塗りかけネイルのセルフのやり方は?ダサいデザインにならないやり方 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

セルフネイルでも取り入れやすいデザインに「塗りかけネイル」があります。爪の先や真ん中などにアンバランスにささっと塗るだけで、アーティスティックな雰囲気が出て、一気におしゃれになるのです。すっかり定番なデザインとなった塗りかけネイルですが、実はとある芸能人が流行らせたネイルデザインだったというのはご存知ですか?意外な方がきっかけで流行しています。今回は塗りかけネイルのおしゃれなデザイン、セルフで塗りかけネイルをするときのポイントやおすすめ配色をご紹介します!そして塗りかけネイルを流行らせた芸能人についてもご紹介しますね。塗りかけネイルが流行ったのは2010年代なので、バランスを間違えるとなんだか昔っぽくなってしまったり、ダサくなってしまう可能性があります。仕上がりがイマイチな塗りかけネイルは、デザインに見えず汚らしいなんて口コミも・・・。ですが、すでに定番の人気デザインであるニュアンスネイルのように作っていけば、今っぽい塗りかけネイルが簡単に楽しめるのです。この記事では今っぽいデザインになるやり方もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

塗りかけネイルってどんなデザイン?

爪の全面がベタ塗りになっているワンカラーや、グラデーション、フレンチのようなデザインではなく、ランダムなデザインが特徴的なのが塗りかけネイルです。塗りかけネイルはニュアンスネイルと似ており、決まりは特にありません。ですがどの塗りかけネイルも共通しているのは、ささっと筆で塗ったかのようなデザインになっていることです。まだ塗っている途中じゃないかな?と思うくらいで完成させると、よりおしゃれな塗りかけネイルになります。

塗りかけネイルのかわいいデザインをご紹介♪

塗りかけネイルでかわいいデザインを以下でご紹介します♡サロンでオーダーする時や、セルフで塗りかけネイルをする時の参考にしてくださいね!

出典:www.instagram.com(@blissnail_223)

2020年流行しているピスタチオカラーと塗りかけネイルのデザインです♪やわらかなピスタチオグリーンとホワイトやシルバーの組み合わせがおしゃれで大人っぽいです♡

出典:www.instagram.com(@nailsalon.luv)

メタリックなカラーと淡色でアートのような雰囲気の塗りかけネイルですね♡ベースが爽やかなカラーなのでカジュアルにもモードにも見える素敵なデザインです♪

出典:www.instagram.com(@nail.solana)

オレンジのシアー感がかわいいです♪ホイルネイルとオレンジというシンプルな配色に、塗りかけデザインがよりおしゃれさを引き立てますね♡

出典:www.instagram.com(@nailsalon.chico)

くすみカラーを組み合わせた塗りかけネイルのデザインです♡淡いカラーなので肌なじみが良くて、さり気ないおしゃれにもぴったりですね♪



塗りかけネイルはセルフネイル派におすすめ!

塗りかけネイルはセルフネイル派の方にぜひおすすめしたいデザインです♪例えばフレンチネイルや手描きアートのネイルなど、左右対称になっているデザインや凝ったデザインは、利き手に描くのが大変ですよね。筆者は右利きなので、左手を使って右手にアートを描くのは毎回苦労します。ですが塗りかけネイルは、ランダムで左右非対称になっている方がより雰囲気が出ます!またじっくりと塗るよりもささっと塗っていくほうがよりおしゃれになるのです!挑戦しやすいので、塗りかけネイルは時短ネイルしたい方にもおすすめです♪

塗りかけネイルとワンカラーデザインの組み合わせがおすすめ!

すべての指を塗りかけネイルにしてもかわいいのですが、ワンカラーと組み合わせるとよりおしゃれになります!例えば人差し指と薬指だけを塗りかけネイルにして、他の指はワンカラーにしてみましょう!こなれ感が出て大人っぽい仕上がりになります!またベースをワンカラーにして、その上から塗りかけネイルにするとより凝ったデザインに見えますよ♪







シンプルで大人っぽい塗りかけネイルの色の組み合わせは?

塗りかけネイルは1色で作ってもかわいいのですが、2色組み合わせるとよりおしゃれになるのでぜひ試してみてください!シンプルかつ大人っぽいネイルが好きな方は、ボルドーやネイビーなどダークカラーをメインに使いましょう!ボルドーにブラックを重ねたり、ネイビーにグレーを合わせるとシックで大人っぽい、おしゃれなネイルになります♪

かわいいくてこなれ感のある塗りかけネイルの色の組み合わせは?

かわいい雰囲気のネイルが好きな方は、ペールトーンとくすみカラーを合わせるのがおすすめです!今流行中のピスタチオグリーンにアイスブルーを合わせたり、サーモンピンクにレモンイエローを組み合わせてみてください!こなれ感がありつつもかわいいネイルに仕上がります♡

塗りかけネイルはおしゃれかつこなれ感も出るデザインです!セルフネイルでも気軽に取り入れやすいデザインなので、色々なカラーを組み合わせて楽しんでくださいね♡

ダサくならないセルフの塗りかけネイルを紹介

塗りかけネイルの基本である、グラデーションのように根元がクリアになっている作りが流行したのは2010年代なので、2020年代にそういったアートをすると、少し昔っぽく見えてダサいと感じる人もいるようです。また、あまりにも塗っただけな仕上がりではおしゃれに見えず、作りかけやネイルが剥がれているのを放置しているように見えるといった厳しい口コミもあります。せっかくトライしたセルフのネイルが、そんな風に見えたら悲しいですよね。そこで、今っぽい仕上がりを目指すためのアレンジポイントをご紹介します。

クリア感の強い仕上がりが今っぽい

マットな絵の具でベタッと塗ったような塗りかけネイルは、どちらかというとかわいらしいポップな印象になります。ポップなデザインが好きな方にはぴったりですが、トレンドを取り入れたスタイリッシュさを求めている方にはおすすめできません。おしゃれに仕上げるなら、地爪の色がわかるようなクリア感を残して、塗りかけ部分を少なくしましょう。

ベースコートやベースジェルを塗ったら、クリアになっているところがカラーで埋まらないよう少しだけ塗りかけアートをします。写真のようにランダム感がありながらも、色が塗られているのはほんの一部になるよう作っていきましょう。

ネイルはクリアな部分が残っているほど、手肌から浮かずに仕上がります。たくさんカラーを塗りたい気持ちを押さえて、クリア感が残る仕上がりを楽しみましょう。

シアーカラーでグラデーション風に

透け感のあるシアーカラーで塗りかけ部分を作ってみましょう。これは上記でご紹介したクリア感のあるネイルと同じですが、薄い色から濃い色になるようデザインすると、手肌から浮きにくいのです。塗りかけのアートだけ主張が強いと、ファッションに溶け込むようなネイルにはなりません。あくまでグラデーションネイルのアレンジ版といった仕上がりを目指してカラーを塗るのがおすすめです。

グラデーションが作りやすいのは透け感のあるカラーなので、自分好みのシアーカラーネイルをいくつか持っておくのがおすすめです。グラデーションの方向は、爪先の色が濃く、根元にかけて薄くなるのがベーシックですが、あえて反対に爪の根元が濃いグラデーションや、横にグラデーションを作っていってもかわいいですよ。ここで気をつけたいのが、ランダム感を意識して塗っていくという点です。どれも均一にグラデーションを作ってしまうと、塗りかけネイルというよりグラデーションネイルとして出来上がります。カラーに透明感があるとネイルがツヤツヤに見えるので、手元が華やかに見えるのも嬉しいポイントです。

にじみ感を活かした塗りかけネイルに

ベタッと塗ったカラーがはっきり残るような仕上がりよりも、マニキュアのトップコートやジェルネイルのクリアジェルを上手く使って、にじみ感をプラスした塗りかけネイルを作りましょう。以下ではマニキュアやジェルのやり方を説明します。

マニキュアのやり方

必要なもの
・ベースコート
・トップコート
・好きなカラーポリッシュ

やり方
①事前に爪の形や長さを整えておきます。甘皮ケアをして消毒用エタノールで表面を拭き取れば、仕上がりやマニキュアの持ちも良くなります。
②ベースコートを爪全体、爪先に塗って乾かします。
③表面が乾いたことを確認したら、トップコートを少しだけ量多めにして、爪全体に塗ります。
④トップコートが乾かないうちに、カラーポリッシュを爪の先端から爪の中央に向かって、ランダムに色を載せます。色数は多くても可愛いですが、2色くらいで作るとまとまりが出ます。
⑤カラーポリッシュのハケか、ネイルアート用の細筆を使って、載せた色をぼかしていきましょう。爪表面を触りすぎないように、軽く撫でるように筆を動かしてにじみをつくっていきます。④と⑤は手早く作っていかないと、マニキュアが乾いてしまうので注意してくださいね。色を濃くしたい、もっとにじみ感を出したい時はカラーポリッシュをもう一度爪表面に足して、筆で模様を作っていきましょう。
⑥好みの模様が作れたら、表面が乾いた後に、トップコートを塗って完成です。

ジェルネイルのやり方

必要なもの
・ベースジェル
・トップジェル
・好きなカラージェル
・ジェルネイル用の筆
・ジェルネイル用ライト
・消毒用エタノール
・コットン

やり方
①事前に爪の形や長さを整え、甘皮ケアを済ませておきます。サンディングの必要なベースジェルは、バッファーで表面が曇る程度にサンディングしておきましょう。
②ベースジェルを爪全体、爪先にも塗って、ライトで硬化します。
③トップジェルはワイプが必要なものを使ってください。トップジェルを爪全体に塗ります。少なすぎると上手くにじみが作れないので注意してくださいね。
④硬化していないトップジェルに、カラージェルを爪の先端から中央に向かってサッと色を載せていきます。その後色を載せた部分がにじむように、筆を引いて模様を作っていきましょう。にじみ感が足りない時はトップジェルを足していくのがおすすめです。
⑤好きな模様が作れたら、ライトで硬化します。2色以上のカラージェルを使う方は、硬化してから③~⑤を繰り返すと、色が濁らずに模様が作れます。
⑥最後にトップジェルを塗って硬化し、消毒用エタノールで未硬化ジェルを拭き取れば完成です。未硬化ジェル拭き取りを省きたい時は、最後のトップジェルだけノンワイプジェルを使いましょう。

マニキュアもジェルネイルも、クリアでカラーを滲ませるというやり方は同じです。ランダムにぼかすこと今っぽさがでます。トップコートトップジェルを塗る前に、ラメを上から散らすアレンジも、ネイルが華やかになるのでおすすめです。

塗りかけネイルの先駆けはローラさん!

塗りかけネイルは2014年くらいから流行りはじめ、2020年現在は定番デザインの1つとなっています。実はこの塗りかけネイルを流行らせた第一人者は、タレント・モデルとして活躍しているローラさんで、2014年にローラさんがInstagramで赤の塗りかけネイルの写真をアップし、話題になったのがきっかけです!ローラさんは日本ネイリスト協会が選定している、ネイルが最も似合う著名人の賞「ネイルクイーン」を2011年から3年連続で受賞され、殿堂入りしているほどネイル好きの芸能人です。現在もインスタに自身のネイル写真をアップしており、最近はホワイトのワンカラーネイルや、シアーなベージュのワンカラーネイルなど、シンプルなネイルをされていることが多いです。ローラさんがインスタにアップされているファッションの写真はとてもシンプルで、カジュアルかつモードな雰囲気のものが多いので、それに合わせるためにネイルもシンプルにされているのかもしれません。またローラさんは現在アメリカのロサンゼルスに住んでいます。アメリカでは派手なネイルアートをしている人は少なく、シンプルなワンカラーのネイルをしている人がほとんどです。地域性もあってシンプルにされているのかもしれませんね。ローラさんのネイルは日本からも、そして海外でも注目されているので、ぜひインスタをチェックしてみてください♪








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント