ネイルの成分が安心の野菜由来!今大人気のマニキュア知ってる?&夏野菜のパワーで老け対策! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

近年、美容用品でも環境に配慮したものや有害物質を含まないものなど、人にも地球にも優しい商品を選ぶ人が多くなっています。ネイルも例外ではありません。誰もが安全に安心してネイルを楽しむために、体に有害といわれている物質をできるだけ野菜などから取るなど、自然由来の成分で作られているマニキュアがあります。ただ、このようなオーガニックのマニキュアは、ナチュラル系ショップやオンラインストアでしか買うことができず、一部のオーガニックコスメ好きの間でしか使われていませんでした。しかし近年、Ron Herman(ロンハーマン)など、人気のセレクトショップでも取り扱われるようになり、広く注目されるようになりました。そして意識の高いおしゃれ女子の間で、「ネイルをするなら爪にも環境にも優しいものがマスト!」として、今では植物由来のオーガニック系マニキュアは人気が急上昇しています。また毎年夏になると、体力の消耗や強い紫外線で、髪や肌が枯れぎみになっていませんか?それは、野菜不足のせいかもしれません。ある調査によると、家庭をもつ20~59歳の女性1200人に行った調査では、67.0%もの人が「夏は十分野菜を食べていない」と答えています。夏は意外に野菜がとれていない季節なのです。そしてほとんどの人は、自分の野菜不足に気が付いていません。しかしそのままにしておくと、夏の日差しに疲れきった肌や髪はどんどん枯れていき、夏が終わる頃にはツヤのない老け込んだ印象になってしまいます。それを食い止めてくれるのが夏野菜です。今回はネイルの成分が安心の野菜由来のマニキュアと、夏野菜の秘めたるパワー、そして野菜不足解消の美味しいレシピをご紹介します。

野菜由来のマニキュアってどんなの?

長年マニキュアをしていると、爪に筋が入ったり黄ばんできたりとダメージが気になりますよね。それは、マニキュアに含まれている成分と、落とす度に使う除光液が原因であることが多いです。そこで近年ネイル業界では自然由来の成分にこだわった、爪に優しいマニキュアがとても注目されています。その中で代表的なものは、パリ発のナチュラル系ブランド「manucuris green(マニキュリスト グリーン)」のナチュラルネイルカラーです。以前は一部のナチュラル系ショップやオンラインストアでしか手に入れることができませんでした。しかし、現在その品質の良さやおしゃれなパッケージ、またカラーバリエーションの豊富さから、有名セレクトショップでもこぞって取り扱いを初め、とても購入しやすくなりました。この「green」はジャガイモ、トウモロコシ、サトウキビ、小麦などの野菜を使った植物由来の成分が全体の80%を占めている、人と環境に優しいマニキュアです。他にも、爪へのダメージが最も心配される除光液は100%植物由来という徹底ぶりで、乾燥や黄ばみの原因となるアセトンや酢酸エチルを一切使わずにマニキュアを落とすことができます。またココナッツオイルの配合により、爪が乾燥することなく、長く安心して使い続けることができます。自然の恵みを活かしたネイルカラーで、爪へのダメージを気にすることなく、いつまでも健康的にネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏パワーの源は夏野菜だった!?

スタミナのつく食材を意識して食べているのに、なんだかパワーが出ない・・・。それは野菜不足のせいかもしれません。実は、夏野菜は栄養価の高さがピカイチなのです。強い紫外線に晒される夏野菜には、ビタミンやミネラルはもちろん、老化防止に威力を発揮する抗酸化成分がたっぷり含まれています。







主な栄養素

・トマトやピーマン、カボチャといった緑黄色野菜の「β-カロテン」
・トマトの「リコピン」
・ナスの「アントシアニン」

その他の栄養素

・ピーマンの「ビタミンC」
特に赤の完熟ピーマンのビタミンCは中1個で60mgもあり、1個半も食べれば1日の推奨量100mgが摂れてしまいます。またピーマンやゴーヤのビタミンCは、熱に壊れにくいのも嬉しいですね。

・ナスやキュウリ、トマトに豊富な「カリウム」
むくみの解消に効果的です。

・オクラやモロヘイヤの「ムチン」
免疫力アップに繋がります。

また夏野菜の「ビタミンB群」や「ミネラル」は、エネルギー代謝を促進してくれます。これら栄養素の総合力で、夏野菜は夏バテ防止に力を発揮します。

夏野菜を鍋にしてたくさん食べよう

夏に野菜不足になる大きな理由は、暑さで加熱調理が減るということです。だからといってサラダなどの生野菜では、たくさんの量は食べられません。そこで、おすすめなのが夏野菜を使った鍋料理です。では夏にピッタリのお鍋レシピをご紹介します。

トマト鍋

・材料(2人前)
カットトマト缶 1缶
ナス 中2本
ピーマン 1個
ズッキーニ 2分の1本
タマネギ 1個
キャベツ 3分の1玉
ミニトマト 適宜
豚ばら肉 適宜

・調味料
水 300cc
固形コンソメ 2、3個
トマトケチャップ 大さじ3杯
オリーブオイル 適宜
鶏がらスープの素 適宜
塩コショウ 適宜

野菜は好みのサイズに切り、ナスはフライパンで揚げ焼き、豚ばら肉は湯通しして脂を落としておく。

作り方

①土鍋にトマト缶と水を入れ、火にかける。
②温まったらコンソメを入れ、火を止めてケチャップを入れる。
③材料を入れてオリーブオイルを振りかけ、柔らかくなるまで煮込む。
④最後に、塩コショウ、鶏がらスープの素で味を整えて出来上がり。

暑い時はやっぱり冷製夏野菜

夏野菜がたっぷりとれる鍋ですが、やっぱり夏は野菜も冷たくして食べたい!という方には、疲労回復効果抜群の冷製夏野菜レシピをご紹介します。

冷製カポナータ

・材料(2人前)
ナス 中1本
パプリカ 赤、黄色各2分の1個
ズッキーニ 4分の1本
タマネギ 4分の1個
セロリ 4分の1本
ニンニク 1片

・調味料
カットトマト缶 4分の1カップ
黒酢 大さじ2分の1
黒糖 小さじ1
洋風スープの素 適宜
塩 少々

ナス、パプリカ、ズッキーニは乱切りにし、タマネギ、セロリ、ニンニクはみじん切りにしておく。ナスは塩水でアク抜きし、水気を絞っておく。

作り方

①ナス、パプリカ、ズッキーニを揚げ焼きにする。
②フライパンを火にかけて大さじ2分の1のオリーブオイルをひき、ニンニクをさっと炒める。
③タマネギとセロリを入れて2~3分炒め、調味料を加えて煮立たせる。
④揚げ焼きした野菜を加え、蓋をして弱火で10分煮込んで出来上がり。
⑤粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やしておく。

トマトは夏野菜の王様

夏野菜の中でも、トマトの抗酸化成分の豊富さはダントツです。

トマトの抗酸化成分

・β-カロテン
・ビタミンC
・リコピン
・クロロゲン酸
・ケルセチン

ほかにも、血圧やコレステロールを下げるGABA、胃粘膜を修復するビタミンUなど「トマトが赤くなると医者が青くなる」とはよく言ったものです。

リコピンを摂るならトマトジュースで!

トマトの赤は実はリコピンの色なのです。特に市販のトマトジュースは、生トマトと比較にならないほど濃い赤色をしていますね。それは、2種類のトマトのリコピン含有量がもともと違うからです。ジュース専用トマトの完熟期のリコピン量は、なんと生食用トマトのおよそ3倍にも及びます。さらに、ジュースにする過程で細胞壁が破壊されるので、リコピンの吸収率も生トマトの3倍になります。

トマトを使ったおすすめ料理

・リゾット
・煮込み料理
・ミネストローネ
・ラタトゥイユ
・カレー

など、毎日の料理にトマトを活用することで、豊富なリコピンパワーの摂取が期待できます。

まとめ

自然の持つ力は偉大です。いつまでも健康的で美しくいられるよう、爪も体も、全身に自然のパワー取り入れていきましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント