手の毛穴を隠すには?温める毛穴ケアでたるみ毛穴を防ぎたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルや手はふとした時に自分の視界に入りやすいパーツで、他人からも見られることが多いです。ネイルケアやハンドケアにこだわったり、ジェルネイルやマニキュアでおしゃれを楽しんでいる人もたくさんいます。ネイルによるきれいな爪も大切ですが、手の毛穴ケアはしていますか?せっかくネイルがキレイでも、手の毛穴が目立っているとおしゃれに見えません。そこで今回は、手の毛穴が目立つ原因や、隠し方、ケア方法をご紹介します。そして手だけでなく、顔の毛穴も気になるという方は多いのではないでしょうか。毛穴ケアというと、汗や皮脂分泌が盛んになる夏に重点的にケアすべきと思いがちです。ところが意外にも、夏以上に毛穴が目立つのは冬なのです。さらに冬にはたるみ毛穴という落とし穴も存在します。今回の記事で、なぜ毛穴は冬が危険なのか。そして、たるみ毛穴を作らないケア方法についてもご紹介します。

手の毛穴が目立つのはなぜ?

手の毛穴はいつの間にか目立っているということが多いです。原因にはどんなものがあるのでしょうか。

紫外線

紫外線は肌を老化させる原因の一つです。肌が焼けるだけでなく、しわやたるみ、毛穴の開きなども引き起こすのです。手は体の中でも紫外線が当たりやすいパーツなので、日焼け止めクリームを塗るなど、こまめな対策を取りましょう。

乾燥

ハンドクリームやネイルオイルは身近な保湿剤ですが、1日1回程度しか塗っていないという方もいるのではないでしょうか。手肌は作業や手洗いの度に乾燥するパーツなので、十分に保湿する必要があります。

カミソリや毛抜でムダ毛処理をしている

手の甲にあるムダ毛を、カミソリや毛抜で処理していませんか?カミソリや毛抜でのムダ毛処理は皮膚の表面が傷つきやすく、毛穴が開く原因になります。

手の毛穴を隠す応急処置とケア方法

今すぐにでも手の毛穴を隠したい、一時的にキレイに見せたいという方はリキッドファンデーションやBBクリームを薄く塗るのがおすすめです。パウダーファンデーションやクリームファンデーションはカバー力がありますが、よれやすく崩れやすいのであまりおすすめできません。ナチュラルなリキッドファンデーションやBBクリームを少量指に取り、重ね塗りをしないように塗りましょう。その後フェイスパウダーをはたくと、崩れやベタつき防止になります。







手の毛穴ケアはこまめな保湿が重要

隠すだけでなく、毛穴の目立たない手にしたいという方は、とにかくこまめに保湿を行うようにしましょう。手を洗ったらすぐに保湿というクセをつけて、1年以上続けてみてください。筆者は実際に手を洗ったら保湿というクセをつけて2年以上経っていますが、もともと気になっていた手の毛穴が、かなり目立たなくなりました。こまめに、そして継続してケアすることが最も大切です。

冬の毛穴トラブルの原因

冬の毛穴トラブルの主な原因は、乾燥と寒さにあります。まずは乾燥と寒さが及ぼす、毛穴への影響を見てみましょう。

1.乾燥
冬のファンデのノリが悪いのは、カサつきやキメの粗さのせいばかりではありません。化粧ノリが悪くなるのは、乾燥で水分不足となった肌が萎縮し、毛穴が浮き出てくっきり目立ってしまうからなのです。さらに乾燥は過剰な皮脂分泌を招き、毛穴を詰まらせます。

2.寒さ
寒さで血液循環が悪くなるため、肌の代謝が低下し、剥がれ残った古い角質が毛穴を塞いで角栓を作りますこのように、冬は毛穴を広げてしまう条件が揃っています。毛穴広がりが常態化すると、「たるみ毛穴」、そして毛穴と毛穴が繋がって「帯状毛穴」に発展します。

冬こそ力を入れたい毛穴ケアのポイントは、以下のとおりです。

・毛穴の汚れをきちんと落とす
・血行を促進する
・肌を乾燥させない

この条件を満たしてくれるのが、今話題の「ホットクレンジング」です。

ホットクレンジングのメリット

ホットクレンジングの最大の特徴は、30秒~1分ほど肌に乗せて馴染ませているうちに、ジワーっと温まってくることです。この温め効果が、冬の毛穴ケアに最適なのです。

・毛穴汚れがスッキリ
温めることで毛穴を開き、毛穴に入り込んだファンデや不要な皮脂を溶かし出して、無理なくキレイに落とすことができます。

・肌の代謝アップ
温熱効果で血行がよくなるので、肌の代謝が活発になり、毛穴塞がりを防ぐことができます。

・潤いを奪わない
メイクの油分を落とすには、強力な界面活性剤が必要です。そのため、肌の必要な皮脂まで奪ってしまいがち。クレンジングで肌が乾燥するのは、このためです。しかしホットクレンジングの多くは、石油系の合成界面活性剤ではなく、植物性の天然界面活性剤を使用しているため、必要な潤いを残しながらクレンジングができるのです。







温かくなるのはなぜ?

そもそも、ホットクレンジングで肌が温かくなるのはなぜなのでしょうか。それは「グリセリン」の働きによるものです。グリセリンには、水と混じりあうと水和熱を生じる性質があります。このため肌表面の水分に反応し、温かくなるのです。またグリセリンは、化粧品一般によく配合されている、代表的な保湿成分。ホットクレンジングには、このグリセリンがたっぷり使われています。ですから、きちんとメイクを落としながらも保湿性が高く、乾燥の心配なく使えるというわけです。さらにグリセリンには柔軟作用があり、これが角質層を柔らかくするので、より汚れが落ちやすくなります。因みにグリセリンには、石油由来の合成のものと、ヤシ油やパーム油由来の天然のものがあります。化粧品に配合されているは天然グリセリンなので、より安心して使えるというわけです。

クレンジング後の洗顔は必要?

メイクをした以上、クレンジングは欠かせません。しかしその後の洗顔は、果たして必須なのでしょうか。クレンジングも洗顔も、肌の汚れを落とすのは同じですが、落とす対象が違います。

クレンジング:メイクの油分を落とす
洗顔:肌の余分な皮脂や古い角質を落とす

スキンケアの美容成分は、全ての汚れが洗い流された肌に使うからこそよく浸透し、効果的に働きます。ですから、「ダブル洗顔」はこの意味で必要といえますが、肌質によってはNGのこともあります。ダブル洗顔がオススメできないのは、もともと乾燥肌、敏感肌の人です。ダブル洗顔は、当然肌への摩擦や洗浄成分の負担が増えます。特に二度の洗浄作業は必要な皮脂まで奪い、バリア機能の回復力が低下してしまうのです。乾燥が強い人は、クレンジングでメイク油分をしっかり取った後は、古い角質汚れの洗浄は翌朝の洗顔に委ねましょう。

まとめ

ホットクレンジングは、毛穴効果だけではありません。

・目の下のクマが改善された
・頬のたるみが減った
・小顔になった

優しいマッサージを加えることで、こんな効果まで報告されています。さらに多くのホットクレンジングには、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分や美白成分もたっぷり配合されています。今やクレンジングはメイク落としというより、美肌ケアの一環なのです。20代~50代の女性480人に対する調査によると、2人に1人が、毛穴ケアに大事なことは「クレンジングと洗顔」と答えています。特に温熱効果が加わったホットクレンジングは、最強の毛穴ケアと言えるのではないでしょうか。老け度をぐんと上げる「たるみ毛穴」は、冬のホットクレンジングで予防していきましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント