をも阻害する働きがあることが分ったのです。ローマンカモミールは、お馴染みのジャーマンカモミールより、格段に多くのカマメロサイドを含んでいます。ついつい甘い飲み物で糖分を摂ってしまう夏に、一押しのハーブティーです。

ローマンカモミールの抗糖化以外の効果

・鎮静
・筋組織の緊張を解く
・消化促進
・抗炎症、殺菌
・発汗

このような多様な作用があり、ストレスや不眠、生理痛、胃腸障害、神経性の便秘や下痢にも効果的です。

涼味満点の「マローブルー」

マローブルーは「夜明けのハーブティー」ともいわれ、3つの色をもつ不思議なハーブです。

・お湯を注ぐと鮮やかな「ブルー」に
・時間と共に徐々に「紫色」に
・最後は「ピンク」に

まさに夜から朝へと変化していく夜明けの空の色のようです。茶葉は葉ではなく、ウスベニアオイという植物の花で、青い色は抗酸化物質アントシアニジンの色になります。ちなみにレモンを加えれば、たちまち青からピンクへと変色します!また、お湯より水出しのほうが、キレイな青が長く楽しめます。香りはフローラル系で味はくせがなく、消炎、鎮静、粘膜保護作用で咳や気管支炎、胃腸炎に効果的です。また青色は食欲減退色なのでダイエットにもオススメです。

青い氷で涼を演出

製氷皿の水にマローブルーの茶葉を入れ、常温で20分ほどおいてから冷凍庫に移せば、ウスベニアオイの水中花入り青い氷の出来上がりです。冷たいグラスに浮かべれば、オシャレで清涼感満点のドリンクになります。

温かいハーブティーもオススメですが、やはり夏はアイスで飲みたいですよね。手軽に作るならもちろん水出しもOKですが、ハーブの持つ有効成分をしっかり抽出するなら、ホットで淹れてから冷やした方が効果的です。多めの茶葉で濃い目のホットティーを作り、氷を入れたグラスに注げば出来上がりです。

手作りネイルオイルにおすすめのオイルは?

ハーブティーで身体の中からキレイになり気分もリフレッシュしたら、次は乾燥知らずの指先を目指し、ハーブを使った自分好みのネイルオイルを作りましょう。

キャリアオイルにおすすめのオイル

・ホホバオイル
・アーモンドオイル

ホホバオイルやアーモンドオイルは酸化しにくく無香料なのでおすすめです。また、ホホバオイルは精製済のクリアなタイプと、未精製で黄金色のゴーデンタイプがありあす。特に未精製のゴールデンタイプは、ホホバオイルの栄養成分であるビタミンEがそのまま豊富に含まれ、浸透力にも優れているのでおすすめです。しかしボトルにオイルを入れた時に、液体の色が気になる人はクリアタイプを選びましょう。

エッセンシャルオイル

・ペパーミント
夏におすすめのエッセンシャルオイルはペパーミントです。市販のネイルオイルで、スッとミント感のある商品はあまり見かけません。手作りならではですね!

・ゼラニウム
血行促進や細胞活性化作用があり、フローラル系の香りなのでブレンドしても邪魔になりません。

・サンダルウッド
皮膚を柔らかくする効果があります。よくお香に使われる香りなので、イライラを落ち着かせる効果もあります。

その他、王道のラベンダーはリラックス効果が、また柑橘系のレモンやグレープフルーツにはリフレッシュ効果があります。

ドライフラワーを使ったネイルオイルを作ってみよう!

用意するもの

・キャリアオイル
・エッセンシャルオイル
・ドライフラワーやハーブ(お茶として飲めるもの)
・空のボトル
・爪楊枝
・ビーカーなど

作り方

①まず空のビンに、爪楊枝を使ってドライフラワーやハーブを入れておきます。

②ビーカーにキャリアオイルを入れ、お好きなエッセンシャルオイルを10mlに対して1~2滴の割合で数滴垂らします。混ざったらドライフラワーの入ったボトルにオイルを移し替えましょう。ビーカーを使わなくてもこぼす心配などがなければ、直接ボトルに入れてOKです。

③爪楊枝で、軽くドライフラワーとオイルを混ぜたら完成です。

エッセンシャルオイルの持つ効能と、ドライフラワーやハーブの栄養もオイルにじわじわと滲み出てきます。植物性の油だけで作った手作りオイルは、肌の表面にテカッとするような油膜は残りません。サッと肌へ浸透し、塗った後はサラッとします。爪の乾燥やささくれに悩んでいる人、肌につけるものはできるだけオーガニック素材を使っていきたいと考えている人は、ぜひ一度ネイルオイルを手作りしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ハーブティーを飲むと、心も身体もリフレッシュできます。好きなハーブや香りで作った自分だけのネイルオイルを使えば、至福のリラックスタイムになること間違いなしです。そして、ハーブには運気アップのパワーもあるといわれています。例えば、ミントティーのミントには、悪い運気を浄化する作用があるとされているので、どうも最近ついてないなと感じる時にオススメです。また、ジャスミンティーは恋愛運アップの効果があるとされているので、出会いが欲しいという方にオススメです。このようにハーブティーにはリラックス効果、美肌、さらに運気アップ効果まで期待できます。この夏はアイスハーブティーと手作りのネイルオイルで、身体の中と外からハーブの恩恵をたっぷり堪能してみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント