手の甲にシミが突然できた!おすすめケア方法は?外側・内側からシミにアプローチ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、ポイントメイクなど、顔はメイクによってシミやクマ、ニキビ跡など気になる部分をカバーできます。ですが手の気になるシミやシワをメイクによってカバーしている人は殆どおらず、塗っているとしても日焼け止めだけではないでしょうか。そして手洗いによって日焼け止めは落ちやすく、衣服で手はカバーされないので、紫外線に晒されやすい部分です。紫外線を浴びてしまうとシミができやすいというのは周知の事実ですが、ある日突然手の甲にシミができていたら、目立ちますしショックですよね。ではシミができる原因には、紫外線以外にどんなものがあるのでしょうか。今回は、手の甲にシミが突然できる原因と、ケア方法をご紹介します。そして長期化するシミにはそれに相応しいケアがあります。今回の記事で、しつこいシミにとっておきの、飲む美白成分もご紹介したいと思います。

手の甲にシミが突然!原因は?

シミといえば顔にできるものを思い浮かべますが、手や足など身体の様々なところにできる場合もあります。そもそもシミには様々な種類があり、紫外線が原因でできるシミ、傷跡ややけどが原因でできるシミ、茶色い痣、ホクロ、皮膚の老化などに分類されます。以下では、主に手にできるシミの種類2つと、できる原因をご紹介します。

・紫外線が原因のシミ
最も一般的なシミが、紫外線を元に作られる「老人性色素斑」というものです。老人性色素斑は日焼けのように突然肌が変化するわけではなく、いままで浴びてきた紫外線からメラニンが生成され、少しずつシミとなって現れるものを指します。そのため10~20代などの若い人にはあまり見られませんが、30代以降になると気になり始める人が増えてきます。

・傷、やけどが原因のシミ
傷ややけどなどが原因となってできるシミが「炎症後色素沈着」です。肌は傷がつくと炎症が起こり、炎症から肌を守るためにメラニン色素が作られます。通常はターンオーバーとともにメラニン色素も減りますが、メラニン色素を作られる量が多ければ多いほど肌に残ってしまい、シミにとして目立ち始めます。

手の甲にシミができたときのケア方法

手の甲にできてしまったシミをすぐに消すには、顔と同じくレーザー治療などが必要になります。シミ対策や美白用の化粧水やクリームといったスキンケア商品は、使い続けることで効果を発揮するものなので、すぐシミが消えるわけではありません。また傷などが原因のシミは、ターンオーバーで自然と消えることがありますが、紫外線が原因のシミはできてしまったら自然と消えることはありません。シミのセルフケアは、手も顔もまずシミができないように対策を行い、美白に導く成分の入ったスキンケア商品を長く使うようにしましょう。以下のような対策・ケア方法を参考にしてください。

・日焼け止めをこまめに塗る
・日陰を歩く、日傘を使う、日焼け防止グローブを使うなど、紫外線に当たらないように工夫する
・ビタミンC誘導体の配合されたスキンケア商品を使って、顔と同じように手もケアを続ける
・日常生活で必要な栄養をバランス良く摂る
・充分な睡眠を取る







頑固なシミはどうしてできるか

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織の3層から成っており、表皮の一番下部にある基底層で新しい細胞が作られています。できた細胞は表皮の一番上にある角質層へと押し上げられ、4週間かけて古い角質と入れ替わります。これがターンオーバーです。またメラニンを作るメラノサイトがあるのも基底層で、できたメラニンは通常はターンオーバーによって古い角質とともに排泄されます。しかし繰り返される紫外線ダメージで基底層が損傷を受けると、作られたメラニンが基底層のすぐ下にある真皮に落ち込んでしまうことがあります。真皮は新陳代謝しませんから、こうなってしまうとメラニンが定着し、頑固なシミとなって残ってしまうのですね。では、真皮内のシミはどうすれば除去することができるのでしょうか?

化粧品だけでシミは消えない?

「最先端テクノロジーでナノ化された成分が、肌の奥まで浸透する。」こういう表現は、最近の化粧品によく見かけます。しかしこの「肌の奥」とは、表皮の「角質層の奥」という意味なので、美白作用も角質層止まりということになります。つまり化粧品では、「角質層に」美白成分を浸透させてメラニンを薄くしたり、新陳代謝を活性化して垢と一緒にメラニンを排除する、といったことしかできないのです。ですから真皮内のメラニンをとるには、外側からではなく、内側から働きかける必要があるわけです。

内側からシミに効く美白成分

シミに働く美白成分は大きく分けて2種類あり、一つはメラニン生成を抑制するシミ予防タイプ、もう一つはできたメラニンを薄くする還元タイプです。前者にはアルブチン、コウジ酸、リノール酸、トラネキサム酸などのほか、多くの化粧品メーカー独自の美白成分があります。後者にはハイドロキノンやビタミンCがあり、これらは前者の働きも併せ持っています。ほかに、新陳代謝を活発にしてシミ排出を促進するタイプとして、プラセンタやレチノール、トレチノインがあります。このように見てくると、真皮内にできてしまったシミには「還元タイプ」の美白成分がよく、しかも内服できるものというと、ビタミンCということになります。

ビタミンCを飲んでシミ還元

シミ取りには1日2000mg以上摂るとよいといわれています。水溶性のビタミンCは体内での滞留時間が短いので、効率的に働かせるには数回に分けて摂るといいですね。また酸味が強く胃を荒らしやすいので、食後に摂るようにしましょう。

まとめ

長らくシミで悩んでいる方で、美白の努力をしていない人はいないのではないでしょうか。しかし評判の美白化粧品を使っても、「このシミだけはどうしても消えない」というなら、それは真皮のシミである可能性が高いのです。そんな方は一度、飲んで内側から美白するという別のアプローチを試してみてください。手にできるシミも顔にできるシミもしっかり対策とケアをして、シミが気にならない肌を目指しましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント