指と手の甲は脱毛するのが常識!?顔がくすむ!原因がうぶ毛にあるってホント? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

女性にとって脱毛することは、見出しなみの一つとして常識ですよね!腕やスネ、ワキは毛も太く、処理をしないと人目に触れるので、特に薄着の季節の脱毛は必須になります。しかし、実は一年を通して人目に晒されているムダ毛があります。それは手のムダ毛です。指や手の甲に生えている毛は大した量ではありませんが、毛穴が確認できるほどしっかりとした毛になります。そのため、たとえ少量でも自分が思っている以上に指や手の甲の毛は目立ち、人から見られています。またワキやスネと違い、手は、アクセサリーを付けたりネイルしたりと、一年中おしゃれを楽しむパーツでもあります。指や手の甲の毛こそ、本来は常にむだ毛の意識をしておいた方がいい箇所だと思いませんか?また、スベスベした透明感のある白い肌。女性ならそんな肌に憧れますよね。20代~60代の女性1000名を対象にしたインターネット調査でも、「美肌の条件」としてトップに挙げられたのが「キメが細かい」の49.1%、次いで「シミがない」44.1%、「くすみがなく透明感がある」41.7%でした。しかし、スキンケアもメイクも頑張っているのに、どうもザラついて、ツヤのないくすみ肌から抜け出せない…そんな悩みはありませんか?その原因は「うぶ毛」かもしれません。今回は、手と手の甲に生えているムダ毛のイメージ、また透明肌に生まれ変わるうぶ毛の上手な処理方法をご紹介します。

指と手の甲は脱毛しよう!

ネイルもメイクも素敵でどこから見ても完璧な女性の手に、ちょろちょろと毛が生えていたらどうでしょうか・・・?なんとなく残念な感じがしますよね。ネイルサロンに来店されるお客様でも、このような女性はとても多いです。せっかくネイルサロンに来ているので、そんな時は上手にお伝えし、サッと軽く処理します。このように手に毛の生えている人は、気が付いていないか、そもそも指や手の甲の毛を処理するという意識がなかったという人がほとんどです。指先まで意識を向けている人でも油断しがちな、指や手の甲に生える毛ですが、厄介なことに他人からは非常に目立つ存在です。そして不思議と指や手の甲に毛が生えているだけで、たとえ元から全身ツルツルだとしても「毛深い人」という印象になります。不本意なイメージを避けるためにも、指や手の甲の毛は意識して処理することをおすすめします。

うぶ毛が顔をくすませる?

うぶ毛は目立たないからと、ついケアを忘れがちではありませんか?では現代女性の顔のうぶ毛処理の実態はどうでしょう。「ムダ毛処理している部位は?」という質問をしたとある調査では、女性の70.6%が「顔のうぶ毛」と答えており、59.2%の「腕」、57.9%の「足のすね・もも」を超えて1位という結果でした。しかし「顔のどこのうぶ毛を処理しているか」では、最も多いのが「鼻の下」の49.5%、そして「眉」の41.7%、「口周り」の35.3%となり、どうやらうぶ毛を剃るのは、ヒゲ処理が目的という女性が多いようです。しかしヒゲ化することからも分かるように、うぶ毛の実態は「黒い毛」です。つまり、細いから気づかないだけで、うぶ毛は明らかに肌のトーンを全体的に黒っぽくし、くすませているのです。







顔剃りのメリット

白色人種の欧米人のうぶ毛は、金色がかった淡色でむしろ肌を明るくしてくれますが、メラニンの濃い日本人にとってうぶ毛は厄介な存在です。もし顔全体のうぶ毛を処理した場合、どのような効果が期待できるでしょうか。

うぶ毛を処理すると良い理由

・肌がワントーン明るくなる
・剥がれ残った古い角質も同時に除去できる
・肌のゴワツキがとれ滑らかになる
・美容成分の浸透がよくなる
・メイクののりがよくなる
・ターンオーバーを促進し肌がイキイキしてくる

このような様々なメリットがあります。また、うぶ毛処理した後の肌は、水分量や油分量、明るさがアップする効果が期待できます。まず即効で効果を感じられるのは、ファンデーションのフィット感です。密着を邪魔していたうぶ毛と古い角質がとれるので、ファンデが肌にピッタリと密着し、ツルンとしたツヤ感のある肌に仕上がります。

顔剃りのやり方

では、顔剃りのやり方をお伝えします。顔剃りにはカミソリの刺激が伴い、さらに頻繁に行って角質をとり過ぎてしまうと、肌トラブルを起こすことがあります。これを防ぐには、以下を守りましょう。

顔剃りで注意すること

・剃る前に必ずクリームを塗る
・そり終わった後は普段以上に保湿をしっかりする
・頻度は3週間に1回程度にする(うぶ毛のヘアサイクルは約3週間のため)
・肌が敏感になる生理前は避ける

剃り方

・クリームはうぶ毛の流れと逆方向に塗り、しっかり馴染ませる
・剃る方向は、毛の流れに沿っていく
・剃る方向と逆方向に皮膚を引っ張りながらやると剃りやすい

因みに、うぶ毛処理直後の石鹸洗顔はやめましょう!どんなに優しく剃っても肌は敏感になっているので、剃った後は蒸しタオルなどでクリームを優しく拭き取り、しっかりと保湿して下さい。

顔剃りのアイテム

顔剃り用カミソリ

顔専用のカミソリは横滑りや深剃りを防ぐ設計になっているので、安全に剃ることができます。立体的で細かい造りの顔を剃るのには、T字型よりL字型カミソリが適しています。ポイントは軽く滑らせるように動かすことです。

電動フェイスシェーバー

刃先を丸くした安全設計で、極薄のステンレス刃が2枚でうぶ毛を挟み根元からカットするという仕組みです。

音波振動フェイスシェーバー

うぶ毛用に設計された刃が1秒に100回という振動で円運動し、肌に優しく、しかしうぶ毛はしっかり処理します。

シェービングサロン

時には、理容院や女性専用のシェービングサロンなど、プロの手を借りるのもおすすめです。肌を傷めたり剃り残しがあるなど、自分ではやりがちな失敗もなくリラックスしながらツルスベの透明肌にしてもらえます。

光脱毛

エステサロンでの光脱毛もおすすめです。毛の濃さなどにより変わりますが、通常10回程通うことで顔の産毛が生えてこないようになり、お手入れの必要がなくなります。最近は脱毛専用のサロンも増え、気になる料金もだいぶお手頃な金額になっています。お手入れの手間をかけたくない方は、検討してみるのも良いかもしれません。

まとめ

指や手の甲は本人が想像している以上に人から見られています。そして、そこにムダ毛があるだけで、イメージが悪くなってしまうこともあります。特にネイルをしている人は、より手先に視線が集中します。むだ毛の処理も指先まで意識しましょう!また、日本女性の5人に1人はうぶ毛を処理していないそうです。もしまだ剃ったことがない人がいれば、一度うぶ毛処理をしてみてください。くすみの取れた肌のツヤと透明感、そしてツルツルの手触りにきっと驚くかもしれません。肌を傷めないよう注意点をよく守り、接近戦も怖くない、スベスベの明るい肌を目指しましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント