ジェルネイルのオフは薬局で道具が買える?セルフでも簡単に落とせるアイテム | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイル、セルフでオフできますか?「忙しくてネイルサロンに行けない」「行きたいサロンや担当のネイリストとの予約が合わない」「付け替えはしたくないからネイルサロンに行くのはちょっと・・・」という人も多いのではないでしょうか。確かに、世の中に数多くのネイルサロンはあれども、予定が合わなければネイルサロンに行くことは難しいですよね。行きつけのサロンがあるなら、他のサロンに行くのもためらってしまいます。なにより、オフをしたらジェルネイルやマニキュアを付ける予定がないときは、サロンでオフのみのメニューを予約することになります。オフだけでネイルサロンに行くのはなんだかもったいないと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、マニキュアならともかく、ジェルネイルはオフの仕方が特殊で、知識がない状態でオフをするとうまく取れなかったり、地爪が傷んでしまうことだってあるのです。また、オフしないまま伸ばしてしまうと、ジェルと爪の隙間から爪の病気になったり、服にひっかかって爪が折れてしまったりとかなり危険です。これを機にジェルネイルオフの仕方を覚えておきましょう!今回はジェルネイルのオフをするための道具は薬局でも購入ができるのか、ジェルをオフしないままにすると危険な理由についてご紹介します!

ジェルネイルのオフは薬局で道具が買える!

忙しくてなかなか時間が取れず、ジェルネイルのオフや付け替えができないという方は意外と多いです。しかし、自分の爪は丈夫だし、つけっぱなしでもいいか・・・と放置したり、ジェルがめくれてきたから無理やり剥がしちゃおうとするのはNGです!放置して伸ばしている爪は折れやすくなっていますし、ジェルを無理やり剥がしてしまうのは地爪の表面も傷つけてしまうので、爪が薄く弱い状態になってしまいます。爪が伸びてきてジェルと爪の間に隙間ができたり、ジェルが欠けてきたら、早めにジェルネイルをオフしましょう!ジェルネイルのオフの道具は、ネイル関連の化粧品を扱っているドラッグストアでも購入ができます。以下で詳しく解説します!

セルフでジェルネイルをオフする時に必要な道具

ほとんどのネイルサロンやセルフネイルで使われているジェルは「ソフトジェル」という種類に当てはまります。溶剤を使って落とすことができ、軽いつけ心地が特徴的です。近年は完全にジェルをオフせずに一層残しで付け替える「フィルイン」が流行していますが、フィルインの施術を受けている場合は「セミハードジェル」や「ハードジェル」を使っているかもしれません。セミハードジェルは溶けにくいものの溶剤を使って落とすことができます。しかしハードジェルとなると溶剤を使っても溶けないのです。オフをするには、ファイルやネイルマシンを使って削り落とさなくてはならないので、知識がない人がセルフでオフをするのはおすすめできません。

ネイルサロンで施術してもらったジェルがどの種類なのかわからないという方は、ネイルサロンに問い合わせることをおすすめします。オフをしようと思って溶剤を買ったのに、いざはじめてみたら溶剤で溶けない・・・なんてことになりかねませんし、自分でオフがしきれずに結局ネイルサロンへ駆け込むといった事態になるかもしれません。

以下では、ソフトジェルをセルフでオフするために必要な道具をご紹介します。これさえあればジェルネイルオフがセルフでできますよ!

ジェルリムーバー

ジェルリムーバー、またはジェルオフリムーバーなどの名前で販売されています。ジェルを柔らかくして落とすために必要な溶剤です。主成分はアセトンというもので、マニキュアを落とす時に使う除光液やマニキュアリムーバーにも含まれています。それなら持っている除光液でもいいのでは?と思われるかもしれません。ですが通常の除光液はアセトンの割合が低く、ソフトジェルを柔らかくして溶かす力がとても弱いのです。

ジェルオフをする時はジェルリムーバー、またはジェルオフリムーバーという商品名で、説明書きに「ジェルをオフできる」と書いてあるものを購入しましょう。

ネイリストのおすすめポイント:ドラッグストアで取り扱っていることが多いのが、ディーアップのリムーバーです。ネイルポリッシュリムーバーという名称ですが、ソフトジェルもきれいにオフができます。大容量なのでセルフネイラーの方にもおすすめ。

ネイリストのおすすめポイント:プロユース仕様の商品なら、アセトンの割合が高いです。シャイニージェルのジェルリムーバーはアセトン100%なので、非常にスピーディーにオフが完了します。

アルミホイルとコットン

コットンにジェルリムーバーを含ませて、アルミホイルで指先ごと包んで密閉することで、ジェルに溶剤が浸透します。アルミホイルとコットンはどんな種類、大きさでもOKです。家にある物を使っても大丈夫ですよ。コットンは爪を覆うくらいの大きさに、アルミホイルは指先を包んで巻けるくらいの大きさに切りましょう。アルミホイルをカットするのが面倒な時は、お弁当のおかず入れに使うアルミカップを購入するのもおすすめです。ちなみに、最近はアルミホイルにコットンがくっついている、ジェルオフ用の商品も販売されています。それぞれを用意するより割高ですが、細々と用意する手間がはぶけますよ。

ネイリストのおすすめポイント:ちょうど良い大きさにカットされているアルミホイルに、コットンがついている商品です。こちらのコットン部分にジェルリムーバーやアセトンを含ませて爪に巻き、しばらく時間を置けばジェルがオフできる状態になります。

ネイリストのおすすめポイント:こちらの商品はリムーバーがすでに含まれているタイプです。封を開けて爪に巻き付ければOKで、よりスムーズにジェルネイルのオフができます。

ファイル

アクリルファイル、ゼブラファイル、ウォッシャブルファイルとも言います。見た目は爪やすり(エメリーボード)に似ていますが、爪やすりは自爪を短くするもので、ファイルはジェルネイルやアクリルネイルなどを削るためのものです。ジェルはエメリーボードでも削れないことはないのですが、すぐに目が詰まってしまうので、やはりファイルを用意することをおすすめします。

店頭にファイルがいくつか置いてある時は、目の粗さをチェックして選びましょう。ファイルをはじめ、やすりの目の粗さはG(グリッド)という単位で表します。数字が小さいほど目が粗く、数字が大きいほど目が細かくなっています。ジェルをオフする時は150G前後のファイルが使いやすいです。これよりグリッド数が大きいとなかなか削れなくて時間がかかりますし、これより小さいグリッド数だと逆に削りすぎて地爪まで削ってしまう可能性が高いです。

そして、グリッド数の記載がないものは、「ジェルネイルのオフができる」と書いてあるファイルを買いましょう。ちょうどよいものがなければ、通販サイトで購入するのがおすすめです。

ネイリストのおすすめポイント:ジェルオフの際にジェルを削りすぎて、地爪の表面まで削ってしまっては大変です。爪に優しく落とせるようにファイルは150Gや180Gの物を用意しましょう。慣れてきたら100~120Gのファイルにすると、より時短でオフができます。

ネイリストのおすすめポイント:ジェルネイルのオフに使うファイルだけでなく、地爪の長さ形を整えるエメリーボードや、爪をピカピカに磨くシャイナーもセットになっています。

ウッドスティック

オレンジスティックとも言います。ジェルリムーバーによって柔らかくなったジェルをこそぎ落とすために使います。ウッドスティックは薬局でも売っているお店が限られるかもしれません。最近は100円ショップやロフト、東急ハンズなどのバラエティーショップでも売られているので、そちらで探してみてください。ウッドスティックを使うときは力を入れずに、柔らかくなったジェルを軽く擦り落としてください。力を入れてしまうと怪我をしたり、爪を傷つけてしまうかもしれないので注意してくださいね。

この他にもプッシャーやバッファーといった道具があるとより便利ですが、薬局で売っていないことも多く、ジェルネイルのオフだけなら、上記の道具だけでOKです!
通販サイトなら、オフに使うための道具がセットになっている商品も売られているので、予め持っておくと安心です。

ネイリストのおすすめポイント:必要なものが一式揃っており、オフの仕方も簡単にですが説明書が付いています。これを機に何度かオフにトライしたいという方にもおすすめ。

ネイリストのおすすめポイント:基本的なオフのセットに加えて、ネイルオイルも一緒になっています。オフのあとはアセトンで指先が乾燥してしまうので、オイルとハンドクリームでしっかり保湿しましょう。







ジェルネイルがついたまま放置すると危険!

ネイルサロンに行けないからと、ジェルネイルがついたまま放置してしまうと危険です!

グリーンネイルになるかも

グリーンネイルとは、爪に緑色のカビのようなものが生えてしまう症状を指します。爪とジェルネイルに隙間ができていて、手洗いやお風呂などで隙間に水分が入るとそこから緑膿菌が繁殖してしまうことがあります。湿気の多い梅雨の時期も緑膿菌が増えやすいようです。グリーンネイルになってしまうと、治るまで、もしくはその部分が伸びて爪が切れるまでジェルネイルはできません。ネイルサロンではグリーンネイルになっている場合は施術を断られてしまいます。なぜかというと、グリーンネイルのまま放置して、さらにジェルをつけ直したり、マニキュアを塗るとグリーンネイルが悪化し、爪甲剥離症という別の病気を引き起こす可能性があるのです。ジェルネイルと爪に隙間ができたと感じたら、すぐにオフするようにしましょう。

ひっかかって皮膚や服を傷つけるかも

ジェルネイルがついた爪を伸びたまま放置すると、ジェルの部分から少しずつ欠けてきます。欠けた部分は鋭利なので、皮膚を触った時に傷つけたり、服を引っ掛けやすくなってしまいます。自分の皮膚や服だけでなく、他の人の皮膚や服も傷つけてしまうかもしれません。ジェルが欠けてきた場合も早めにオフしましょう。

ジェルと爪が折れてしまうかも

ジェルネイルはおおよそ3~4週間前後の持ちと考えられているので、それ以上の期間を放置すると耐久性がだんだん低くなります。ジェルが付いていることにより固くカバーされている爪でも、少しずつ負荷がかかってジェルと爪が折れてしまうこともありえます。特に長い爪で生活することに慣れていない人は、ふと指先を使おうとした時に力が入って折れてしまいやすいです。爪が伸びてきて生活しづらいな、と思ったらジェルをオフしてくださいね。

どうしてもオフする時間がない、できない場合は?

オフする時間が確保できなかったり、自分でオフするのはちょっと怖い・・・という人は、伸びてきた爪をジェルごと爪切りで切ったり、爪やすりで短くしましょう。
ジェルネイルがついたまま爪を伸ばして放置するのは様々なトラブルの原因になるので注意してくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント